7
8
10
15
18
19
21
23
24
25
27
29
  11 ,2011

2年半に及んだ世界旅を終えてからの日常や料理のこと。


訪問者
プロフィール

たんたん&オカナ

Author:たんたん&オカナ
コックの二人が仕事を辞めて2年半の世界一周旅行へ。無事に帰国し結婚。再びコックの世界に戻り、日々奮闘。料理漬けの毎日を送る。

最新トラックバック
帰国から!
タイムカウンター
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30

Category: ケニア

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

ナイロビに到着!
ジャンボ!! たんたんです(^^♪

いろいろな事があり楽しかったトルコの旅も終わり、うちらが次の目的地にしたのは再びアフリカの大地!
しかし、今まで行ってきたアラビア諸国のアフリカではなく、タンタンがイメージしていたこれぞアフリカ的な感じのところ。

そう、まず最初に来たのは東アフリカでケニアの首都ナイロビ!!

このナイロビってところは世界的に犯罪都市として有名でやばいところみたい。
地球の歩き方のナイロビのページを見ると、「昼間でも絶対に出歩いてはいけないとか、移動は必ずタクシーを使うようにしろ」とか、歩き方の本なのに全然歩けないような事ばっかり書いてあるんです。

まあでも、アフリカに行ってる人のブログを見た感じでは、今は必要最低限の事は守ればそれほど危なくはないみたいでした。そういう情報があったから行くことにしたんだけどね!そうでなければ行かないです、もちろん。


今回はトルコのイスタンブールからエジプトのカイロで乗換えをしてナイロビまでやってきました。
利用したのはエジプトエアー。
つい最近トルコで一緒だった旅人が、うちらと同じくエジプトエアーでイスタンブールからカイロ経由でエチオピアに飛んだらロストバゲージになちゃった人がいたからちょっと心配してました。後にバッグはちゃんと手元に届いたそうですけど。

飛行機はイスタンブールを2時間遅れで出発!うちらはカイロでトランジットが7時間くらいあったから、そのくらいの遅れは全然問題なし!カイロ空港に着いて久々にコシャリが食べたいな~と、思って探したけどありませんでした。。。


Uuzgz.jpg
最初の飛行機で出た機内食
ナスのトルコ料理が出てきてこれが意外とウマウマだったよ!!他の機内食もどれもなかなか美味かったです!

やるな~エジプトエアー

そして今度はカイロを定刻通り出発してナイロビに着いたのが午前3時半ごろ!
イミグレでビザ代50ドルを払って無事すんなりケニアに入国・・・・・出来なかった~~(~o~)

うっそ~~ん!しかもオカナが引っかかった!

まず入国カードやらの書類を書いて2人一緒に入国カウンターに行ったら「1人づつ、レディーファーストだ」と言われ、オカナが先に手続きをしていました。そしてしばらくして他のカウンターが開いたのでタンタンも手続きを行いました。タンタンはここでビザ代50ドルを払って手続きをしたとき、そういえばオカナにビザ代のお金を渡してなかったことに気付いて、オカナの方を見るとなぜか既に入国審査を通過していた!

うん?ビザ代持ってないのに何で通過できてるんだ?

と、不思議に思いその後すぐ2人のパスポートを見比べてみたけど同じで、オカナのほうにもちゃんとビザシールが貼ってあった。

この事をたんたんの方の審査官に尋ねたところ、その人がオカナの審査官の所に行って何か命令口調な感じで何かを言っていたんです。
そしたらなぜかオカナの審査官のほうが突然訳の分からないことをぬかしてきやがった。

審 「なんだ、お前はお金を払ってないのか!!じゃあお前(オカナ)は入国させない
!たんたんの方はケニアに入国出来るけど、オカナは入国させないから日本に帰れ!!」

2人 「は???お前が代金の事何も言わずにそれで一度普通に入国させたくせにいきなり何言ってんだ?」

そんなやり取りを5分くらい繰り返しました。

よく分からないけど、お金を受け取らずに入国させた事をたぶん上司に指摘されて、その腹いせにわざとうちらに悪質な嫌がらせをしたんじゃないかという感じかな?

最後は相手もマジっぽいしこれ以上言ったらマジで強制送還状態になりそうだったから、ムカつくけどこちらからちょっと謝って、何とか通れました!

という事です。

でも、マジ焦った(ーー;)

ほんとに・・・・・

そんな感じのケニアデビューでした。

その後、心配してた荷物も無事に受け取り一安心。
でもまだ外は真っ暗だから明るくなるまで空港内で休んでました。
そして空港で、たまたま同じ日本人バッパーさんに遭遇!なので明るくなってから一緒にタクシーをシェアしてナイロビの中心地にある有名な日本人宿に行きました。

「ニューケニアロッジ」
ここはたぶんアフリカ大陸で一番有名な日本人宿です。
ここに来た理由は、やはりここにある情報ノートを見たかったのと、ここからサファリツアーを申し込もうと思っていたからです。

宿に着いて早速情報ノートを見てみました。やっぱり噂どうりここにある情報ノートの内容は東アフリカと南部アフリカを中心にした事がかなり満載!

必見です!!

お昼ごろになり、お腹も空いてきたので、同じ宿にいた日本人の人達と近くの食堂にご飯を食べに行きました。初ケニア食楽しみです。(^・^)


ISg6l.jpg
オカナチョイスのこれ!約160円
名前忘れた。このお店で一番人気みたいで地元の人達もみんなこれを食べていた。ご飯にスパイスの香りが効いていてどことなくカレーを食べているかのような感じの一皿!肉は硬かった。



1iQMN.jpg
たんたんチョイスのチキン&ライス!約250円
まあ普通、に美味しい。
まあそんな感じで初ケニア食は問題なく美味しい事が分かりました。量も多いから満足です!

それから近くのスーパーで買い物をしてから宿に戻りました。



Qzicr.jpg
宿の戻ると何か作ってました。



vustu.jpg
菜っ葉の炒め物と、白いのはこっちでは主食のウガリ。
ウガリはとうもろこしの粉を水を加えて火を入れながら練ったもの!それだけで食べたら無味です。でもおもしろい。


それにしても宿があるのはナイロビの中でも危ないとされてるダウンタウンの中心!だから昼間は人が多いいです!外出歩くときは貴重品を持ち歩かないなどの細心の注意が必要だね!!


l3TmP.jpg


O7mHp.jpg


snHvc.jpg


r0TFn.jpg
宿の屋上からの写真!こんな町です。

今ナイロビは小雨季のシーズン。午後は雨が降ってきちゃったし、夕方以降は外にも出られないからあとは部屋の中、そしてカチョウネットの中にこもってました!!

LsoKM.jpg




そんな感じでっす!!

しばらくしたらサファリに参加するつもりです。

でわでわ!(^^)!



応援クリックしてちょ~だいな!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

28

Category: トルコ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

トルコでの最後は!!
23日間のトルコの旅も遂に終わります。トルコはこの旅で滞在日数最多でした。その時間の中でいろんな出来事、思い出が沢山です。
再会、愉快な仲間達、アーティストとの出会い、たんたんの妹&いとこ(フミちゃん&メグちゃん)との合流、料理教室、圧巻の世界遺産(カッパドキア、石灰棚)・・・etc

トルコの居心地良さにハマム以上に癒されたオカナです。


きみ達にもね


55sAE.jpg


最後の最後にトルコで何をするべきか。
そう!それはトルコ料理を食べ尽くす!!今までも十分トルコ料理は味わってきましたが、世界三大料理ですぞ。今度はいつ食べれるか分かりませんのでね。
ってな訳でオカナ達はイスタンブールに帰ってきてからはゾンビのようにメシ~、メシ~!!と這いずり回ったのです。

ウソですけど・・。


トルコのドネルケバブは美味かった。これは羊のケバブ。本来の羊の臭さは全くなく、苦手な人でも大変食べやすい。そしてジューシーなんだ、これが。このケバブなんて日本の焼肉のカルビと変わらないぐらい美味い。

xh847.jpg



カラマル・タワ(イカフライ)&ハムスィ・タワ(イワシのフライ)
イカフライにはレモン汁、又はニンニク風味のヨーグルトソースで頂きます。く~ビールに合うわぁ~♪

Fgcj6.jpg


チー・キョフテ
挽き割り小麦と生の羊肉のペースト。ピリ辛であっさり

y8sA5.jpg


ちょっと脱線・・。

9Ce8S.jpg


オカナの大好きなスイーツ、キュネフェ。イスタンブールのキュネフェはトルコの中でも一番値段が高かったな。でも、そのぶん中身のチーズは多めだったけど♪
でもやっぱり、オカナはヨルダンで初めて出会ったあのキュネフェ(ヨルダンではカナーファという。詳しくはヨルダン編をチェックしてね)がマイベストで、アレを比較するとトルコのキュネフェはまだまだ。今日食べたこのキュネフェも味、サクサク感、チーズの量と総合的に考えると65点。
ちなみにヨルダンのは95点。(マイナス5点は大変heavyでもたれるということで笑)

WCnKN.jpg



昨夜、宿でヨルダンを旅してきたという日本人の女性に会いまして、カナーファのこと知っていますかと尋ねると「うん。私も同じもの食べました!」という答えが。
オカナ「(あの美味さは)やばくないですかッ!!」
お姉さん「はい!やばかったです~!!」
お互いの思っていることが一致したと2人、興奮しながらうんうん頷く。

オカナ「あ~!!もう、あのスイーツが恋しくって!!」
と、いうとお姉さん
「えぇッ!?・・・ いや~。私その逆だったんですけど・・」

どうやらお互いま逆の考えにも関らず勝手に思いは一致だったと思っていたらしい。
あれれれ~果たしてオカナの味覚がおかしいのか???苦笑


戻ります。


「lokannta」
ロカンタとは町の大衆食堂のこと。煮込み料理のお店や、ケバブ専門店、両方を出すお店と、3種類があります。オカナ達はこのロカンタを徹底的に攻め込みました。

新市街で偶然見つけた安くって美味しい隠れたロカンタ街。オカナ達の泊まっている宿からは片道徒歩1時間もかかるんだけども、それでも安くって美味しいとなればこんぐらいのこと!!


eCTi8.jpg



レンズ豆のスープ(左奥)、ニンニク風味のヨーグルトサラダ(右奥)は中に揚げた野菜(イモ、ナス)などがゴロゴロと入ってます。
クイマル・ユムルタ(左手前)トルコの家庭料理で挽肉の上に半熟卵を乗せて黄身を肉に絡ませていただく。ムサカ(右手前)揚げたナスと挽肉の煮込み。

V9J7G.jpg





感じの良いお父さんが働いていて、値段もびっくりの安さだった煮込み料理屋さん。ショウインドーの中にある料理を指差して。

BhhGG.jpg



鶏肉と野菜のシンプルな煮込み。味はポトフですね。お肉柔らかッ!

gHlLw.jpg



レバーのトマト煮込み
オカナセレクト。苦手なはずなのになぜかいつもあると頼んでしまう。相変わらずのプチ健康オタク(笑)でも、美味しかったよ

jGsQZ.jpg




トルコ料理、存分に堪能しました!デブ万歳!!
これで思い残すことなくトルコを去ることができます。ありがとう、トルコ。バイバイかわゆいネコくんたち。

明日は飛行機乗っちゃいます!

次なる国はアフリカ!ケニア~~~~!!!
きゃああああ~どうなっちゃうのアフリカ~。楽しみだけど恐いね・・・・。


中東とかでは意外とネットが快適に使えていたけど、今度こそアフリカはそうも上手くネットが出来ないと思います。なんでブログの更新がぐーんと遅まるかもです。お願い、忘れ去らないで(涙)
できるだけがんばって更新しますんで(>_<)

アフリカ。無理しない、危険なこと避けるを心がけて慎重に旅をしていきたいと思います。

それではまた!!!




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

26

Category: トルコ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ブルサのいろいろ見てきたよ
メルハバ!!おまっとさんでした。ようやくの更新でッす!

のどかな町、セルチュクにプチ沈没したのち、次の町へと向かうべくバスに乗り約7時間。
途中バスの中が何だか卵サンドイッチの香りだなと思っていたら、不運にも屁こき魔が同乗。10分おきに噴射される毒ガス。たまったもんじゃないです。中毒症状起こすわッ!!
ゲッソリなりつつもなんとか到着。
次なる町はブルサ。イスタンブールなどに続くかなり栄えた都市。現代と古き建造物、寺院、自然とが交じり合っています。

紅葉の並木道を走るトラムを囲むようにしてある商店街。

PTimM.jpg


そしてバーザール。ブルサンの名産品タオル
タオル地のバスローブは大変お安いそうです。うん。いらない!!

Q75Ty.jpg

もう一つ、トルコの代表的な民謡の伝統芸能「カラギョズ(影絵芝居)」の故郷がここブルサンなのです。カラギョズは海を越えたギリシアでも国民的な伝統芸能となっているらしい。
そんなガラギョズ・アンティークのお店がこのバザールの中にあります。

FkR55.jpg

GPBJM.jpg





食料品市場もどーんっとありました。

dWRln.jpg


1hIt1.jpg

新鮮で豊富な鮮魚。サーモンを1枚購入。またまた宿の方に無理なお願いをしてキッチンを今回もお借りちゃいました♪自炊できるとなると市場を歩くのもより一層楽しくなる。


060md.jpg




ブルサにも美味そうなお店がい~っぱい♪
ブルサはオカナのお気に入りのトルコ料理、ヨーグルトとドルネケバブの「イスケンデル・ケバブ」の本場です!
と、なればその元祖を食わないとでしょ!


これね、もう肉自体が美味い!薄く削いだ焼肉に溶かしバターが絡まってジューシーでコクが最高。

6USim.jpg



あとはこんなもの食べたよ。

「マンタル・ソテ」
マッシュルームと鶏肉のトマト煮込み

ov3qB.jpg



「サルチャル・キョフテ」
キョフテと野菜のトマト煮込み

GB2GQ.jpg


どちらもあっさり。マッシュルームに関してはイマイチ本来の旨みが活かしきれていなくってって感じだったかな。

「ピデ・エメッキ」
ピデの丸型バージョン。中身にはキョフテ(味付けしたハンバーグ)を載せて

7V2uj.jpg



釜で焼くこと約5分

WlF_k.jpg



香りは餃子の中身に近い、けどそこにアラビックなスパイスが加わった感じ。生地がめちゃモッチモチ。

5WU84.jpg



お菓子編

この町でよく見かけるこれ。なんだろうね。味と食感で判断するにはライス、卵、バターのような。でも、ハッキリとはよく分からない味。でも一回食べるとまた食べたくなる、そんなデザートです。

_jq6T.jpg


これはイスタンブールでもよく見かけたヤツ。オカナはもうチェロス系には目がない。このチェロスにこれでもかって位のシロップが浸みこんでいて、食べるとその激甘さに顔が「うへッ~!」って必ず歪む(笑)これ、1日1本って決めて毎日食べてました。

iInfq.jpg


自然豊かなブルサで村ありという情報をGET。行く気満々(もうどんだけ村好きなのよ、オカナたち)。バスで20分ほど走らせると小さな村「ジュマルクズク」が現れました。
すんごく小さな村なんだけども古式ゆかしい家並みが素敵でした。なんも無いところだったけどもぶらぶら歩いているだけで心癒されました。

gz8vr.jpg


opfFu.jpg


QX0wF.jpg

わ~い♪

9ViNh.jpg


・・あ、あった、そういえば。パン屋!すんごいいい香りに誘われて見つけたここ。外から覗いてたら「入って来いよ♪」と言われて厨房の中を見学。
バケット生地を作り、焼いていくといった工程を絶えず行う。
釜の中はめっちゃ広くってええ!まだ入るの!?ってくらい。次々に入れていく。
ほんま、ええ香りやわぁ~。幸せの香りどすぅ~♪

IGtUk.jpg



宿に戻ってこの日の夕食作り。
市場で新鮮な脂ののったサーモンを買って、キャベツ、玉葱、ピーマン、それに頂いたインスタント味噌でちゃんちゃん焼を作りました。自炊し始めてからというもの、ずっと和食続き。和食最高です。


食後は宿の方や知り合いの兄ちゃんが連日興味深い所へ連れてってくれました。

「メヴレヴィー教団」

トルコでは世界無形遺産にも登録されている有名な踊りがあってその名は「セマー(旋回舞踊)」。

Qwa_Q.jpg

バックコーラスが歌いだしたと思った瞬間ダンサーの白い服着たお兄ちゃん、僕ちゃんたちが突然くるくると回りだします。
おお~!!なんじゃこりゃぁ~・・・(真ん中のおっちゃんは首だけをぐるぐる回します)

jbCoF.jpg



右手を天に、左手を地に向けているのは、右手で神の恵みを受けとり、左手でその恵みを人々に与えることを意味しています。そして、回転し続けることで、自我を捨て、神と一体となることを目指すらしい。
すごいです。約30分もの間彼らはノンストップで回り続け、儀式(音楽)が終わった瞬間、ピタッっと定位置に止るのです。誰も全然ヨロヨロしていなかった。
でも、僕ちゃんの1人が鼻をグスングスンしてたな。あれは必死で耐えていたのであろう。よくがんばった、君!




yK9QO.jpg


そしてもう1つはとあるチャイ屋さん。ここでは民謡音楽を堪能してきました~

T34pj.jpg

演奏にうっとりして~♪

81DJK.jpg


ノリの良いトルコ人に酔いしれて~♪

yCqh1.jpg


おじいちゃんが紛れ込んできて~♪

bZYwg.jpg


こんな感じのブルサでの3日間でした~♪
2週間とちょっとでトルコをざっと周り終え、今日イスタンブールに帰ってきました。トルコも冬に入りベストシーズンが終わり観光客も以前と比べてぐーんと減っていました。おかげで宿の値段も下がったぞ♪
オカナ達はここにあと3日ほど滞在し、次なる国へと向かいます。ドキドキ。


Ps. 4日間もブログ更新していなかったのにも関らず拍手がめっちゃ入っていてかなりハッピーなオカナです。あざーっす!!



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。