1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

2年半に及んだ世界旅を終えてからの日常や料理のこと。


訪問者
プロフィール

たんたん&オカナ

Author:たんたん&オカナ
コックの二人が仕事を辞めて2年半の世界一周旅行へ。無事に帰国し結婚。再びコックの世界に戻り、日々奮闘。料理漬けの毎日を送る。

最新トラックバック
帰国から!
タイムカウンター
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

29

Category: ブラジル2

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ブラジルの家族
オイ~! たんたんです。

日本って今ちょうど夏休みなのね!
いいな~♪いいな~♪

南半球のこっちは今冬だけど、ここブラジルサンパウロ州は
気温が朝10度近くまで下がっても昼間は30度位になるっていう
感じで温度差が結構あるんだよね。

でも体は2人ともいたって元気です。
毎日健康的な生活をここ弓場で4ヶ月ほど送ってきたおかげで・・・

そんなこんなで、気がつけば4ヶ月も!!

そして7月26日
ついにうちらも弓場を出るときがやってきました(^.^)

初めてやってきたのは、リオのカーニバルを見てからの2月後半。
そんときは2週間滞在の予定でやってきたんです。
普通にね!

でも2週間という時間があっという間すぎて延長をしてったら
あっという間に1ヶ月が経っちゃった訳で・・・・

それでもまだいたかったけど、そのときはこれ以上ここにいると雨季のウユニ塩湖に間に合わなくなるからってことで弓場を後にしました。

そしてそれから1ヶ月ちょいかけてボリビア、チリ、パタゴニアと観光をして盗難被害に逢いつつも、5月のはじめにまた新しくビザを取って弓場農場に戻って来たんです!

また新たに戻ってきて、今度は6月初めにある結婚式を見るまで居るつもりだったのが、その後もいろいろ面白そうなイベントごとがあって、結局今度は3ヶ月も居てしまった訳で・・・・・・ビザ期限ギリギリまで居ました。

ここにいると1日は長く感じるけど、1週間、1ヶ月はとてつもなく短く感じてしまう不思議なところで、そう思うと4ヶ月もいたのになんだか1ヶ月くらいしかいてなかったような不思議な錯覚に陥ってしまいます。

ここでの生活は充実した毎日!

たんたんは基本いつも畑仕事の方に回ってて主な仕事内容はオクラ、カボチャ、グアバなどの収穫、そして草取りやら薪運びなど日中はずっと日差しを浴びながらの重労働が多くて、いつもまじめに取り組んでたから初めのころは毎日ヘトヘトだった。6月後半からは畑仕事以外にも週2回弓場の野菜を100キロほど離れた町までトラックで配達して、そして自分たちで陳列作業までやる仕事もやってたし!
おかげで今では肩と腕周りの筋肉がだいぶ付いてきたよ。

毎日食べる野菜中心のおいしいご飯も、ここでの生活に充実を与えてくれてた物の1つです。

001_20120727094005.jpg


他にはここで沢山の旅行者にも出会えたし!

弓場の人もひとりひとりキャラの強い人ばっかでおもしろいし!

そんなみんなからいろいろと学ばせてもらって考えさせられたような気がします。

046_20120728210505.jpg


042_20120728231210.jpg

021_20120728231211.jpg


006_20120728231945.jpg



まあ、あんまし上手いこと文章まとめられないんですけど、
とにかくここに来てよかった。

貴重な時間を過ごせてほんとによかったです。

また来たい!!!



オカナです。

来た頃は弓場のことなーんにも知らない状態でたんたんに連れられてやって来た。一体どんな場所なんだろう。共同生活なんてオカナ苦手だよ。
そんな不安半分、でも農業体験ができるというオカナには初体験なことに興味深々。

弓場農場に着いて通された大きな食堂、コジーニャに行くと最初にやまの方、ジッコさんに
「いらっしゃい。お腹空いてるでしょう。ごはん食べなさい」と優しく迎えられた。
夜行バスでの移動でヘトヘトなうえ、お腹もペコペコの私たちは噂で聞いていた弓場の美味しいごはんに早速飛びついた。用意された白米に新鮮な生卵を乗せて、添えてあったゴマラー油を加えて一口・・。
う、うまい!!!
二人とも夢中で口にかき込んだ。
美味しいごはんを頂きながらこれから2週間どんなことが待っているのだろうと気持ちはもう不安からウキウキな気分に変わっていった。

初体験の野良仕事は戸惑うことばかり。早速腰は痛くはなるわ、マメは出きるはと・・。初心者にはかなりハードな仕事だった。
しかし、青空の下、麦わら帽子を被って慣れないクワを持ち上げて草を切ったり芋を掘ったり。旅行者と慣れない者同士、ヒ~ヒ~言いながらも1つのことを達成すると喜び合って・・・。
やまの人が野菜畑で採れた果物を持ってきて木陰で休憩。みんなの談話を聞きながらワンコたちは横で心地良く眠る。
気持ちの良い時間がゆっくりと流れていて、小さな幸せを感じた。
043_20120728205647.jpg

060.jpg



女の子たちは収穫したオクラのパック詰め作業、ゴマの収穫、それにコジーニャのお手伝いと・・・。

コジーニャ。
008_20120727095655.jpg


オカナにはなんとも魅力的な場所でした。
年期の入った古くから愛用されている道具たち。
それを今でも大事に使い、美味しい料理へと生かしていくコジーニャのたくましきお母さんたち。
073_20120728205647.jpg

036_20120728233727.jpg


056_20120728234850.jpg


そんなお母さんたちの声が毎日コジーニャ内、外で響き渡り飛び交う。


「マキナ(洗濯機)止まってるよー!!!」

002_20120727095656.jpg


「さ~ち~こーー!!電話よーーーー!!!」

010_20120728233955.jpg


「あ~め~(雨)よーーーー!!!!!」

007_20120729000242.jpg

遠くまで響く力強い声。お母さんたちのパワフルな姿、毎日出される魅力的な食事、そして料理方法と・・・。すっかり魅了されたオカナは気付けば野良仕事から完全にコジーニャに移籍。

毎日が興奮、刺激的だった。

自分も得意な料理でみんなを喜ばせたいなと軽い気持ちでデザートやらスープ、深夜食堂を開いた。

たんたんとのパスタ対決
001_20120729003339.jpg


そんなオカナの気持ちを知ってかある日えんみさんに「カナー、お母さんやってみる~?」と言われて悩む間も無く即決、「はい!!やりたいです!!」

そんなえんみさんのご好意で「お母さん」デビューを果たした。

ちょっとしたもめ事もありつつも最後まで仕事を果たせてくれ、見守っていてくれた先輩お母さん方、味の好みで少々の不満もあったかもしれない、けど1週間オカナの料理を付き合って食べてくれたやまのみなさん、旅行者のみんなに感謝の気持ちでいっぱい。

気付けは4ヶ月ちょっと。

この4ヶ月はたんたんの言うようにあっという間の時間でそして濃い濃い時間だった。
正直この旅先でこんなにも自分が深くここまで人とのつながりができると思っていなかった。
そりゃあ、いろんな方がいるんで全ての人とは上手くいってたわけじゃないけども、でもこの弓場農場からは本当に愛が溢れていた。
そんな弓場農場はオカナにとって第二の我が家です。

みんなが大好きです。

一生忘れられない場所。

この感動、思い出は最近までオカナの世界一周旅史上ベスト1位であったキリマンジャロ登頂を越えての1位に輝きました。
と、いうわけでキリマンジャロ登頂、2位に降格です・・・・。

弓場が大好きです。

いや、愛してます。。。

本当に今まで大変お世話になりました。

いっぱいのありがとうを心から言いたい!!

ありがとうーーーー!!!



059_20120727095826.jpg


P.S 
しばらく弓場シック、引きずりそうですが世界一周の旅、二人元気に仲良く続けていきます!どうか引き続き温かく見守っていて下さい。そして応援よろしくお願いいたします!
(つーか、弓場農場長居し過ぎて気付けば南米入ってから既に半年経っちゃってるし~笑)


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

24

Category: ブラジル2

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

弓場農場で過ごす最後のイベント
033_20120723215352.jpg

OI!!(オイ~♪)

フェスタ・ジュニーナ、開催されました!

「フェスタ・ジュニーナ」とは・・・

クリスマス、イースターに続く3大イベントであって、ブラジルの風物詩。本来は3人のカトリックの聖人を祭るものだった。
その聖人さんたちを祝いつつ、その年の収穫への感謝と翌年の豊かな収​穫を祈りみんなで田舎風の衣装を身にまとい、歌い、踊るのです。

そんな楽しいイベントをご覧いただきましょ~♪



「飾りつけ」

コジーニャの前にある広場では着々と準備が行われています。

003_20120723075104.jpg


026_20120723075444.jpg




「レッスン」

今回はサンパウロからプロの方たちがお越しになってブラジル伝統のダンス(ブラジル版盆踊りなど)やリズムのとり方などをいろいろ教わりました。

かっこいい兄ちゃんたちによる生演奏付き。なんちゅー贅沢!
008_20120723075104.jpg

ブラジルの伝統ダンスを守り続ける先生。動きがしなやかです。

027_20120723075106.jpg

ブラジルの踊りはサンバや、カポエイラだけじゃない!!
アフリカ文化の影響を色濃く残す「アフロ・ブラジリアンダンス」のカッコ良さにオカナはしびれた。ジャンベやユニークな楽器をバックに独特の動きでみんなで輪になりながら踊りまくる。時には一人づつ輪の中心に入り、フリーダンスをしたり(しかしこれはちょっと照れくさかったな 笑)

ゆきちゃんも積極的に輪の中に入る。
018_20120723075106.jpg

ハードなダンスレッスンも終わり、お祭りの準備も整い、いよいよ。。。



「フェスタ・ジュニーナ開催な~り~!!」


気付くとやまのみんなも田舎風ファッションに着替えていた。

これはいかん!逆に普通の格好だと浮いてしまう。

と、いうわけでオカナちゃんも・・・

へ~んしん♪
044_20120723075707.jpg

ぐーちゃん、濃いまゆげにヒゲ付き
037_20120723075709.jpg

ゆきちゃん、おかあさん、おばあちゃん。かわいい~♪
035_20120723075443.jpg


ケイコさん、継ぎはぎのオーバーオールが似合い過ぎ。ゆきちゃんと並ぶ可愛さだ♪♪

039_20120723075709.jpg


3人の聖人(結婚を許す聖人、火の聖人、雨の聖人といわれ天国への鍵を持つ聖人)

040_20120723075708.jpg


「お待ちかねの料理♪」


子豚ちゃんの丸焼き。こんがりジューシ~

042_20120723075708.jpg

今回はホットドック、エンパナーダ、鶏のオーブン焼き、豚のから揚げ、シュハスコ、サラダクレープ、春雨サラダ、煮物などなど・・。

043_20120723075707.jpg

088.jpg

結婚式で好評だったシュークリームを今回も。今度はエクレアスタイル。

081.jpg

チョコレート各種

085.jpg

盛り上がってま~す。

084.jpg

034_20120723075444.jpg


「祭礼」
祭礼には悪霊などの妨害者を避け、神聖な守り神を身近に引き寄せるため火をたき、その火を中心に歌いながら歩き回る。

054_20120723075915.jpg


コージニャ前に行進。
059_20120723075914.jpg



ここで1月から6月までの人たちによるお誕生日祝い。ケーキ入刀。

075_20120723075913.jpg


078_20120723075913.jpg


「伝統的ダンス」

096_20120723080127.jpg


「クワドリーリャ」

・・・男女ペアで踊るカイピーラ(田舎風)ダンス

たんたん君はレッスンをサボったばっかりに大変ぎこちない、駄目ダメなのでした。

113.jpg


飲んで食って歌って踊って・・・
ブラジルの伝統的お祭り、フェスタ・ジュニーナは子供も大人もじーちゃん、ばーちゃんまでみんなが夜更かしして大いに楽しむ。そんなお祭りでした。

みんなが共に笑いあって楽しめる場所がここにはある。こんな素敵な場所があるっていいね。


さあ、もすぐ弓場農場ともお別れだ・・。

寂しいな。

でも、いずれ別れはくるものです。

ほーんとさぶぃしぃ~。




応援ありがちょね~


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

21

Category: ブラジル2

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

オカナのお母さん奮闘記録完結編。
「木曜日」


コジーニャのお母さんを任されてから4日目に入りました。だいぶ流れ(段取り)が掴めてきました。すると気持ちにも少しだけ余裕が出てきた。

それにちょこっと神経も図太くなったかな。

配達担当のタケさんに作った弁当にたいして辛口コメントを頂いても「さようですか。しかしオカナはは他のことでいっぱいいっぱいなの。そんな弁当にまで神経使えまへん!!」と反論。仕事中、絡んでくる常さんにはシカト。
数が限られた料理をつまみ食いしてくる者に対して「駄目!」と言えるようにまでなった。

オカナも弓場のたくましき女性陣たちに少しは近づいてきたのかな?




お昼ごはん

ほうれん草とベーコンのスパニッシュオムレツ
大根の葉っぱのごま油炒め。
厚切りベーコンソテー



食事の合間に行われた弓場の先輩お母さんたちによるちょっとしたフルートの演奏会。

016_20120717043219.jpg


018_20120717043219.jpg


オカナの尊敬してやまないコジーニャの先輩ミサさん(右)。
神経の図太さは並大抵じゃない。すんごいサバサバしてて、とにかく強すぎる。男性陣もタジタジ。

ミサさん「あ~ん?なんだって!? カナ!!言いたいことはハッキリと言わんかッ!!」

オカナが遠慮がちにミサさんに尋ねたりするとこんな風に怒られます。
ミサさんは口だけではなく、実際に出来る人、そしてとにかく手際が良すぎる。見てて惚れ惚れしてしまう。
そんなミサさんの口癖は「キャリアよ、キャ・リ・ア!」



夕飯

ミンチ状にした豚肉で今夜はみんなが大好きなカレーを作ったよ。
今回は「キーマーカレー」。
弓場のみんなは「うん?キーマーカレーって何?」と、こちらも初めてということ。弓場では欧風カレーが一般的。キーマーカレーは汁が無いドライカレーだよと言うと、みんなは頭をかしげて??な顔。

お初キーマーカレー。
よーし!絶対美味しいカレー作ってやるぞ~!!俄然やる気が出てきた。


玉ねぎ、トマト、インゲン、マンジョーカをコロコロにカットし、にんにく、生姜、クミン、カレー粉で香りを出した。
カレー粉、そしてクミンの香りが大好きだから沢山入れて炒めながら香り出しをしていると次々とこの香りに釣られてコジーニャにやって来るひとたち。カレーの香りって本当人を寄付けるよね。

あとはもうなんでもかんでもぶちまけちゃう。ケチャップ、ウスターソース、コーヒー、残り物の炒め野菜・・etc


002_20120717015551.jpg

そして出来ました。

「OH !スパイシーキーマカレー with 目玉焼き」(写真撮ったときにはもう食べちゃった

写真のカレーは見た目、イマイチだけど、このキーマーカレーはオカナがこの4日間作ってきた料理の中で断トツ人気だった。
みんな「うまい~♪」って連発してくれた。
勇さんには「もう一度食べたくなる味だった。是非弓場のレシピノートに書き留めておいてね」と言われた。

それ、最高の褒め言葉っス!!

004_20120717015551.jpg


4日目のこの日は総合的に余裕を持って仕事をすることが出来た。体の調子も慣れてきたのか、まったく疲労感がなかった。どうやら峠を越えたようだ。
この調子で残りの3日間やりきるぞ!!そして料理を楽しむ!!



「金曜日」

009_20120717015710.jpg


ひき肉がまだたんまりと残っている。そしておからも。冷蔵庫の中には手作りのトマトケチャップ。
よーし、そんじゃちょこっと豪華に煮込みハンバーグでも~♪

玉ねぎ、おから、豚肉でネタを作って・・・

野菜畑にあった新鮮なバジル。これも刻んで入れちゃお~

010_20120717015712.jpg


001_20120717015711.jpg



フライパンで両面焼色をつけたらウスターソース、ケチャップ、煎った小麦粉、コンソメで作ったソースの中へ。


003_20120717015711.jpg


016_20120717015710.jpg


しばらく静かにグツグツと煮込んでいったら完成~♪煮込むにつれて味がしまってきて肉汁の旨みも出てデミグラスソースに近い味になったよ♪

夕ごはん

煮込みハンバーグ
茄子、かぼちゃ、玉ねぎのロースト・ハーブ風味のマリネ

021_20120717015828.jpg




「いよいよお母さんもあと2日・・。もう少しだぞ、オカナ。タフなお前だ、きっとやれるさ。」




「土曜日」



昨夜の余ったハンバーグを潰し、これと掘りたてのマンジョーカでチーズ焼き決定。

湯がき、マッシュポテトにしたマンジョーカにハンバーグねた、揚げナス、チーズをおき、オーブンへ。


022_20120717015827.jpg


こちらはケイコさんが前日に仕込んでくれた手作りこんにゃくを使用したもの。味付けは醤油、酒、みりんなどでほんのり甘辛くして。こんにゃくは手でちぎった方が味が染み込みやすいね。

031_20120717015826.jpg



「昼ごはん」

ミートソースとマッシュポテトのチーズ焼き
こま切れ豚肉とこんにゃく、スナップエンドウの炒め煮
トマト、シュシュの卵炒め
椎茸のポタージュ


037_20120717015826.jpg



041_20120717015826.jpg




夕飯

夕飯はたんたんくんの希望で天ぷら。

予定しているものはかき揚げ(にんじん(と葉っぱ)、玉ねぎ、トウモロコシ、長ネギ)、春菊、竹の子、オクラ、サツマイモ。



切り出し兼洗物担当係のみなさん。
オカナの料理はとにかく野菜をいっぱい使用していたからその度に切り出しが大量。そして洗い物も・・。ごめんなさいね~。

025_20120717015827.jpg


001_20120717053420.jpg


副菜のおかず、大根の葉っぱの炒め物はオカナに変わって助っ人、たんたんが作ってくれました。今回もたんたん君にはいろいろとお世話になりました。今回、彼なしではオカナは最後まで無事にやりきることは出来なかったと思う・・・。
感謝です。

030_20120717020026.jpg

てんぷらもその他のおかずも準備が整い、みんなを呼びます。

そして・・・・


なんと!!!

角笛が鳴らせるようになりました~!!!!!

プウォオーーーーーーーーーン♪
めっちゃ嬉しい~♪

033_20120717020025.jpg


6時だよ~。全員集合~!!

034_20120717020025.jpg

天ぷらは無事に出し切ることができました。めでたしめでたし・・。



「日曜日」

ついにラストとなる日がやって来ました。
オカナの心の心境は正直「ああ。ようやく解放される~・・・。」

日曜日は暗黙の了解事で、「肩の力を抜きましょう。凝ったものは作らず、残り物で済ます、簡単料理の日」。

なんで、この日のお昼は昨日残ったチーズ焼き、あとは野菜炒め程度。



けれど、夕飯にはリクエストも多く、前回好評だった「サンラータンスープ」を作ることにしました。

ご近所さんから譲り受けた豚の骨を使ってダシ取りから。

半日煮込んで取ったダシと骨。

001_20120717020024.jpg


濃厚なダシがとれた~♪
この中に豚ひき肉、玉ねぎ、生姜、にんにく、片栗粉、卵などで作った肉団子、椎茸、にんじん、長ネギを入れて煮込み、すっぱ辛く味付けし、最後に片栗粉でとろみをつけ、卵を流しいれる。

004_20120717020023.jpg


ダシから作るとこうも美味くなるのかとびっくりした。それぐらい今回のは最高の出来栄え。最後に納得のいく料理が出来て、最高嬉しかった。

「サンラータンスープ」

026_20120717035326.jpg


ダシ取りですっかりホロホロに崩れ落ちるぐらいにまで軟らかくなった骨の周りに付いていた肉や軟骨の部分を取って、レモン汁、塩、コショウ、醤油、ごま油で作った、コラーゲンたっぷりサラダ。

021_20120717035326.jpg


そして・・・

ついに!!!!

お母さん、無事やり遂げましたーーーーー!!!!


ばんざーい~~~♪


みんなからは「おつかれさん」「変わった味の料理で毎回楽しませてもらったよ」と言って貰えました。
ミサさんに「カナちゃん、よくがんばったねー」と言われ、思わずじーんっときてしまった(感涙)

最後までやり遂げた達成感、お母さんから解放された晴れ晴れとした気持ち!!!

よくやった、オカナ!!!


そして、こっぴんさんがそんなオカナの為にお疲れ様祝いのシュハスコを焼いてくれました。念願のビール付き

050_20120717061151.jpg



052_20120717061151.jpg


この一週間、緊張感からきちんとご飯食べていなかった。お母さんさんから解放された瞬間、「あ~・・・。腹減ったー!!」となって、ここぞとばかりに喰らいつき、飲みました。

成し遂げた後のビール、肉は最高ですた♪

いやぁ~。予想していたとはいえ、お母さんは本当に大変だったなー。
始めの3日間はとにかく苦痛だったし、逃げ出したくなったさ。自信も無くしたしね。
でもやりきった今となってはお母さんやってよかったって思う。

そしてオカナはやっぱり料理が好き、そして自分の作った料理をもてなすってことが大好きって改めて感じました。

機会があったらまたやってもいいなって思った。


でも、それはもうなさそうだ。

だってもう出るから。。。。

もう直ぐしたら弓場農場を発ちます。

なんで残りのここでの日々を思う存分楽しみたいと思います。

ちなみに明日はオカナたちにとって最後の弓場でのイベント「Festa de Julho(田舎のお祭り)」がありますんで飲んで食って踊ってと、思う存分楽しみたいと思いま~す♪


読んでくれてありがとうございます!!!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。