1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

2年半に及んだ世界旅を終えてからの日常や料理のこと。


訪問者
プロフィール

たんたん&オカナ

Author:たんたん&オカナ
コックの二人が仕事を辞めて2年半の世界一周旅行へ。無事に帰国し結婚。再びコックの世界に戻り、日々奮闘。料理漬けの毎日を送る。

最新トラックバック
帰国から!
タイムカウンター
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12

Category: スペイン

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ドッキュン ・マイ ・ハートな夜、そして最後のヨーロッパ
オカナです。

昨日早朝、ポルトガルを後にし、バスで7時間かけてスペインに戻ってきました。
まさかもう一度スペインに戻ってくるとは・・。

ヨーロッパの旅もファイナルです。本当ならポルトガルから次なる国、モロッコへと考えていたのですが、たんたん曰く、旅人のブログをチェックしていてこのスペイからモロッコという行き方の方がベターなんだとか。
と、言うわけで私たちは今、セビリアに居ます。
今思うと、スペインのコルトバに居た時、日帰りでセリビアに行こうとしていたんだっけ。(結局、コルトバの居心地の良さに、行かなくてもいいんじゃね~♪と中止してしまったのだ)
あぁ・・。あの時、行くのを取り止めておいて本当によかった。


前回、スペインを訪れた時と同じ風景がまた現れました。いいね~♪

JBjN8.jpg


この日、着いたのは夕方。宿にいくつかの町の情報のチラシがあり、その中にはフラメンコショー関連のものも多数。
そう、ここセビリアは闘牛やフラメンコの本場。
以前、コルトバでフラメンコを見てすっかり魅了されてしまったオカナ。もう一度見たい・・。
しかし、闘牛も気になるしな~。両方見るっていうのは贅沢すぎる。どちらか1つを選ばなくては。
たんたんと緊急会議を行い、考えた挙げ句、やっぱりフラメンコが見たいということで決定。
ちょうどリーズナブルな値段で今夜見れる場所があるというので決まりです!




宿に向う途中で見つけたデッカイ闘牛場
<マエストランサ闘牛場>19世紀半ばに完成された場所。白とオレンジのコントラストがいい感じ。

ztZRe.jpg

rMnuo.jpg


中にはちょっとした博物館もあるそうです。(オカナ達は入れなかった)

Qr4po.jpg


オカナ闘牛 VS 闘牛士

OgDr6.jpg




町の至る所でフラメンコ関連のショップやバーがありました。

5H6ir.jpg

子供用のフラメンコの靴。かわいいです♪

ckuFO.jpg





この日は野菜炒め定食を作りました。そしてビール。
モロッコに入るとあまりお酒が飲めなくなる(売られていない?)そうなので今回は貴重な飲みになりそうです。シクシク(涙)

食事を終えて、シャワーを浴び終えた頃にはいい時間になり、フラメンコショーがあるバルへ出発!!わ~いい♪

宿のすぐ近くにはスペイン最大と言われている<セビリア大聖堂>があるのよん。


jxhfC.jpg

夜のセリビア。この写真の場所は静かだったけども、他の場所に移ると沢山のバルやお土産屋さんなどがあり、大変な振るわい。あまり危険さは感じませんでした

kJErc.jpg



バーまで案内してくれた宿の兄ちゃん。さっきまでTシャツ、ジーパンだったのに夜の雰囲気に合わせてか着替えちゃいました。めっちゃ様になってます。2メートルもある長身の兄ちゃん。たんたんが数歩後ろに下がってもまだ高い

HD1zf.jpg



お店はこじんまりとした広さで、ステージの周りをお客さんが囲むようなスタイル。
今回もやはり凄かった。圧巻!!
前回コルトバで見た時は演奏者(太鼓とギター)、手拍子、掛け声、歌い手の5人に、踊り子が1人で、どちらかというと演奏者のパワーに惹きつけられた感じ。
そして今回はというと演奏者2人(ギター、歌い手)の踊り子が男性、女性の2人でした。演奏者ももちろん素晴らしかったのですが、凄かったのは踊り子でした。
もうパワフルです。
あの激しい踊り、その都度見せる踊り子さんの喜怒哀楽の表情と・・。もう、カッコよすぎでした。
フラメンコ最高です!!

踊る前はそうでもないナルシスト男。しかし踊りだすと突如女殺しのイケメン色男に変身してしまう。オカナも犠牲者です。危うく鼻血出して出血多量を起こしかけました

FBIsl.jpg


表情がめちゃくちゃかっこいいお姉さま。特にキッっと睨みつけるような表情はぐぐぐ~っときます。

OsJ3m.jpg



TeZqV.jpg





オカナ「オカナも日本帰ったら、習おうかな~♪」

たんたん「やめて・・・」

どういう意味よ・・。




次の日。



久々のネコくん発見

RSE2O.jpg


こちらも!!

EnP0X.jpg



闘牛場でもそうでしたが、セルビアの町並は白、オレンジ色がよく見られます

3gsV6.jpg


FaP7A.jpg



なんじゃこりゃ~??

1Jvsk.jpg


zQwH2.jpg



お幸せに~

KsWnd.jpg



中庭でのフリーマーケット

oxEQ0.jpg

骨董品なんかがいろいろと出されていました

Ifue6.jpg



<スペイン広場>

1929年にセビリアで開催された万国博覧会「イベロ・アメリカ博覧会」の会場施設として造られたもの。半円形に広がる広場にはいたる所に沢山のタイルが飾られていました。

u8dbY.jpg

5wKCy.jpg


agVJN.jpg


スペイン各県の特徴や歴史をタイルで描いたベンチ。その数58個!!

rIL7t.jpg



気持ちが良いね~

GLAvO.jpg


TaaDL.jpg






ヨーロッパ・・・。始めはイギリスのロンドンから始まって、気が付けば既に約4ヶ月。計23カ国を訪れました。西洋人の性質に少々戸惑いながらも、素敵な出会いがありの、町並み、芸術に触れ(だいぶ見飽きたけど)、数々の料理に触れ(同じく飽きが・・)あっという間でしたな~。
少しは旅人オーラも出てきたかな(笑)
最後の国がお気に入りのスペインというはなんだか嬉しかったな。

さあ、明日はいよいよアフリカです。ヨーロッパとはガラッと雰囲気が変わることにワクワクを感じながらも、今までのを上回る過酷さが待っているはず・・。
ヨーロッパでは宿探しは常にネットで全てをやっていましたが明日行くモロッコからは直接歩いて自分たちの目で確かめ決めるというスタイルになります。どうなることやら・・。

あと、このブログもこれからは今までのようにスムーズに更新するということは難しくなってくると思いますが、どうぞ、気長にお待ち下さい。
みな様の応援が私達の旅の活力になりまのでね。よろしくお願いいたしまする~!!



明日のお弁当用の焼きおにぎり

7Olvq.jpg





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

04

Category: スペイン

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

堪能!ソフィア王妃芸術センター
おはようございます!今日も元気に参りますぞ!!

さあ、気を溜めて~!!吐き出して!ぶふぁ~あああああ~!!

v8K6h.jpg


今日も元気オカナです。

以前、オカナは母からマドリッドに行ったら是非ソフィア王妃芸術センターに足を運びなさいと言われていた。最初は全く期待も何もしていなかった。
しかし今回が初めてです、2時間もの間を美術館で過ごしたなんていうのは。

面白かったんです・・。
いや~、ここはおススメですな、本当。さて、その美術館とはどんなところだったのでしょうか、続きは後ほどで。


今朝は宿でま~ったりとしてから観光開始。

って言っても昨日の時点で結構見てしまったので適当にぶらぶらとしていました。

昨日は公園が気持ちよかったので今日も別の公園を訪れました。



<レティーロ公園>

「マドリードの肺」とも呼ばれる広大(118ヘクタールもの広さを持つ)で緑豊かな公園で、高層ビルが立ち並ぶ都会の真中にあります。

とーっても広いここでは市民の人がランニングしてたり、ワン子の散歩、サイクリングなどしてたりします。ちょっとした池もあり、ぼんやりとベンチに座ってぼーっとしたり・・。


RtPaY.jpg



AHQ8A.jpg


ニャン子もぼ~っと・・

ZVmta.jpg

灼熱スペインでこのモップのような毛は辛かろうにの~(涙)

5eCbq.jpg



公園内にあるバラ園

VdjA2.jpg


変わった木ですな。

eovE6.jpg


アフロたんたん

IRtDn.jpg




公園を出たところで、下り坂に沢山の列になったテント。

はて、なんでしょうか?


el9z3.jpg


ほほ~。どうやら古本を売っているらしいです

YUjPl.jpg

みなさん、真剣に見入ってますな!!

031_convert_20110904051638.jpg





この日は最後になるスペイン料理。ああ・・今日で最後なのね。シクシク(涙)

最後は宿の近くにあるお店で。ここは沢山の飲食店が有り、迷う。何件かチェックをするのだが、どこもメニューはスペイン語。全然読めない。ジーっと見ていてもしょうがないのでお店の人を呼んで英語で略してもらおうとすると、たんたんはいつも面倒くさがる。「いいじゃん、適当にこれって感じで決めれば」と言うんです。なんかお店の人に悪いと感じているみたい。
オカナはそこは違っていて、せっかくなのだから変なもん注文して失敗したくないし、どんな料理か知って、納得して頂きたい。それにいつも私達が行く時間は始まったばかりでお客さんなんか全然居なくって店の人は暇してるんだからいいじゃんって思う。
で、たんたんはオカナの行動にイライラ。オカナはたんたんのそのイライラに逆イライラ(笑)
結局入ったバルでいつもの定食を頼む。オカナは第一の皿をパエリヤ、第二の皿をカラマーレ・フリット(イカのフライ)に。カラマーレ・フリットはスペインでは定番のタパス料理。一度食べてみたかったのよね。

スペインにいる間、どれだけパエリヤ食べただろうってぐらい食べてた。それでも最後の今日もやっぱり食べたくなってしまった。口に入れた時に広がる溜まらんぐらいの魚介エキスの香り。うまし・・

PAJUR.jpg


カラマーレ・フリットは衣が日本のてんぷらに限りなく近かった。イカがフォークで切れちゃうくらい柔らかかった。
035_convert_20110904051749.jpg


デザートはいつものフルーツでした。

さて、たんたんですが。適当に頼んで、来たものは第一の皿が貧素なサラダ、第二の皿がスクランブルエッグ(ハム、マッシュルーム入り)でした。
サラダはソースが美味しかったそうです。以上。スクランブルエッグは途中で飽きてしまった模様。以上。
おバカたんたんめ。最後のスペイン料理が台無しね。




昨日の盗難危機一髪があって以降慎重になった2人は移動中は必ずバックは前に背負うことにした。なんだか段々、どういった奴らが狙ってくるかが分かってきた。大体のそれらしき奴らは
1、サングラスをかけている。2、回りからの妨げ様に新聞などを持っている。3、のろのろと後ろを歩いている。
今日も怪しいサングラスをかけた男が一人後ろをのろのろと歩いていたので、急に立ち止まってからその男がどうでるのか見ていたらオカナ達を通り過ぎる前に横の細道に入って消えてしまった。
はたしてその男が本当に狙っていたかどうかは分からないけど。道を歩いている時は常に緊張する。


今日は14時半から無料で見れるということで、はじめにも書いたソフィア王妃芸術センターに行ってきました。

<ソフィア王妃芸術センター>
もともと病院であった建物を改装。1986年に会館。20世紀の現代美術を中心に展示されている。ここは有名なパブロ・ピカソやサルバドール・ダリ、ジョアン・ミロなどの展示品が豊富にあります。
あまり詳しくないオカナでもピカソやダリなら知っています。「ゲルニカ」に関しては昔にオカナの両親がスペインを旅行した時にお土産で「ゲルニカ」のタイルを頂き、今でもお気に入りの物です。
なので今回はその「ゲルニカ」の実物を見れるということでちょっと楽しみ。
あと、オカナの母情報によると今この期間「草間弥生」展が行われているとのことで、それも見る価値ありとのこと。
100_convert_20110904053214.jpg


2,4階が常設展、1,3階が企画展となっていて、常設展でみた現代アートは不思議な空間。この時点で結構面白いです。
xrX08.jpg

062_convert_20110904052211.jpg


たんたんも楽しんでいたけどやっぱり外の景色が気になるみたい(笑)

057_convert_20110904052046.jpg



043_convert_20110904051917.jpg

hV9Pa.jpg


有名な画家のゾーンに入るとありますね、ピカソやらダリやら


ピカソ作品

m5R2g.jpg


EzD9j.jpg


ダリ作品

070_convert_20110904052337.jpg


ダリさんの奇抜な絵はまじまじと見てると結構面白かった

JQ266.jpg


そして現れました。ピカソの代表作「ゲルニカ」
<ゲルニカ>1937年、スペイン市民戦争でナチス・ドイツがゲルニカに対し行った空爆に抗議するため制作された。
でかさだけでなくピカソの想いが詰まったこの絵の迫力に圧巻でした。
残念ながらお写真はNGで撮れませんでした。お写真よりも実際に本物を見た方がよろしいざんすね。




ピカソの大作も見終わって徐々に若干の飽きモードが・・。



しかし、最後に魅せられました、「草間弥生」展

087_convert_20110904052748.jpg


あの水玉のモチーフなどのアートなどでも有名な超奇抜、不思議系なお方。これが結構オカナにはヒットでして、面白かったのです。82歳の今でも現役だから凄い。
「草間弥生」展はこの美術館の中でもすこぶる人気でした。確かにそうかも。だって飽きることがないのだもの。
次の部屋ではどんなものが待ち受けているのだろうというドキドキ感もありーので。
あ~、面白かった!

w8cva.jpg

078_convert_20110904052625.jpg

U8Ep7.jpg



遊び心が多彩!!

NWhqe.jpg

WKCxC.jpg




あ、昔はお綺麗だったんですね。って、失礼か(笑)

0_AL1.jpg




そんなこんなでマドリッド最後の日はこんな感じで終わりました。草間弥生さんの作品は日本に帰ってからも是非見てみたいですな。

明日はヨーロッパ最後の訪問国ポルトガルに行きます!!

明日は(今日か)早朝出発なのに時間は1時半を廻ってしまいました。たんたんがまたイライラしているので寝ます!!バイバイ~!おやすみ~!!




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

03

Category: スペイン

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

マドリッドで危機一髪!!

トマトの夢は見なかったけど、ジャッキー・チェンの夢を見たオカナです。

トマティーナの反響は大きくって、いろんな人からうらやましがられたりします(笑)そんなトマティーナも終わって若干、スイッチオフモードになっている2人。
今回の宿は4人部屋のドミトリー。部屋は初のオールジャパニーズ。宿の人の気遣いか、果ては適当に固まらせちゃったのか。
とにかく昨夜はこんなにもドミトリーで居心地が良く過ごせたことがあるかってぐらい安眠することが出来ました。
同じ日本人同士で話も弾んだり。
久々に見た日本人特有の気遣いというものにも感動したな。日本では当たり前の事でも外国ではそうはいかない。そんな環境に3ヶ月以上もいたわけで、久々の「他人への気配り」に2人はしみじみと感動したのである。

ひとつ、その同部屋の方から聞いた、ちょっとゾッとする話。
一人マドリッドに到着し、この宿にたどり着く前に3人の男達に囲まれて危うく体を倒されて貴重品を盗まれそうになったということ。(でも逆に押し倒そうとしてびびった男達はSORRYと言って消え去ったらしい)

やっぱりマドリッドは危険なんですね。


翌朝。久々に朝食付きの宿でごはんを頂き、「おひさま」見てからマドリッドの町を探索。

<デボー神殿>
エジプトから石の1個1個が
運び込まれ、スペインの首都で入念に再建された2000年以上の歴史を持つ、エジプト国外で見ることのできる数少ないモニュメントのひとつ
って初っ端、スペインから遠く離れたエジプト観光になっちゃってるし!(笑)

8coEa.jpg


ま、いっかッ!!

Nf8eA.jpg


周辺は緑豊かな公園でワンちゃんの散歩やら、太極拳やらとみなさん、思い思いに過ごしてらっしゃいます。気持ち良いな、ここ♪

pqjaP.jpg

最近はネコちゃんを見ない代わりにワン子で癒されてます

kmkRR.jpg


めっちゃ、くぁうわいい~♪でも、唾液擦り付けられたり(臭っせッ!)頭突きされたりで超わんぱく

xxSWd.jpg



<サン・ミゲル市場>
2009年に改築された新スポットで、ここは今までの市場とは違い、とってもハイセンスでオシャレ。しかも、中には沢山の洒落た「バル(飲み屋)」があるのだ。



PHL2Z.jpg

tVzyE.jpg

サーモンとフォアグラのピンチョス

IJS1X.jpg

bJZQv.jpg

YcARz.jpg



バルは基本立ち飲み処でみなさん会話を楽しみながら料理を摘んでお酒を飲んでと・・

kmFLl.jpg



しかし、ここは洒落た市場なだけにお高いですな。はっははは~
結局何も買わず、次へ移動。


<マドリッド王宮>
カルロス3世からアルフォンソ13世の時代までスペインの国王が住んでいた宮殿。って、どなた~?
今までのスペインの雰囲気がガラッと変わって、ヨーロッパらしい感じに。こういったヨーロッパらしい雰囲気はマドリッドでは結構見かけました。

EpDO0.jpg

CZG2U.jpg




てくてくと歩いていくと段々お腹が空いてきた。

ZbGPP.jpg


もう我慢できねーっぺよ!

8fl4H.jpg


スペインではもうすっかりお馴染みの定食。リーズナブルでボリューミーだから2人はお気に入り。

<第一の皿>

豚とイモのシチュー。骨付きの豚はほろほろに柔らかかった!それにしてもこの味、オカナの母がよく作るビーフシチューの味にそっくりだったな。だからなんだか懐かしい味でした。
qEKec.jpg


海老と白舞茸のスクランブルエッグ。素朴な料理だけどなかなか美味かった。

2cDdr.jpg



<第二の皿>

ミートボール。こちらもまた素朴で家庭的な味で良し。
Q13Zy.jpg



鶏のグリル。凄くジューシーでボリューミー。カリカリの皮も美味しく、唇テカテカになりながら頂きました

hM_V3.jpg


毎回同じパターンですが、この段階でめちゃ苦しい・・・


<デザート>

昔懐かしいプリン

Nz2U_.jpg


やっぱりフルーツのオカナ

JPaSh.jpg



ご馳走さまでした♪


<マヨール広場>
16世紀初頭頃からできた古いこの広場はかつて闘牛から処刑に至るまで様々なイベントが行われていたらしい。今はここにはカフェやバルが集中しています。うん。美味しそうだ

C2OMl.jpg



マヨール広場から宿までは近いので一旦休憩をしに帰ることに。
人の大勢いるちょっと細い道を歩いていました。しばらくしてオカナは何となく違和感を感じていました。
う~ん・・。何か後ろに背負っているバックが変な感覚だ。時々手でバックを確認してみる。なんともないな。でもまたしばらくすると違和感が。
チラッと気付かれない程度に後ろを見ると10代ぐらいの女の子が2人、不自然なくらいにオカナ達の後ろに立っていた。
「これはいかん。絶対に怪しいぞ」
オカナはこういうのにはとっても鋭いし敏感。直ぐに後ろに背負っていたバックを前にぐるんと移動。そしてちょっとしてまたチラッと後ろを見ると一人の女の子が新聞を読んでいるふりをして回りの視界をシャットアウトして周りの人たちに見えないようにして、その隙にもう一人がたんたんのリュックのチャックに手をかけていました。
オカナは瞬時にたんたんのリュックを奪い取り、彼女達を睨みつけると2人はどこかへ行ってしまいました。たんたんのリュックは3分の1ほどチャックが開いていました。でも何も盗られてはいませんでした。
恐ろしい・・。人ごみのいるところだからと完全に安心しきっていました。
たんたんはというと昼に飲んだお酒が廻っていて全く気付かなかったらしい。
「バカちーん!!」と渇を入れる。今後は日中だから、人ごみだからと安心してはダメだ。常に警戒心を備えておかねばと学習したのでした。

tlqz6.jpg


Ne_Cd.jpg



宿でリラックスした後は世界でも有数の規模と内容をもつ美術館へ行ってきました。


<プラド美術館>
7000点を越える絵画コレクションのなかには、宮廷画家であったベラスケス、ゴヤの生涯を網羅する代表作のほか、有名な画家さんたちの一流コレクションがあるんだそうです。

オカナ達は18時から無料とのことでその時間に合わせて行ってきました。凄い人でしたが、その美術館自体、もの凄い広さなので全く待つこともなく、悠々と中に入れました。

正直な感想。どれも同じ絵ばかりに見えてしまって、つ・ま・ら・な・い・・・。(ごめんちゃーい!!)
やっぱりこの手の芸術に興味がないとダメですね(苦笑)
でも、ゴヤ作品はちょっとは勉強したんで少しだけ楽しめたかな?「黒い絵」の代表作「
我が子を食らうサトゥルヌス 」なんかは「おお~っ」てなったな。

JXXAE.jpg





あっさりプラド美術館は終わりまして、無事に宿近辺まで到着。宿の周りには沢山のバルがあるので今夜は軽くつまんでいくことに。

A9J50.jpg

QXk0R.jpg


今回はここで頂きました。

E7ri2.jpg


<サングリア>

スペインでは定番の甘いお酒。赤ワインを甘いソーダやオレンジジュースなどで割って、レモンを加えた飲み物。今回はラム酒と砂糖も加わってました。清涼感があって、飲みやすくおいしい♪

J3GKT.jpg

cZyUL.jpg


<生ハムとトマトのピンチョス>
生ハムうっま~いいいいい!!
bRkib.jpg

6KORV.jpg



<ムールの蒸し煮>
とってもシンプルな食べ方だけど、逆にそれが磯の香りが口いっぱいに広がって最高に美味しかった~

dHaR2.jpg


もう、スペイン料理最高です!!タパスにハズレなんてないと思う!!
そんなスペインも明日が(いや、もう今日か・・)ラストです(涙) 明日はピカソの代表作の1つ、「ゲルニカ」を拝見しつつ、最後のスペイン料理を堪能したいと思います。そんじゃ、またね~



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。