1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  04 ,2017

2年半に及んだ世界旅を終えてからの日常や料理のこと。


訪問者
プロフィール

たんたん&オカナ

Author:たんたん&オカナ
コックの二人が仕事を辞めて2年半の世界一周旅行へ。無事に帰国し結婚。再びコックの世界に戻り、日々奮闘。料理漬けの毎日を送る。

最新トラックバック
帰国から!
タイムカウンター
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30

Category: スリランカ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

戻って来ましたコロンボへ!

アイボーワン!!

暑いぜ、暑いぜ~~
暑いのに、まだこっち来てビール2回くらいしか飲んでないんだぜ~
ワイルドだろ~~??

はい!たんたんです。
シーギリアロック、ダイナミックでよかったです。
翌日はまったり洗濯とかして、久しぶりに天日干しできたことに小さな幸せを感じていました。やっぱり太陽に当てて干したほうが気持ちいいよね!


P1280022.jpg
そんな天日干しされたいい匂いのするお洋服を着て、さあ!お出かけしましょ!

行き先はコロンボよ!
そう、一番最初に到着した場所に戻りましょ!

ってことで、シーギリヤからコロンボに戻ります。
っそ!スリランカの旅ももう終わりなのです。
シーギリヤからコロンボまではバスで8時間ほど!ケツ痛かったし、蒸れた。。
前回コロンボは着いてすぐ電車に乗って移動してしまったから、町は見てないんだよね!

P1290001.jpg


P1290002.jpg


P1290003.jpg


P1290005.jpg


P1290007.jpg

・・・・・・・
う~~ん!
バスターミナルから宿周辺のエリアしか歩いてないけど、人がごちゃごちゃいるし、騒がしいし、暑いし、埃っぽいし、数名のリキシャ野郎がしつこいし、生臭いし、車にひかれそうになるし、やかましいし、見どころないし、欲しいものもないし、暑いし、オカナうるさいし、汚いし、なんか怪しいし、オカナ機嫌悪いし・・・・

あ~~疲れる町だ((+_+))
(もうちょっと足を延ばせばいいとこあるよ!!)

でもね、次はインドなんです。
インドはもっとこれより大変なんだってことを考えたら今ここで、こんなんになっててはインド最後までもたないぜ!!

P1280003.jpg


P1280016.jpg
花でも眺めて癒されたいね


P1290008.jpg


P1290010.jpg
あっ!これも癒される( *´艸`)


ってことで、オカナさんプロヂュース、スリランカの2週間の旅もいろいろあったけど無事に終わりそうです・・・終わるかな??

一時帰国中の2か月間オカナさんが慣れないながらもいろいろと必死に調べて計画を立ててくれたおかげでとっても充実したスリランカ旅行になりました。

大変よくできました。(*^^)v
引き続き頑張れよ!!




オカナさんの頑張りに
応援クリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

28

Category: スリランカ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

シーギリヤ・ロックにズームイン!!
CHAGE&ASKA復活万歳!

オカナよ。


ヌワラエリヤではお茶畑を眺めながらのティータイムで優雅な時間を送りまして、それ以外は相変わらずスリランカカレーを貪り食う毎日です。

何度も言うようですが、カレー全く飽きません。

毎日、今日はどんな美味しいカレーに会えるのか考えるのが楽しみなのです。


後はパンとミルクティーもうめえです。


ヌワラエリヤを離れてやって来たのはまたまた村、それも小さな村です。

P1280809.jpg

やっぱ村は好きです。

のんびりしててうるさくないし、人も穏やかで優しいです。

P1280808.jpg



P1280815.jpg

P1280820.jpg

店先の人懐っこい女の子。頼んだ料理がなかなかやって来なくってもこの子のおかげで暇つぶしになりました。しかし、作ってあげた折り紙の鶴は速攻壁に叩きつけられ目を覆いたくなるよな姿になってしまった。


P1280793.jpg


この村、本当なんもないっす。
お店も数件ぱらぱらある程度。

犬もほれ、この通り・・・・

P1280811.jpg



rDr0GB1TNVrFlnG1359360886_1359361162.jpg


あらま。

怒らせちゃいました。


そうなんです。

このジャングルに覆われた小さな村には実は世界遺産に認定されたただもんじゃないヤツがいるんです。


P1280826.jpg


あ、気が付きましたか?そう、あの向こう側のデカい岩。あれがヤツですよ。



その名をシーギリヤロック。

これは実在の話で5世紀後半、ジャングルの中にあるこの巨大な岩山の頂上に華麗な王宮を建てて住んだ狂気の王様がいたんです。

その名はカーシャパ王。

彼には腹違いの弟モッガラーナがいた。弟の母親は王族の血筋の女性であり、カーシャパの母親は平民の血筋の女性であった。
そのため、弟のモッガラーナに王位の継承権を奪われるのを恐れたカーシャパは父を殺し王位に就き、その後、弟による復讐を恐れてか、または父を殺してしまった後悔からの苦しみなのか、カーシャパは神がかりになったようにこの巨大な岩山に宮殿を建造し始め、7年後に彼は自分の王座をその頂上に置いた。
しかしインドに亡命していた弟モッガラーナの挑んできた戦いに敗れ11年間しかここでの王宮は維持できなかった。
その後、弟モッガラーナはシーギリヤの王宮を仏教祖に寄進した。
理没していたシーギリヤロックの宮殿が発見されたのは、カーシャパ王が死んで約1400年後のイギリス植民地時代に入った19世紀も後半のこと。。。。

つー歴史があるんですと。

もっと詳しく知りたい方は「ウィキペディア」でウィッキーちゃってくださいよ。

images_20130128191659.jpg


皆さんもご存知のウィッキーさん、彼もまたスリランカ人よ。ズームイン!!


はい。

ってなわけでヌワラエリヤから7時間かけてやって来たシーギリヤ。休むこともなく、速攻向かいました。

せっかくだから夕焼け空に沈む真っ赤かに染まった一面のシーギリヤの世界を見ようと思いましてね。


しかし、スリー・パーダでの筋肉痛がようやくとれてきたというのに、またまた登ります(笑)

再発起こりませんように・・・。


なんでもシーギリヤロック、高所恐怖症の人には無理っていうぐらい、おっかない道を渡るらしいよ。


ひょっひょ~~!そりゃあ楽しみじゃあ♪


宿から15分ほど歩いていくと水路が現れました。シーギリヤロックとその庭園を取り囲む城壁がまるで皇居のようでした。

P1270808.jpg


皇居を過ぎるとスリランカ人に日本語でチケットはこっちよ~と、案内されました。

怪しいヤツなのかなと思っていたけど、普通に親切な兄ちゃんでした。

スリランカ、最初来るまでは人が(金がらみ)でしつこくってすぐ騙そうとしてくるからウザいって聞いてたけど、オカナたち、今のところあまり感じないな、それ。
むしろいい人多いな~って思いますよ。

お兄ちゃん、最後に控えめに日本語の説明必要だったら来たらいいよ。とだけ残して消えていった。


いやしかし。
分かっていたとはいえ、チケット代はすこぶる高かった。
お一人30ドルなり。
モンゴリアンアイズのたんたんもこの時ばかりはバッチリ開きました。

P1270806.jpg



そして入口を潜るとどーん!っと、シーギリヤロックさん。存在感バリバリですね。こんな岩の上に宮殿を築いたとわねえ。
上り下りの想像しただけで疲れるわ。
お~やだやだ。

P1270811.jpg


入口入ると岩山を囲む庭園が広がっていて淋浴場、石窟寺院、説教の岩場などいくつかの遺跡がある。

P1270821.jpg


P1270820.jpg


巨岩の割れ目を潜るといよいよ登りにはいるよ~ん

P1270828.jpg


ひーこらひーこらばひんばひん

P1270842.jpg


岩の中腹まで来ると鉄製のらせん階段が出てきて(ここからがスリル満点)階段を上がると現れたのは壁面に、鮮やかな色彩で描かれた美女のフレスコ画、シーギリヤテディの登場。

P1270855.jpg

とても5世紀に描かれた作品とは思えないほどの美しさです。

P1270845.jpg

いやはや、本当に美しい・・・そのおっぱい。

P1270847.jpg

カーシャパ王は殺害してしまった父の霊を鎮めるために、この美女たちの壁画を描かせたといわれている。

かつてはこの岩山の壁には500人ほどの美女の絵が描かれていたが風雨にさらされ浸食してしまったり、1967年のバンダル人の攻撃で剥がされたりなどの被害で今はわずかに18人になってしまった。

P1270846.jpg


美女のパイパイにうっとりしたらどんどん次行っちゃいましょう。


コチラ、回路の壁(右側)は、ミラー・ウォールと呼ばれていて、高さ3m、真珠のような輝きをもち、鏡のような光沢があるため、その名前がついたらしい。

しかし、オカナにはそんな美しい壁には見えず。
つーか、最初、左の壁見てたし。

ちなみにこれは禁じられているシーギリヤレディーをフラッシュ撮影した為に呼び出しくらって(黒のTシャツの兄ちゃん)いろいろとめんどくさいことになっている画。みんな、気を付けるんだよ~

P1270859.jpg


だいぶ景色が良くなってきたぞ~

P1270867.jpg

P1270837.jpg


しっかしおっかない所に道を作ったものです。眺め最高ですけど。

P1270870.jpg


ライオンの爪の形した宮殿の入口に到着。ライオンねえ・・・。

っさ、どんどん進んじゃおう!

P1270876.jpg

約60度の傾斜面。岩肌に細々とした階段がへばりつくようになってある。

登って行く人、降りてくる人、みんなぴえ~って怯えていて面白かった。

たんたん君は恐怖でち〇こが三分の一に縮小したらしい。

P1270882.jpg


そんで到着!

360度パノラマの世界でした~

P1270887.jpg

今回、たんたん君は三脚をこしらえてました。

おお、いい準備してきたね!

って、

思ってたらコレがやりたかったみたい。


ワンピースのキャラクター「ゼファー」とかいうやつらしいです。

P1270905.jpg


誰?


オカナ全然分かんねーし。


ちゃんと三脚らしく使おうぜ、たんたん君よ。


はい、ポーズ。


オカナ軍曹「ああ!たんたん大将、間もなく日没が始まるであります!!あちらです!」

P1270898.jpg




たんたん大将「うむ。なかなか。。。」

P1270912.jpg


オカナ軍曹「今日も一日お疲れ様でした!!」

P1270920.jpg


って、遊んでたらいつの間にか人っ子一人いなくなっていて、閉館間近で慌てて降りて帰ったたんたん、オカナなのでした。

P1270923.jpg



スリランカも終盤!

寂しいよ~。

んで、もうすぐインド!

おっかねえ~よ~。



読んでくれてあんがとー!!!


応援クリックお願いします!!

↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

27

Category: スリランカ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

紅茶は好きですか?
最近ずっと天気が悪くて悪くて参ってたんですけど、
今朝はいい天気でした~~!!

たんたんです。もう体調も復活してます。

ここヌワラエリヤ周辺は標高が高い地域にあるため、周辺はもちろん茶畑ばかりが広がっています。

そして今日はこの町からバスに乗って30分くらいのところにある紅茶工場にお邪魔してきました。
ずっと茶畑ばっかしだったよ


「Labookellie Tea Centre」
この工場は創業1841年、スリランカで最初に建てられた紅茶工場です。


P1260788.jpg
無料で簡単な説明ガイド付きで工場内の製造工程を教えてくれちゃいます!


P1260784.jpg
これは摘み取った葉を乾燥させるところですね!
凄く青臭い香りが漂っていました。


P1260797.jpg
これでほぼ完成でしょ?


P1260793.jpg
この中に入ってるのかな?


P1260815.jpg
そして見学が終わるとこの部屋で紅茶の試飲ができるんです!
しかもこれも無料です~!!
これ目当てでここに来たんだよね!(^^)!


P1260810.jpg


P1260808.jpg


さてさて、お味の方はいかがでしょうか!?

P1260817.jpg


P1260821.jpg


P1260833.jpg
あっっバレた?
チョコレートケーキを別に頼んでしまいました。安いしね。40円くらい。。

紅茶の感想はいい意味で、青臭さが残っててしっかりした味の紅茶! でした。

普段紅茶は全然飲まないんですけど、むしろコーヒー派。
まあ全然いいんじゃないでしょうか?
これはこれで。
そう、リプトンの紅茶とは、香りはだいぶ違った気がします。

ストレートより、チャイ(ミルクティー)で飲むのもこっちは美味しいから!

美味しい紅茶を味わった後にはテラスから紅茶畑の景色を眺めてました。
ハプタレーでは天気悪かったから、ここで晴れてくれてよかった!

P1260875.jpg


P1260836.jpg


P1260845.jpg


P1260841.jpg


P1260848.jpg


P1260857.jpg

ほんと何日ぶりかのいい天気
お茶畑の緑と青空とが綺麗でした~~





応援クリックお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。