1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

2年半に及んだ世界旅を終えてからの日常や料理のこと。


訪問者
プロフィール

たんたん&オカナ

Author:たんたん&オカナ
コックの二人が仕事を辞めて2年半の世界一周旅行へ。無事に帰国し結婚。再びコックの世界に戻り、日々奮闘。料理漬けの毎日を送る。

最新トラックバック
帰国から!
タイムカウンター
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

28

Category: ラオス

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

そうゆうこと!

サバイディ~ たんです。



ムアンシンからまたルアンナムターに戻って来ました。

そしてここでのんびり2泊。

これから先の調べ物なんかをやったりお気に入りのサウナにもまた行きました。


そしてこれから中国に入りますが、なんでも中国はネットの規制が厳しいらしいのです。

だからブログ更新もどうなるか分かりましぇん。

ウチラのブログは殆どリアルタイムで更新してきているので
予約更新する記事もないから中国に入って書けなかったらしばらくは更新されないと思っとって下さいまし。



でわでわ!

中国に行ってきます。


再见。



P7270023.jpg







更新されなくてもココのクリックはしてね~
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
(^_-)-☆



スポンサーサイト

26

Category: ラオス

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ラオスの田舎で村巡り

サバイディー たんです

前回の記事、途中から眠すぎてリタイアしちゃいました。
どうもすんません。そしてありがとうオカナさん。

今日はちゃんと最後まで書いたるで!

今日はルアンナムターから近場の町に移動です。

バスターミナルからミニバンで約2時間のところにあるムアシンって言う町です。たったの2時間なんで楽勝な移動だったけど、途中の道は昨晩に降った激しい雨の影響でか、至る所で土砂崩れがありました。酷いところは道半分まで塞がってたもんね!怖い怖い。

そして到着したムアシンて町は、田舎だったルアンナムターよりも更に田舎な感じでのどかな雰囲気全開。


P7240245.jpg
メインの通りから1本入ればこんな感じでアスファルトもなかった。
日差しがほんときっついよ(;´∀`)

バスターミナルから宿がある通りまで歩いて、本日のお宿が決まったらちょうどお昼の時間。

さあ食べるとこ探そうってところだけど、実は今日のお昼食べるところはこの町に着いた瞬間に決まってました。
実はバスターミナルの敷地内にある中華料理のお店を発見していたのです。

この町は中国との国境にある町で、ルアンナムターもそうだったけど、この町にも中国人が住んでいたりするせいか、中華のお店も良く見かけます。街にも中国語、すなわち漢字の看板なんかも沢山あるんです!

だけどラオスにいる間はラオス料理食べようって決めてたんだけど、美味しそうな中華には勝てませんでした。。。

入ったお店っていうか屋台みたいなところだったけど、作り置きしてあるおかずから好きなの選ぶ感じだったから、おかず3品とご飯を注文。


P7240251.jpg
トマトと卵の炒め物だよね!



P7240253.jpg
豚バラの煮込みみたいなのと、ゴーヤと豚の炒め物。



・・・・・・・いや~~なんだろね!

もうほんとにウマ過ぎてビックリしちゃった。
白飯に合う味付けでほんとにヤバかったΣ(゚Д゚)

ラオス料理に退屈してたから感動も大きかったんだと思う。
ホント感動したわ。


P7240294.jpg
茶がうまいね!中華の油っこさによく合いますよ。

そしてウチラが食べ終わってまったりしてたら、突然背後から誰かが俺の腕を掴んできました。何?と思って振り返ると鍋を振ってたこのお店のおっちゃんでした。

お互い言葉が分からなかったけど
おっちゃんは俺を店の奥の方に連れて行こうとしてるみたいでした。俺も状況が全く飲み込めなかったから、「ちょちょちょ」みたいな感じで軽く抵抗しながらもおっちゃんについてったら、お店に貼ってあった世界地図の前で止まりました。

そしておっちゃんは中国と韓国と日本を指さしてなんか俺に言ってる。。

なるほど、このおっちゃん(たぶん中国人)は俺がどこの国のヤツか気になってたんだな~~って分かった。

もちろん俺は日本の場所を指さしてここだよ!って言ってやった。
おっちゃんの顔色変わるかな~~ってちょっとドキドキしたけど、おっちゃんはちょっと驚いた様子で「お前ホントに日本人か~~」ってな感じのことを言って笑ってた。。

良いヤツそうな感じの人で良かったわ!

やっぱり最近の問題のこと、ラオスで生活してる中国人ですら気にしてるんだって思ったよ。


そして次の日はまたチャリンコを借りて周ろうと思ってたから、レンタルしてる所を聞いたら泊まってる所とは別の宿で貸してるって分かったんだけども、そこに至るまで何人かに聞いてまわったんだけど、この町の人なんだかみんなやる気ね~~って感じ。。

でね、この町にもサウナが2件あるみたいで尋ねてみたら2件とも今はもうやってないとの事。

なんかこの町一昔前はもっと旅行者でにぎわってたんじゃないかと思うような感じで、今は逆にどんどん廃れていってる感じがちょっとした。。

確かにこの町では旅行者ほとんど見かけないからね。
まあウチラはその方が好きだけど。

ちなみに今夜も別な店で中華食べてしまいました。
美味かったっす。だけどとりあえず1皿の量が多いぜ!!


翌日

朝市をやってるバスターミナル隣のマーケットへ


P7250004.jpg
ここの朝一にはこの周辺に住む山岳民族の人たちが野菜を売りに来たり買い出しに来たりしているとのことで、それを見たくてやって来ました。

この周辺にはアカ族やモン族が住んでるらしいんですけど、正直どれがどれか分かりましぇん。
だけど、確かに民族衣装を身にまとった女性たちがちらほらいらっしゃいました。


P7250010.jpg
左側を向いて座ってる人は髪型がお相撲さんみたいにしてる族の人で、逆の右側を向いてる人らは紫系のを頭に巻いてる感じで、それぞれ別々の族の方たちですね!

なんかちょっとワクワクしましよね。この感じ。グアテマラぶりかな。


P7250031.jpg
これもまた違う族だよね!派手な頭飾りだな~~



P7250033.jpg
コレはどうだろ。よく分からん



P7250030.jpg
これ何売ってんだろってよく見たらコウモリだったよ。
これも食べるんだってさ!どう調理すんのかね?


P7250020.jpg
ムアシン版のカオソーイだと思うけど、ここのは最初っからスープがこの色で味が今までと違った。きっとここだと中国の調味料が手に入るからそれで味付けがだいぶ変わったんだろうね!

そんな感じで朝市を周った後はチャリを借りてサイクリング!!

とりあえず中国とのボーダー方面に向かって道を進んで行きます。



P7250059.jpg
この町もルアンナムター同様、一面田んぼが広がってました。
今は田植えが終わったばかりみたいでまだ稲は小さかった!

そしてひたすら特に何もないまま10キロくらい走ったら着いてしまった。


P7250051.jpg
中国とのボーダーに(;´∀`)
そういえばここに向かう途中にすれ違った車は殆どが中国ナンバーだったな~~~


P7250052.jpg
だけどここのボーダーは外国人は通過することが出来ないポイントなんです。なんか見た感じ凄いゆるそうな感じだったから自転車に乗ったまま通過しようとしたらいちようちゃんと止められた(*^^)v

ちょっとチャリダーさんの国境越えの気分を味うことがでけた。

ってなわけでまた引き返すことに。

だけどその途中で朝市にいた族さんと同じ人達を見かけた~~


P7250048.jpg
どこら辺住んでんの~?って聞いたら指を差したのでそっちの方の道に行ってみた。


P7250071.jpg
道がぐちゃぐちゃだったけど。。
そんな道を20分ぐらい進んで行ったらありました。


P7250077.jpg
PHAYALAUNG村
この村にはアカ族の人たちが暮らしてます。


P7250099.jpg
家はどれもこんな感じの高床式です。
この何とも言えないローカルすぎる感じが
まさに世界ウルルンって感じです!



P7250087.jpg


P7250091.jpg


P7250110.jpg


P7250126.jpg
村の子供たちは最初俺たちのことを見ると、「なにか雰囲気違うやつらが来たぞ」と言う感じで見てくるけど、ちょっと打ち解けるととっても可愛い笑顔を見せてくれます。
ほのぼのしててよかったよ~~

だけどお目当ての派手な頭飾りを付けた人は何人かいたけど、写真はお断りされました( ;∀;)


そして今度はそこから3キロほど離れたまた別の村へ


P7250144.jpg
NAMMY村
ここも同じアカ族の村みたい。
だけどちょっと違った。


P7250180.jpg
頭にターバンを巻いてます。
インドで見たシィク教の人みたいなやつです。

面白いね。
同じアカ族でも集落が違うだけで飾り方が全然違うから。



そして村を歩いてたらお土産を見せられて試着してみた

P7250159.jpg


P7250165.jpg
何これ?
この村でこれ着てる人誰もいないし・・・・・
ホントにここの衣装なのか?
まあたぶんお祭りの時に着るようなやつなのかなってことで。


P7250175.jpg


P7250186.jpg


P7250190.jpg
こっちの村の方が最初のところよりも大きくて人もなんか素朴な感じがしたよ。それにしてもみんな子供がかわいかったな~~

ってやってたらお腹もすいたので、
一旦村巡りを中断して町へ戻り、またあの中華屋さんへ直行いたしました。


P7250206.jpg
今日は乗っけてもらった。
あ~~うまし( *´艸`)
やっぱり運動した後のメシは旨いね。茶も旨い。


P7250217.jpg
このおっちゃんね!
昨日俺の腕を掴んで確認してきたの。
いい人だと思うよ。

午前中で往復30キロ近く走ったからかオカナさんはもう午後は乗らないとの事。リタイア宣言出ちゃいました。

なので午後は俺一人でちょっとだけ。

P7250230.jpg


P7250235.jpg


P7250237.jpg

ってことで村巡りサイクリング終了


今回訪れた村以外にもこの周辺にはまだまだ沢山村があるので時間と体力があればもっと周ってもいいかもね!


P7250251.jpg
そして晩御飯はまたしても反則の中華(;^ω^)


P7250260.jpg
たった2品だけどわざわざ回してます。
ふふふっ( *´艸`)



そんなムアシン。


ほとんど観光地化されてなくて本来のラオスの姿が見れたようで良かったよ。

おすすめ


P7250136.jpg


あ~~ケツ痛い( ;∀;)




応援クリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村










24

Category: ラオス

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ラオスに来たらサウナ

サバイディー たんです。


さてさて、ルアンパバーンから移動。

お次の行先はルアンナムター

何があるのかよく知らない。

オカナさん考案のルートだから!

ルアンパバンからはミニバンで行きました。
宿ピックアップでK130000

約9時間の道のりだそうな。
道路は最初ずっとアスファルトが続いてたけど、途中の4時間くらいはずっとでっこぼこのほんと酷い道。それに加えて殆どがきついカーブの連続。

コレは気持ち悪くなるかもって思ったけど意外と大丈夫だった。

そして途中のお昼休憩でよった食堂。
麺のお店だったから麺を注文したんだけども、その直後におかずの並んだショーケースを見つけて、だったら俺はご飯ものにしようと思ってショーケースを覗きに行ったら、なんか食欲が失せた。

P7220006.jpg
みんな同じ色してるんだわ、しかもダーク色
得体のしれない物もあったし、見た目も全然美味しそうじゃないし。
これが本来のラオス料理なんかな~って思うとへこむわ~

タイ料理恋しいわ~

だから麺喰ったけどね

P7220002.jpg
こっちじゃ良くあるこのスタイル。
正直いって量が少ないからあんまし麺喰いたくないんだよね。
食べて2時間後にはお腹すいちゃうし、みんな味の素の味だし。

そんなこんなでルアンナムタのバスターミナルに到着。
そこからはトゥクトゥクで町の中心まで移動。
宿を見つけて今日は終了

そして翌日

町の周辺にある村を見に行くと言うことで、レンタサイクルです。

とその前に朝市場を見に行ったんです。
また早起きして朝飯がてら!



P7230070.jpg


P7230061.jpg


P7230067.jpg
至って普通でした。


P7230046.jpg
だけど、コレの食べ方がちょっと気になる。
リスでしょ?これ・・・


P7230034.jpg
朝食なら麺でもオッケ~
いつものカオソーイ。
市場のは肉みそたっぷり入ってて味噌ラーメンみたいな味でおいしかったよ!


そしてオカナさんが好きな系。

P7230039.jpg


P7230042.jpg
ココナッツミルクに入ったゼリーたち

でもここのは茹ですぎで弾力がなくイマイチだったとの事。


そしてサイクリング~~

適当に走ったら小さい村を見つけて入ってみたらなんかやってた

P7230079.jpg
村人総出でなんかやってた。
この写真の得体のしれないものをトラックにみんなで運んでた。

コレが何なのか不明。臭かった。。



P7230131.jpg


そして近くに竹でできた橋があるってことで見に行ったんだけど

P7230133.jpg
流されてた・・・・・

だから今は竹のイカダだったよ。




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




は~い、

ここで力尽きた、たんたんに変わってオカナが残りを書いていくよ~ん。

突然現れちゃってすいませんね~。
なんかたんたんが睡魔の限界だということで・・・・。記事もまだまだ終わりそうもないし。しょうがねえな、オラが書く!ってバトンタッチしました。あしからず(;^ω^)


え~っと・・、

チャリンコでお散歩でしたね。
道端でお母さんが何やら干していました。
何だろうと近寄っていくと、うん?く、臭い(-_-;)
さっきの得体のしれない物体も相当な臭さでしたがコチラも引けを取らない。

P7230136.jpg

覗き込んでみると何やら毛のようなものがくっついていました。
お母さんに尋ねるとどうやらコレは豚の皮のようでした。これに木くずのようなものがびっしりとくっついている。
とにかく臭いが半端ない。
さっきの得体のしれない物体の臭いが腐ったぬか漬けのような香りだとしたらこっちはう〇この臭いでした。
この干し物が最終的に一体どう使われるのかが気になるところです。(言葉が通じなかった為答えは謎のままになりました)

さて、お腹が空いたので昼ご飯にしました。

道沿いにあったお惣菜屋さんです。

P7230108.jpg

ルアンナムタにある小さな食堂はどこも麺類屋さんばかり。麺類は好きだけど一日一回で十分。朝ごはんが麺だったので昼にはどうしてもご飯ものが食べたかったのでこの店見つけられてラッキーって思っていたんですが、並べられた惣菜は何だかイマイチ。あんまりそそられるものがありませんでした。

むしろげげげぇ!っていうようなもんが置いてあったり。。。

P7230111_20130724021014.jpg

P7230113.jpg


ああ、オカナ無理っす。
たんたんは何の抵抗も無くむしゃむしゃ食べてたけど。。。
ラオス料理はオカナにはちと複雑な料理みたいです。

あ、けどカオ・ニャオは美味しいね。好きです。
カオ・ニャオっていうのはもち米のことでラオスではうるち米よりももち米の方が主流なんです。


チャリで中心街からちょっと離れた場所へ出ると一面に広がる水田稲作の風景が見られました。

P7230198_20130723214927.jpg

P7230194_20130723214927.jpg


青々とした稲にバックに立たずむ山々、真っ白い雲。それ以外は何も無い。
通りすがる人々はまったりと。犬も猫もアヒルもニワトリもの~んびり。

P7230186.jpg

P7230167.jpg


雨上がりの空からは容赦ないほどの日差しが降り注ぎ、暑さも半端ない。
けど、思わず足を止めてしまいたくなる光景がそこにはありました。

P7230202.jpg


稲作地帯の端から端までを走り切って(「ハシ」繋がり。。)汗もびっしょり。
こんな時に飲むビールは最高でしょ!!


ラオス、ビールが安いぞ~♪イェ~イイ!!


と、期待して飲んだビールはぬるかった。
しょうがないから氷入れたら速攻薄くなってビール飲んでる気がしなかっった( ;∀;)


P7230205.jpg

でもまあ、雰囲気を味わえたので良しとしよう。

P7230208.jpg


その後も適当にチャリを走らせてサイクリングは終了。

サイクリングは気持ち良かったけど久々に長時間乗ったせいか、またはチャリの椅子が合わなかったのか、オカナは股ずれならぬ、おケツの割れ目ずれを起こしました。
痛い。
一方たんたんは見事に日に焼けて、またまた松崎しげるレベルです。あんなに日差しがキツイんだから日焼け止め塗れって言ってるんですが全く言うことを聞いてくれません。
困ったちゃんですね。


で、いっぱいチャリを漕いで汗をかいた後はこちらです♪

P7230235.jpg


ルアンパバンで薬草スチームサウナの味を占めた私たち。
ここ、ルアンナムタにもあったので行ってみることにしました。

このドラム缶の中で薬草の入ったお湯がボコボコト湧いていてその蒸気が筒を通してサウナ室へと送り込まれているようです。この匂いがまた良い匂いなんですよ。
オカナの大好きなレモングラスの香りなんです。

P7230232.jpg


高床式の建物でとても開放的。

P7230223.jpg


ロッカーの一部にテレビが収納されています。

P7230226.jpg


サウナ室は男女分かれていて部屋は4,5人入れば満員になっちゃうぐらいコンパクトなお部屋です。オカナたちが行った時は誰も居なかったので横になったり壁越しから二人でお喋りしたりと、好き放題でした。
相変わらず中はスチームが充満していて全く何も見えません。
香りがとにかく良くってリラックス効果抜群です。

P7230222.jpg


あっち~~、けど、最高気持ちい~~♪

P7230230.jpg

後半になると女性客がやって来てやっぱり皆さんヨーグルトを持参してきて体に塗りたくっていました。
ラオスの女性はけっこう美容には関心高そうです。
室内はレモングラスの香りからヨーグルトの酸味臭に早変わりです。

いっぱい汗をかいたら憩いの場でひと休憩。用意されているお茶を飲んだりしてクールダウン。

P7230225.jpg


もうこれ病みつきになりそうですわ。
めっちゃ気持ちいいんだから。

次の町にもサウナあるといいな。


とまあ、ルアンナムタはこんな感じでした。
この町は経由地点として滞在せずに移動してしまう方が結構いらっしゃるようですが、それは勿体ないことです。
のんびりとした国のラオスに憧れてやって来る人だったら絶対にこの町はおススメだと思います。
私たちはルアンパバンよりもこの町の方が響きました。(食事は期待できないけどね)


今日はここまで。
読んで頂きコープチャイ。一日一回の応援クリックお願いします(^^)/~~~
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。