1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

2年半に及んだ世界旅を終えてからの日常や料理のこと。


訪問者
プロフィール

たんたん&オカナ

Author:たんたん&オカナ
コックの二人が仕事を辞めて2年半の世界一周旅行へ。無事に帰国し結婚。再びコックの世界に戻り、日々奮闘。料理漬けの毎日を送る。

最新トラックバック
帰国から!
タイムカウンター
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13

Category: キューバ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

あっ そうだ!ハバナに戻ろう!!
119.jpg


7日目→8日目(トリニダー→ハバナ)

トリニダーの最後の夜は豪華伊勢えびを頂き、アルマス広場でラテンライブを聞き、贅沢な時間を過ごさせて頂きました。

そして次の日の朝バスに乗り込み6時間かけてハバナに戻ってきました。
バスターミナルから旧市街までタクシーを利用。
目的の宿に到着すると部屋はあるがドミトリーになってしまうとのこと。
そっか・・・。まあでも宿の人親切だしいっか。

046_20121011012501.jpg


4人部屋のドミに案内されると既に日本人の男性が一人居た。
名前はこうじさん。
どうも初めまして・・・と、名前を言って自己紹介を済ますとしばらくしてこうじさんが考え込んだような顔に。

どうしのだろう?

するとこうじさん「二人は南から上がってきました?」
オカナ「そうです、南米から来ましたよ。」
さらにあれれって感じで考え込むこうじさん。

なんなのだろう???

さらにこうじさんは「カナコさんってひょっとして学校埼玉でした!?」
ええ!!なんで知ってんの!?と思いつつも
オカナ「そうです、埼玉でした!」

って言ったらそこで凄い事実が判明。

こういうことだった。

オカナは中学、高校と寮生活を送っていたのですがその中学の寮生活を共に過ごした後輩の彼氏がこうじさんだった。
あみ(後輩)は同じく世界を旅するこうじさんに私たちの存在を話していたらしい。
最近まで南米を旅していたということ、カップルで世界一周しているということ。
まさかと思い尋ねてみた。そして出会ったのである。

オカナもあみから以前こうじさんの存在を聞いたことがあったからホンマにビビッた。

すごいなー。
こんな偶然の出会いってあるんですねー!!
初対面のこうじさんだけど不思議と親近感が沸いた。

010_20121012122935.jpg


こんなミラクルな出会いで始まったハバナ。

キューバ最後の町になるハバナです。しっかり観光、楽しむぞ!!

と、荷物を宿に降ろし町へ繰り出したはいいけど暑ーい~~~~(*_*)

溶けるっす~~~
ヤル気が起こんねーっす~~

街角のピザを食べて宿周辺を軽く練り歩くと早々と宿に引き返した。
宿でグテ~っとなってそのまま昼寝。

とりあえず暑さがピークの午後は控えた。ハバナの宿でようやく見つけたキューバ情報の本を読んで行きたい場所をマーク。
本格的な観光は次の日にすることに。

夕方頃もう一度勇気を振り絞って外に出るも相変わらずあっちっち~~

溜まらずビールを買ってしまった。
生き返る~

その後は観光じゃなくってアイスクリーム屋探しに。
ようやく見つけたアイスクリーム屋でココナッツアイスを(3CUP)
きゃ~美味しぃ~♪

ハバナは首都だけあって都会だった。
バラコア、トリニダー後ということもあって余計そう感じた。

町には国立美術館、国会議事堂、大劇場、要塞と様々な歴史的建築が並ぶ。

158_20121012122243.jpg

049_20121012121926.jpg


143.jpg


217.jpg


世界遺産のハバナの旧市街はオシャンティーな町並みが並んでいれば・・・

084_20121012121925.jpg

014_20121011012733.jpg

025_20121011012733.jpg



ちょっと裏の路地に入れば住宅地となっていて下町の雰囲気が漂っていた。

194_20121012125009.jpg

029_20121011012733.jpg

021_20121011012501.jpg

121_20121012122052.jpg


キューバといえば葉巻ですね

090_20121012122053.jpg


たんたんもキューバ人と仲良くスパスパ うん。決まってるよ、たんたん君

094_20121012122053.jpg


絶妙なバランス感覚です。なんちって

161_20121012122242.jpg


こちらは完全に絶妙なバランス感覚です

156_20121012125009.jpg

そしてキューバといったらコレというのがクラシックカー。

016_20121011012502.jpg


革命以前のキューバはあらゆる面でアメリカに強く影響されていた。その時代に多数のアメリカ製自動車がキューバに持ち込まれた。革命勝利の後新政権がキューバの産業の国有化を進め、アメリカ人は本国に戻っていくのだが、その際に自動車はそのまま残された。

バラコアやトリニダーでも見かけたクラシックカーだけどハバナではそれ以上のクラシックカーの数。
いかしたアメ車は実はタクシーだったり。
クラシックカーはキューバにとって日常の生活の一部のようだ。

019_20121011012501.jpg

044_20121011012501.jpg

159_20121012122243.jpg

こんな光景も日常茶飯事

099_20121012135550.jpg

008_20121011012734.jpg


町の至る所にはキューバの英雄、革命家チェ・ケバラさんがおられます

009_20121012124617.jpg

038_20121012121926.jpg

037_20121012124617.jpg

040_20121012121926.jpg



宿のおばちゃんからほれッ、あげちゃうよ~んって、貰ったケバラさん紙幣とコイン
014_20121012122935.jpg


亡くなられても今なおキューバ国民から強い人気を持つケバラさん

117_20121012122052.jpg

確かにみなさんがおっしゃられるようにケバラさんは俳優顔負けの男前です。けどオカナ、ラストエンペラー、ヒョードルが好きなもんだから結局オカナたちはほとんどケバラさん巡りはしまへんでした。
すんません。


キューバの最後は伊勢えびで締めようってことでローカルレストランで伊勢えびをテイクアウト。お値段驚きの50CUP(160円)
白い箱に包まれたそれはズッシリと結構な重みだ。

食べるまでのお楽しみだと中身は見ずにルンルンで宿に帰った。

そして夕飯タイム。
ワクワクしながら箱の蓋をパカっと開けたら

現れた!!




228.jpg


しょぼすぎ伊勢えびだった~~~~(泣)

あの嬉しい重さはまさかの予想もしていなかったスパゲッティー。
なんという素晴らしい裏切りかたであろう。


けどね、それでも満足です。
今回初のALLオカナプロデュースで始まったキューバ旅。
いろいろと不安もありましたが無事楽しい素敵な旅で終えることが出来ました。
キューバは今まで訪れた国とは違った面をも持つ独特の国だなと感じた。
社会主義ってこういうものなのかと。
ラテン大国キューバは奥深い。

ちゃお、キューバ!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

12

Category: キューバ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

800円の贅沢

おいっす、オカナです。

リアルタイムは只今メキシコのコスメル島で充実な日々を送っておりましてひょっとすると軽いプチ沈没状態に陥りそうです。
何とかリアルタイムに追いつこうとせっせとブログを書き続けているしだい。
キューバ記事、あともうちょっと書いていくね~



6日目(トリニダー)


昨夜はクーラーなんて必要ないぐらい気持ちの良い風が部屋にびゅーびゅー入ってきて心地良かった。
そしてまたギンギラギンの青空と容赦ない暑さの一日がこの日も始まる。
063_20121010235051.jpg

昨日が散々町観光をしたんで今日はプラヤ・アンコンというビーチに向かうことに。
旧市街から出ている専用バスに乗り込んで走ること20分ほど。

11時頃に到着したが観光客もまばら程度。
アフリカのザンジバル以来のビーチ。

015_20121010235050.jpg

033_20121010235050.jpg

海水は冷たすぎずでちょうど良い。
暑さで悲鳴をあげていた体がひゃっほぉお~~~いって、喜んじゃう♪

泳いでは休憩。
たんたんは日焼けに取り組んだ。
前回のザンジバルでの焼き過ぎによる地獄の苦しみを味わった経験を学習し、今回はほどほどに焼いていました。
027_20121010235050.jpg


オカナはチャーシューにはなりたくないので焼きません。

044_20121010235050.jpg

049_20121010235049.jpg

054_20121010235319.jpg


ビーチでたっぷり4時間過ごして再び旧市街の町へ戻りました。
お腹ぺっこぺこだもんでいつものピザ。

チーズたっぷりうんめ~♪

066_20121010235319.jpg


「美味いランゴスタが食べたい!」

午後は今夜のお目当てのごはん処(お店)を探す。

ターゲットのお店はもう決まっていた。
目的はひとつ、美味いランゴスタ(伊勢えび)を喰う!
沢山のランゴスタを海外に輸出しているキューバ。
旅友のブログで紹介されていた、ラングスタと言えばココっていう有名店にどうしても行ってみたかったオカナ。
地元の人に尋ねてそして見つけた「La Ceiba」

中の様子を見せてもらうと庭先には店のシンボルとも言うべき度デカイ木がど~ん!!っと構えていた。樹齢300年だという生命力溢れる気に魅了され一瞬ランゴスタの存在を忘れかけた。

089_20121010235718.jpg

おっとと!そうです。伊勢えびでした。
今日はランゴスタはありますか?と尋ねるともちろん!と言って物を持ってきた。

うおぉぉぉおー!!
デカッ!!そしてフレッシュ!!!!!

085_20121010235718.jpg

スタッフがランゴスタのメニューを持ってきて通常19CUCを10CUCで提供すると言ってきた。
マジっすか~!
トリニダーには沢山のツーリスト向けの飲食店が立ち並んでいるので激戦区なのであろう、お客さんを捕まえる為に必死のようだった。
今夜、行きますと告げて一旦宿に帰った。

あ~、こんなことならさっきのピザ食べなきゃよかったな~。
お腹ぺこぺこにさせなきゃだ。

と、言いつつ暑かったんでサトウキビのジュースを飲みました。

071_20121010235319.jpg


いつだってお洒落に気を抜かないキューバのレディーたち。サザエさんですか?

076_20121010235319.jpg

普段は甘ったるくて飲めないようなサトウキビジュースも汗かいてるからゴクゴクいけちゃう。
キューバはどこの店に行っても大抵はギンギンに冷えたジュースを提供してくれるのがありがたい。


宿に帰って海でべとべとになった体を洗い流す。
なんか足がヒリヒリするな~って思ってたら間抜けな焼け跡を残してました。

095_20121010235318.jpg



軽く昼寝をしていい時間になったので先ほどのお店に向かった。お店はオカナたちの宿から意外と近かった。歩いて6,7分ほどで到着。

137_20121010235717.jpg

お店に入ると既に欧米人の姿がちらほら。
中心地の栄えた所から若干離れた場所にあるにも関わらずこうやってやって来るということはやはりそれなりに知られているということか。

そして早速メニューをオーダー。先ほど貰った10CUC割引の証明の紙を提示。
屋外のテラス席の向こう側は小さなオープンキッチンとなっていてグリル一式が揃えられていた。
これで伊勢えびをグリルするみたい。楽しみだ♪


そして登場伊勢えび♪
相変わらずの大きさです。その海老の身を殻から剥き出し、観音開きにしたら鉄製の鉄板でジューっと焼いていく。

120_20121010235718.jpg

122_20121010235718.jpg

音がたまりまへん。
思わず身を乗り出して写真撮影。オカナたちの注文した特大伊勢えびにWOW~!!って欧米人も真似て伊勢えびを写真撮影。
おバカな欧米人です。わざわざこの店にやって来て肉を注文するとは・・・

ほんであっという間に料理が出来ました~。

129_20121010235717.jpg

伊勢えびのソテーアメリケーヌ風
伊勢えびの見事な立ち振る舞いが素晴らしいです。
海老の身の上には白身魚がゴロゴロ乗っかっています。

131_20121010235318.jpg

贅沢ですな!

頂いてみるとさすが新鮮なだけある。しっかり詰まった身はプリップリそのもの。
カレースパイスの効いたアメリケーヌソースはしっかりとした味付けでこのソースだけでもごはんが進む。

とにかく量がすごい。
ナイフで小分けにしても一口ひとくちがすんごくデカイ。
オカナは3分の2まで食べたところで大分満腹に。けど、ここはやはり気合で完食です。
こちら、スープ、サラダ、メイン、ごはん、フルーツ、デザート(プティング)とついて10CUC
日本円に換算しまして800円になります。

フレッシュな特大伊勢えびがですよ。
これだけ品数豊富なセットがですよ。

800円なんです。

こんなの日本じゃありえませんね。

夢のようでした。

お店の紹介をしてくれたShare Life、ありがとう!!



レッドロブスタ~~~


応援ありがとうございます!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

11

Category: キューバ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

あっ そうだ!トリニダーに行こう!

4日目~5日目(バラコア→トリニダー)

キューバはなによりも交通費がバカになりませんな。

HOLA!オカナよ

2日間滞在したバラコアを発ち、次なる町トリニーダを目指しました。
トリニーダまではバラコア(14:15発)→サンティアゴ・デ・クーバ(19:15着)で乗り換え。到着予定時刻の30分後に発車するというトリニーダ(19:45発)行きのバスに乗り込むというちょいと至難ルート。
よく聞く話じゃ、キューバのバス事情は時間通りに進まないことがしょっちゅうだとか(-_-;)
最低でも訪れる町にはそれぞれ2泊したいと思っていてる。だから予定通りに進まないと困っちまう。
今更8泊9日のスケジュールにしたことを後悔。
つーかオカナ、移動の時間を視野に入れとくのすっかり忘れてたもんだからさあ大変。
ハッ!と、そのこと気付いた時には既に往復航空チケット買っちゃったもんね。
大失敗。
ほんで話は戻りましてバラコアからサンティアゴ・デ・クーバ行きのバスは無事予定通り発車。

頼むぜ、中国宇通バスさんよ!!

063_20121010214255.jpg

しかしこのバス、やたらと休憩やらで止まりまくる。ドライバーはジュース買いにバス止めてどっか行ってしまうし。
ちょっとちょっと頼むよ!一分でも無駄にしないでよ~。

5時間の移動はハラハラしっぱなしで時間が早く感じられ、気持ちは焦るばかり。
時計がまもなく19時を回ろうとしていた。するとたんたん、途中見えた標識を見つけるなり遅れてるなって。
たんたん曰くサンティアゴ・デ・クーバまでは残り30キロ。

ええ!?(゜o゜:)
どどどどどどうしよう~!!

おいおい、余裕ぶっこいてねーで飛ばしてくれよ!!(イライライラ)

徐々に暗くなっていく空を見ているとオカナの心もどんどん曇っていった。
これは・・・もう・・・無理だ、終わったな。

時間は19時半になっていた。
ハァ・・・っと、ため息をついていると突然バスが何も無い所で停車しドライバーが乗客の誰かに向けて叫んでいる。
すると後ろに座っていた欧米人のカップルがあなたたちのことじゃない?っと言ってきたのでドライバーが言ったことをもう一度よく聞いたらトリニダー!と言っている。
そういえば出発してチケット確認の時に次はどこに行くんだって聞かれて、トリニダーだよと答えたんだっけ。
そして急げと言われ訳も分からず降ろされると反対車線の方でトリニダー行きと書かれたバスが待機しているではないか。
オーマイジーザス!!
なってこった、よく分からんけどオカナたちはどうやらトリニダー行きのバスに乗れるみたい。
オカナたちまだチケット買ってないんだけども大丈夫なの?と聞いたら問題ないとのこと。乗ったバスは乗客が5,6人ほどのガラガラ状態だった。

テンションガタ落ち、半べそ状態から一気に駆け上ってスーパーハイテンションに切り替わったオカナ、そして心底ホっとした。
よかった、もう9割諦めていたよ(泣)

こうしてまさかの結末でオカナたちは無事11時間後にトリニーダにたどり着くことができた。
朝の6時半に到着するとバスターミナルにはタクシー意外、まだ宿の客引きがいなかった。
明るくなるまで待とうとしばらくバスターミナルで待機しているとハポン(日本)?と、どっかのおっさんに尋ねられてそうだよと応えると日本語で書かれた紙を渡されて読んでみると宿の紹介だった。おっさんの指差すほうに宿主らしきおばちゃんが手を振っていたのでとりあえず話をしてみると悪そうでもなかったのでおばちゃんの宿で決定。
これが今回も当たりだった。
前回のバラコアの宿と比べたらシンプルな造りだけどもここの家族は皆フレンドリーで優しく、静かな空間、夜になれば部屋には気持ちの良い風が通ってぐっすりと快適な眠りにつくことができた。

宿に荷物を置いて、早速トリニダーの町を観光。

「トリニダー」
石畳の古い町並みが残るスペインのコロニアルタウン。かつては砂糖貿易と奴隷売買の一大中心地として栄えた。現在でも残る当時の建物がよく保存された町はユネスコの世界遺産に登録されている。人口約3万5000人。
一歩外に踏み入れればそこは石畳の続く町。

町で目にする全てのものが絵になるな~。
134_20121010213608.jpg

098_20121010213609.jpg

091_20121010213858.jpg

069_20121010213921.jpg


早朝に町に着き、お腹はぺこぺこ。
朝ごはん探しだと定番の安ピザ屋を探すとピザじゃないけど何かを挟んだパンを提供するものを発見。

009_20121010213858.jpg


中身は白身魚のフリットで、これがウマ!!
噛むと熱々の衣がサクっとしてて中の魚はふわっとした食感。
これはトルコで食べたサバサンド並みの美味さでした。お値段5CUP(20円)なり。

004_20121010213858.jpg

005_20121010213858.jpg

031_20121010212757.jpg



トリニダーでは至るところで写真を撮りまくった。それぐらい魅力的な風景がある。
でも同様に観光場所としても有名で、とにかく客引きがうっとうしい。
落ち着いた小さな町だからゆったりと歩いていたいのだけどいかせん、客引きのうるささ&暑い!!

キューバはどこ行ってもすんげー暑い。一気にヤル気が失せてくる。
けどそんな暑さをクールダウンさせてくれる必須アイテムがコレ。

087_20121010212946.jpg

氷の塊をシャカシャカ専用の道具で削り取ってお好みのシロップをかけてもらう。

088_20121010213609.jpg

090_20121010220119.jpg

生き返る~~~♪

観光客、地元人にも大人気のキューバ版カキ氷(ジュース)は毎日頂きました。
けどオカナ、やっぱアイスクリームの方が好きなんだな。


やった~ソフトクリーム屋さん見つけたぞ~♪
ルンルンルン♪♪♪

040_20121010212756.jpg


が!暑すぎてソフトクリームが即効溶ける。

038_20121010212757.jpg

味を楽しんでいる暇がない。
急いで食べないと!!

ほら、急いで急いで!

039_20121010212756.jpg




バラコア同様あてもなくぶら散歩。

062_20121010212947.jpg

041_20121010212947.jpg

072_20121010212946.jpg


033_20121010212757.jpg

020_20121010212757.jpg



こんな風に高いところに洗濯物を干すのがキューバ流らしい。

049_20121010212947.jpg


どういうやって干したんだ!?

107_20121010213609.jpg


毎日洗濯日和でケッコーケッコーー!!

136_20121010213730.jpg


定番の適当ぶら散歩、毎回行き着く先はめっちゃローカルな場所だったり人けのないどこか。

ここはどこだ~??
112_20121010213608.jpg

124.jpg


この日もたくさん歩いて汗びっしょりかいて帰宅。
シャワーで汗を流したらお楽しみの夕飯。

今回は宿のごはんを頂きました。
自前に数種類あるメインディッシュからひとつを選んでお願いします。
オカナはもちろんロブスターをオーダー。
しかし、この日は市場でロブスターが手に入らなかったとかでノーマルな海老にされちゃった。
ま、いっか!

調理風景をちょいと拝見。
母、娘、婿養子のダックで私たちのごはんを作ってくれていました。

161_20121010213730.jpg

おおきに~

生の海老に攪拌した野菜(玉ねぎ、チリペッパー、にんにく)それにレモン汁、スパイス(ブイヨン、オレガノ、クミン)を合わせて味付け、鍋で炒めたら仕上げにバターを加えて完成。

148_20121010213730.jpg


そして出来上がりました。
かぼちゃのスープ、サラダ、メイン、ごはん、フルーツのボリューミーごはん。

172_20121010213729.jpg

日中店で買ってきたビールで乾杯。
イェ~い、ビールだ~♪とゴックリいったら吐きそうなぐらい不味かった。
よく見たらオカナが買ったヤツはノンアルコールって書いてあった。あまりの不味さに声が出でずにう~って顔してたらたんたん、オカナがあまりの美味しさに声も出ないのかと思ったらしい。
楽しみにしていたビールなだけにショックだったけど気持ちをなんとか切り替えてお食事を頂きます。

174_20121010213859.jpg

えびは火をこれでもかーってぐらい通しまくったせいでかなり硬くなっちゃったけど味付けはベリーグット♪コレ、日本に帰ったら作ってみよう。
かなりの量でたんたんでさえ苦し~って言ってた。
ご馳走様でした。

晴天だった空が真っ黒な曇り空になると激しい雨が降ってきた。夕立雨か。

168_20121010222732.jpg


でもそんな雨も30分後ぐらいで止むと空気がカラっとなってなんとも涼しい風が吹いてきた。
その風が最高気持ちよくってしばらくたんたんと宿のベランダでくつろいでいた。

180.jpg


気付くと空は夜の暗さになり宿周辺に見える民家には明かりがつき始めて中から賑やかな笑い声が聞こえてくる。家族と団らんで楽しんでいたりもすればご近所さん同士で家の前でおしゃべりし合ったり、道端でいつまでもきゃっきゃと遊んでいる子供たち。

キューバっていつもこんな感じ。

経済的な豊かさの代わりに心の豊かさを持つキューバ。
いいですね~。



今日も読んでいただきありがとうございま~す!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。