1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2017

2年半に及んだ世界旅を終えてからの日常や料理のこと。


訪問者
プロフィール

たんたん&オカナ

Author:たんたん&オカナ
コックの二人が仕事を辞めて2年半の世界一周旅行へ。無事に帰国し結婚。再びコックの世界に戻り、日々奮闘。料理漬けの毎日を送る。

最新トラックバック
帰国から!
タイムカウンター
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20

Category: エジプト

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

忘れられないダハブ
オカナです。


数日前、同じ宿に泊まっている金やんさんから一緒にモーセの十戒で知られるシナイ山登らない?と声をかけて頂きました。
正直面倒くさがりやの怠け者オカナには無理と思い、たんたんに「私はパスね」と言いました。たんたんは凄く行きたがっていて、でもオカナが行かないと言うと「じゃあ、オレも行かない」と渋顔。
「行ってくればいいじゃん」って言ってもオカナを1人置いていくのが気になるのか、または自分1人登るのは心細いのか。

悩んだ挙げ句、オカナは覚悟を決めて行くことにしました。

登山なんて数十年ぶりです。
シナイ山。標高2285mって・・。気が重すぎる

そして夜の23時。迎えに来たバスに乗り込み約2時間かけてシナイ山に向いました。
1時間ちょっと走ったところでバスが止まり、そこで入場チケットを買うから全員外に降りろとのこと。
外に出た途端寒いのなんのって!!
ダハブでの日中はめちゃんこ暑くって、夜でも風が強いけどまだ耐えられるほどのものだった。けどその時は今まで経験したことのない(この国では)究極の寒さ。そう、例えるのなら日本の冬。
厚めの上着を2枚持ってきたとはいえ、これじゃあ足りないのでは?と不安に感じでしまった。

チケットはシナイ山の入山料+その付近に建てられた教会の入場料込みで1人£20。チケット売り場の兄ちゃんは結構適当だったんで、いけるかもと思い、他の旅人から持っている学生カードをお借りして(顔写真入り)半額の£10になりました。マンゴーマンゴージュース1杯分の代金得しました。


447_convert_20111020215125.jpg




バスは再度走り始め、数十分後にシナイ山に到着。

シナイ山を一緒に廻ってくれるガイドのモーサ(19歳)と共にチームダハブの過酷な登山がスタートです。

入り口門を潜り抜ける私達に沢山のエジプト人がお見送りしてくれました。とても賑やかな歓迎をしてくれるなと思ってたら、エジプト人同士で口喧嘩してました。すんごい怒鳴り合いです。エジプト人は喧嘩大好き。毎日見られる光景です。激しいのだけども手を出さないのがエジプト流の喧嘩。だから見てるこっちも安心して写真をパシャパシャ撮っていられます。


出発早々激しい砂埃に悪戦苦闘。喉がめっちゃガラガラに。
オカナいきなりテンション下がる。

みんな元気に和気アイアイ。そんな中オカナは黙々と歩きます。とにかく出遅れるな。喋ると呼吸が乱れて辛くなるから前に進むことだけに集中しろと。たんたんは常にオカナを気にかけて「大丈夫?」と声をかけます

735_convert_20111020221210.jpg



登山開始から20分ほど、最初の休憩所に。
歩いているときは暑くってしょうがないんだけども、止まると寒さがまた戻ってくる。

023_convert_20111020205253.jpg


みんなまだまだ余裕。

19歳のガイド、モーサは英語が堪能。シナイ山にはロシア人がよく登りに来るそうで(なんで?)、その為ロシア語も話せるんだとか。
(この日もロシア人のツアー団体をよく見かけまして、オカナは「ヒョードル!ヒョードル!!」って叫んでいました)
12歳からこの仕事をしているというモーサ。薄いひらひらの白いロングスカートみたいな服(ソーブ)にサンダルという井出達。いやいや、その格好ありえないでしょ!?

983_convert_20111020222351.jpg



歩き始めて1時間ほど経ってみんなの会話も控えめに。

オカナは常にトップをキープ。
別に一位ゴールを狙っているわけじゃない。ただ出遅れるのが怖いだけ。自分の前の人との間が開けてくるとなぜだか不安になってめっちゃネガティブになっちゃいそうだから。
一緒に登っている登山のスペシャリスト夫妻には登山での心構えは焦らず自分のペース(よりさらにゆっくりのペースが理想)でと言われていたけど、オカナはそれを破ってしまいました。常に先頭のモーサの後ろ、または横を歩いていました。

15分おきにある休憩場がせめてもの救い。

しばらく歩いていくとモーサがここからが階段の道が続くとのこと。出た、階段・・。
みんな、ヒイヒイ言ってます。歩く速度も徐々にスローに。
しかし歩き続けていくとオカナの体にある変化が。しんどいはしんどいのだけど、あまり苦ではなくなってきた。
なんだかキツさのピークが過ぎてしまったみたい。

998_convert_20111020211041.jpg



登頂まであとわずか。
ひとまず日の出の時間まで時間があるからその間を休憩所で休むことに。
室内でもガタガタ震えてしまうほどの寒さ。
£10の簡素なお茶が美味しくって体がほんの少しでもぽわっと温かくなる。

1007_convert_20111020210039.jpg


1010_convert_20111020212023.jpg



朝の5時頃になり、外も明るくなり始めたころ、休憩所を出て残りわずかの頂上に向って出発。

そしてゴール!

759_convert_20111020214422.jpg


1018_convert_20111020213043.jpg


そして

出てきました

CiHLm.jpg


おひさま
おはようございます


TuNgb.jpg


1250_convert_20111020220443.jpg


昨夜余った太巻きを持ってきてみんなでパクンチョ!!

1657_convert_20111020223018.jpg


6zNGk.jpg




こんな素晴らしい景色のなか、日の出を眺めながら寿司を食べるなんてある意味贅沢?(笑)


664_convert_20111020215610.jpg



帰りにはあんだけ寒かったのが嘘の様に2時間後位にはもう暑いのなんのって!!

下り坂も意外とハード。もう足がガクガク。疲れきった足にこのゴロゴロとした岩が天敵。踏ん張れる力がもうないから何度も躓いたり、こける。


870_convert_20111020220154.jpg


オイラも休憩~

C0v2k.jpg


無事下山

下山のあとは教会見学したけどオカナは正直教会はヨーロッパで散々見てきたし疲れてたからどうでもよかったです。

10時過ぎ、送迎バスが迎えにきました。帰りはみんな暴睡。でもオカナだけあることを考え中でずっと起きてたけど。宿には12時に到着。

オカナは悩んでいました。この日は私達がディープブルーで泊まる最後の日。
正直疲れてました。次の日は朝の10時に出発だから体を休めておきたい。でも・・。
そんな思いと同時にシェア飯が作りたい。
みんなの為に作ってあげられる最後の日だ。
たんたんは今日は止めようよと言うけど。
たんたんも疲れてたし「たんたんは休んでて。オカナ、1人でやるから」と言ったところでたんたんはきっと気にして手伝ってしまうのは分かってるからそうなるとたんたんに悪いし。

結局悩んだ結果、作ることにしました。今日の献立はポテトサラダと鶏の照り焼き。行きつけの八百屋さんもこの日で最後。オカナ達この店にはだいぶ貢献しました。「この店には毎日通って沢山買ってあげたんだから安くしてよね!!」ってお高いフレッシュのマッシュルームを値切りました。そのせいかこの日はいつもくれる不味いオレンジがプレゼントされませんでした。

宿に帰って調理開始。出来るだけ1人でやらせてとたんたんに言って最初はやっていました。
ここまでは順調。

2分の1ほど出来上がったころで突然聞かされたこの日の宿泊客追加。結果最高人数の18人に。
そしておかずが足りなくなって、たんたんが急遽買い出しに行ってくれました。帰ってきたたんたんと一緒に追加のおかず(前回好評だった春雨サラダ)を作りました。ここから徐々に疲労がピークに。
頼もしい助っ人グリコさんが手伝いに来てくれました。グリコさんのてきぱきとした動き、機転の良さに毎回助けられました。ありがとう、グリコさん!(助っ人グリコさん参上にホッとし、オカナは腰を下ろします。どう?このパーフェクトウンチングポーズ)

Ab2BR.jpg


たんたん、グリコさん協力の下、無事にこの日も出すことが出来ました。
みんな、沢山食べてくれてありがとう。オカナは大満足です。
普段オカナ、たんたんは口下手であまり積極的に喋るほうじゃないからおとなしくって、逆に気を使わせてしまったかもしれない。(申し訳ないです)だからせめて私達ができる料理で気持ちを表現させてもらいました

009_convert_20111020223349.jpg




食後はグリコさんの旦那さんでプロの整体師カデさんが極上マッサージをしてくれました。
お陰でオカナはその後、速攻暴睡です。
たぶんイビキかいてたかも。みなさん、ごめんなさい。

019_convert_20111020223735.jpg


こうして私達のダハブ生活は終わりました。

13日間という長いようであっという間の日々。正直ゆっくり、のんびりはあまりできませんでした(笑)
「恋するダハブ」。私達はこの町で確かに恋に落ちました。ダハブ大好きです


ディープブルーで出会ったみなさま、どうかお元気で。
またどこかでお会いしましょう!!



からの・・・


027_convert_20111020230811.jpg



今ヨルダン~♪

昨日フェリーでアカバに到着。ホテルで「宮廷女官チャングムの誓い」をやっていたよ~。
「アンニョハセヨー」じゃなくって「アッサラームアレイコム」ってしっかりアラビア語になってた!!

そんでもって今日はワディームーサという町にやって来ました。明日はぺトラ遺跡を見に行ってきます。






にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

19

Category: エジプト

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ダハブ最後の夜
オカナです。

とりあえず今日の正午、無事に宿に戻ってまいりました。

今日はとりあえず無事の連絡だけ。

とにかくオカナもたんたんもむっちゃくちゃ疲れていて寝不足なんで無事の連絡をして明日の朝のヨルダン行きへの出発に備えて今日はもう床につきます。

クイズ(?)の答えは次の更新で!!なんて言っていたのに出来なくってごめんなさい。
でも今日は限界です。燃え尽きました。

とりあえずやり遂げたことえの充実感でいっぱいです。


おやすみなさい!!!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村




18

Category: エジプト

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

スッシ食い~ねー!!♪

オカナです。初めに拍手を押してくださった方々ありがとう!!そしてこのブログを覗いてくださった皆さんおおきに!!オカナは本当に嬉しい気持ちでいっぱいです。
家族はもちろん家族以外の親戚、友人、様々な方が私達を応援してくれていることにもただただ感謝感謝。
ありがとうございます。

みなさまからの応援は自分達にとってなによりの旅の活力です!本当元気もらえるんだから!

今では旅するうえでブログはオカナにとっては大事なものです。上手く説明できないけど(汗)そうなの。


これからも出来るだけリアルタイムで更新できるようがんばりますでみなさんが温かい心で引続き私達のブログを見て応援してくださったら嬉しいこと間違いなし!

よろひくね~





今夜のシェア飯は太巻きに兆戦しました。太巻きと言えばフィンランドでお世話になったラウリに作ってあげた時以来。しかも今回は大人数(15人前)ときたもんだ。

昨日のシェア飯は正直失敗作だった。悔しくってならなかった。なんで今日は絶対に美味しいものをみんなにご馳走したい!!そんな気持ちで張り切って作りました。


卵焼き作って、野菜刻んで、酢飯作ってと。全てが整い楽しい巻き巻きタイム♪
みんなも興味深々の様子。


太巻きってみんなでワイワイ仲良く出来る料理ですよね

001_convert_20111018032756.jpg



ハンマも興味深々。そりゃあそうだろう。彼にしてみればこんな謎の黒い物体(のり)で巻かれているお米(しかも酸っぱい匂いのした)を見れば気になっちゃうよね。
「後で食べさせてね!」なんて言ってたけど。絶対食べる気ない、この男。
以前肉じゃがを作って味見どう?って聞いたけど彼は料理に砂糖を使うなんて考えられないと言って拒否ったから。
案の定食べなかったよ。一生彼には理解されないんだろうな私達の国の料理を。

002_convert_20111018033010.jpg




後はけんちん汁も作りました。本当は豚汁が飲みたくって作りたかったんだけどもエジプトは豚肉が無いし、肝心の味噌がないという(涙)
今回もみりん、酒はなかったけど変わりに同居人のケンちゃんからちょー必須アイテム「本ダシ」を頂きました!!
これはなんとも頼もしい!!
そして買い物中偶然見つけたトッポギ(韓国のお餅)も加えました。お餅入りだよってみんなに伝えるとみんなのテンションMAX(笑) やっぱみんな大好きお餅


ちょっと時間掛かったけどなんとか完成!!

005_convert_20111018033601.jpg



甘辛く炒めた挽肉と野菜の「韓国風太巻き(手前)」と「卵焼きとツナマヨの太巻き」。そして鶏肉と野菜とトッポギの具沢山けんちん汁(もどき)

みんなまさか外国で旅中に寿司を食べられるなんて思っていなかったらしく、めっちゃ喜んでくれました。「もう、日本帰って最初に寿司食べる必要なくなった~!!」だって。

014_convert_20111018033928.jpg



みんなのこの笑顔が大好き。この顔を見るとがんばって作ったかいがあったって思える。みんな毎日「申し訳ない、本当ありがとう」なんて言ってくれるけど、そんなことはない。むしろオカナ達が勝手に「作らせて!!」と言ってのことなんです。ただただ作って食べさせたい。それだけなんですから。
感謝の言葉より、「おいしい!」とかの方が数倍嬉しいのです。

006_convert_20111018034234.jpg




お腹いっぱいの今、みんなは各自それぞれリラックス中。寝ている人も数人(たんたんもお休み中)。今ダハブは夜の21半過ぎを回りました。約1時間半後、私達はある場所へ向かいます。
オカナにとっては久々のアレです。楽しみあり、不安ちょーあり(出来んのか、オカナ!?)
とにかく行くと決めたからには覚悟を決めました。気合いれて望みたいと思います。



さてはて。私達はこれから一体どこへ、何をするのであろうか?


それは次のブログまでのお楽しみ!!

んじゃまたね~





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。