5
7
8
9
12
18
21
25
27
29
30
  07 ,2013

2年半に及んだ世界旅を終えてからの日常や料理のこと。


訪問者
プロフィール

たんたん&オカナ

Author:たんたん&オカナ
コックの二人が仕事を辞めて2年半の世界一周旅行へ。無事に帰国し結婚。再びコックの世界に戻り、日々奮闘。料理漬けの毎日を送る。

最新トラックバック
帰国から!
タイムカウンター
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

31

Category: 中国

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ニーハオ!中国


ニーハオ!  たんです。


只今、中国です。


あれ?

ブログ更新出来てんじゃん!!


どうやら中国入る前にやっておいた対策が上手くいったようです。
なのでブログ更新しまっす(;^ω^)


え~と?

ラオス最後の町ルアンナムターから中国へはバスで!
町のバスターミナルから国境のボーテンまで2時間ほどです。
バスターミナルで会った同じ宿に泊まっていた欧米人のカップルとたまたま会い、どこ行くのか聞いたら同じく中国との事。なので一緒に行きました。



これがラオスのイミグレ!


こんなに金ピカな国境はお初です(*´з`)
国境をこんなにも金色に染める必要があるのかどうか?
でも外観の割に中身は凄い質素な造りでした。
ラオスいた時はこんなに金のイメージ無かったけどね!

サラッと出国してちょっと歩くと今度は中国の国境。
写真撮り忘れたけど中国のイミグレ建物の方が立派だった。。

欧米人のカップルはここからヒッチハイクで目的地まで行くみたい。
東南アジアの他の国も出来るところはヒッチでやって来たらしいけど、ラオスは全然だめだったって言っとったよ。お元気で!!

とりあえずウチラはここからバスに乗って景洪って所まで行きます。


それにしても中国に入ったらだいぶラオスとは町の雰囲気が違って、ラオスよりもだいぶ発展してました。

町は一気に漢字だらけになったし、そこらじゅうに中華の美味しそうなお店が立ち並んでるしでね。

いや~~中国に来たんだな~~ってしみじみ。


さてとりあえずバスです。

ちょっとドキドキ・・・

と言うのも中国のことを調べ始めたら、中国人はバスの中でもギャーギャー騒いだり、タバコ吸ったり、床に唾吐いたり、などなど、バスに限らず電車の中などでもとてもマナーが悪いって事を知ってしまっていたんです。

だもんで、実際はどうなのかな~~ってね。

はい、そして景洪までのバスは時間どうりに出発、予定では3時間。

乗客はウチラ以外みんな中国人。


結果的にはみんなとってもお利口さんでした。
ウチラ的には良かったんだけど、構えてたぶんちょっと拍子抜け。
特に何もありゃ~せんでした。

そんで景洪についてとりあえず元陽って所に行こうとしたけど、そこからはダイレクトのバスが無かったので、そのまま大理に行くことにしました。

だけど夜行バスは無く朝発のみ。

仕方なくそのチケットを取ってその日は景洪に1泊することに。


だけどこの町の情報も地図も何も持ってなかったから適当にバスターミナルの周辺をウロウロ・・・


とりあえず安宿の目印は「招待所」って単語らしい。

適当に見つけたところはなんかよく分からんところで、下が食堂になってて多分その上が泊まるところなんだろうけど、どこが入口かもわからんし言葉もじぇんじぇん通じんしで、イラッときてパス。

その後見つけたところは外見は汚いけど中の部屋は普通だったところで、まあ値段もまあまあだったからとりあえずそこに決めた。だけど身分証を求められて提示したらちょっと困った感じで奥の方にいる別の家族んところにいって聞きに言ってたわ。

事前調べだと中国の宿ってのは、外国人NGなところがあってあと必ずパスポートとかの提示が必要。

たぶんそこは外国人NGのところだったんだろうけど部屋を案内してくれた人は「まあいいじゃない」みたいな感じだけど、奥にいたオヤジさんは「いや~ダメだやめとけ!」みたいな感じだったけどまあ何とか泊まることが出来ました。外国人止めたのが警察にばれたら宿が罰金を払うことになるらしい。。


さて、まあとりあえず宿も決まったので飯でも行きますか~~!!

もちろん中華でしょ( *´艸`)


飯食う所は探さなくてもそこらじゅうにありまっす。

適当に食堂的な雰囲気のところに入って注文。

P7280012.jpg
とりあえず食器が運ばれてきたと思ったらこんな感じだった。
ラップに包まれた一式。
お~~以外にも清潔感ある。

たぶんこれレンタルなんじゃないかと思たよ!

P7280016.jpg
んで、これ食べた。
空芯菜の炒め物と回鍋肉!

相変わらず旨し( ゚Д゚)

いっぱいあったご飯も全部たいらげますた。。
満足、満足。


いや~それにしても中国。

町は漢字だらけ、なのに全然意味わからん!
多少わかるものはあっても薄っすらこういう意味かなくらい・・・

それでいて英語もほぼ全くと言っていいほど通じないから
とりあえず筆談戦になります。

こっちで何とか漢字を書くけどそれも向こうにはほとんど通じんし、向こうが書いた漢字ももちろん分からん。


ふふふ・・・まあこういうの新鮮な感じがしていいけど疲れるよね~~


でもね、中国人今んところはこっちから何んか聞いても色々と親切な印象だね。

まち歩いててもそんなにみんな「かぁ~~~っっぺっ」って唾はかないし・・・

あ、でもタバコ吸う人はかなり多いいよ!


あ、そういえば2回ほど普通の道端で小学生くらいの女の子がお母さんにウンコスタイルのまま抱えられてビニール袋の中にウンコしてるっていう衝撃的なもん見たし、そのおしっこバージョンも見たわ!
中国じゃあ普通らしいけど、ちょっとね~~堂々とやり過ぎでしょ・・・・・


色々と驚くことも多そうですな!



はい、そして翌日は8時半発のバスで出発。

P7290024.jpg
と、その前に朝食用にかった肉まん
こういうの売ってるお店も朝はいっぱいあります。


そして再びバスターミナル。

P7290027.jpg
今日のバスはコレ。
ってこれ寝台じゃん( ゚Д゚)

普通の座席だと思ってたのにまさかの寝台。

中身はこんな!

P7290029.jpg
2段ベットで横に3列仕様。
ベットはほぼフラットで幅は体にぴったりサイズ。
枕と掛布団が付いてます。
そしてバスには靴を脱いで入ります。これ初めて!


これ意外と楽。

むしろかなり楽。(^^)/~~~

だってお尻が痛くならないんですもん。

ここでも特にマナーの悪い乗客もいなくて快適バス移動。

んで、今回のバス目的地に何時ごろ着くのか全然知らなかったんだけど、たぶん12時間ぐらいかななんておもってて、あと1時間くらいで着く頃かな~って頃に食事休憩に入った。

あれれ?もうすぐで着くんじゃないの?と思ってそこで初めて何時に着くのか聞いたら夜12時とか・・・


なにその中途半端な到着時間設定。
マジ勘弁


結局その時間に到着しても~~た。
「朝までバスの中で寝ててもいい?」って聞いたけどダメだった。

あ~あ、ここ大理のどこら辺?

ここも地図も何も持ってなかったからね。

ウチラが最終的に行きたいのはここから路線バスに乗って40分くらいのところにある旧市街。


あいにくもう路線バスは終わってた。
宿の客引きはいっぱいいたけどたったの数時間だったら朝まで野宿するかって思ってベンチに座ってたけど結局安い所に泊まりました。あはは。


そんな感じの? 中国入ってからの2日間。


中国意外と物価高いね!


どうしましょ!


P7290035.jpg






応援クリックお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

28

Category: ラオス

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

そうゆうこと!

サバイディ~ たんです。



ムアンシンからまたルアンナムターに戻って来ました。

そしてここでのんびり2泊。

これから先の調べ物なんかをやったりお気に入りのサウナにもまた行きました。


そしてこれから中国に入りますが、なんでも中国はネットの規制が厳しいらしいのです。

だからブログ更新もどうなるか分かりましぇん。

ウチラのブログは殆どリアルタイムで更新してきているので
予約更新する記事もないから中国に入って書けなかったらしばらくは更新されないと思っとって下さいまし。



でわでわ!

中国に行ってきます。


再见。



P7270023.jpg







更新されなくてもココのクリックはしてね~
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
(^_-)-☆



26

Category: ラオス

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ラオスの田舎で村巡り

サバイディー たんです

前回の記事、途中から眠すぎてリタイアしちゃいました。
どうもすんません。そしてありがとうオカナさん。

今日はちゃんと最後まで書いたるで!

今日はルアンナムターから近場の町に移動です。

バスターミナルからミニバンで約2時間のところにあるムアシンって言う町です。たったの2時間なんで楽勝な移動だったけど、途中の道は昨晩に降った激しい雨の影響でか、至る所で土砂崩れがありました。酷いところは道半分まで塞がってたもんね!怖い怖い。

そして到着したムアシンて町は、田舎だったルアンナムターよりも更に田舎な感じでのどかな雰囲気全開。


P7240245.jpg
メインの通りから1本入ればこんな感じでアスファルトもなかった。
日差しがほんときっついよ(;´∀`)

バスターミナルから宿がある通りまで歩いて、本日のお宿が決まったらちょうどお昼の時間。

さあ食べるとこ探そうってところだけど、実は今日のお昼食べるところはこの町に着いた瞬間に決まってました。
実はバスターミナルの敷地内にある中華料理のお店を発見していたのです。

この町は中国との国境にある町で、ルアンナムターもそうだったけど、この町にも中国人が住んでいたりするせいか、中華のお店も良く見かけます。街にも中国語、すなわち漢字の看板なんかも沢山あるんです!

だけどラオスにいる間はラオス料理食べようって決めてたんだけど、美味しそうな中華には勝てませんでした。。。

入ったお店っていうか屋台みたいなところだったけど、作り置きしてあるおかずから好きなの選ぶ感じだったから、おかず3品とご飯を注文。


P7240251.jpg
トマトと卵の炒め物だよね!



P7240253.jpg
豚バラの煮込みみたいなのと、ゴーヤと豚の炒め物。



・・・・・・・いや~~なんだろね!

もうほんとにウマ過ぎてビックリしちゃった。
白飯に合う味付けでほんとにヤバかったΣ(゚Д゚)

ラオス料理に退屈してたから感動も大きかったんだと思う。
ホント感動したわ。


P7240294.jpg
茶がうまいね!中華の油っこさによく合いますよ。

そしてウチラが食べ終わってまったりしてたら、突然背後から誰かが俺の腕を掴んできました。何?と思って振り返ると鍋を振ってたこのお店のおっちゃんでした。

お互い言葉が分からなかったけど
おっちゃんは俺を店の奥の方に連れて行こうとしてるみたいでした。俺も状況が全く飲み込めなかったから、「ちょちょちょ」みたいな感じで軽く抵抗しながらもおっちゃんについてったら、お店に貼ってあった世界地図の前で止まりました。

そしておっちゃんは中国と韓国と日本を指さしてなんか俺に言ってる。。

なるほど、このおっちゃん(たぶん中国人)は俺がどこの国のヤツか気になってたんだな~~って分かった。

もちろん俺は日本の場所を指さしてここだよ!って言ってやった。
おっちゃんの顔色変わるかな~~ってちょっとドキドキしたけど、おっちゃんはちょっと驚いた様子で「お前ホントに日本人か~~」ってな感じのことを言って笑ってた。。

良いヤツそうな感じの人で良かったわ!

やっぱり最近の問題のこと、ラオスで生活してる中国人ですら気にしてるんだって思ったよ。


そして次の日はまたチャリンコを借りて周ろうと思ってたから、レンタルしてる所を聞いたら泊まってる所とは別の宿で貸してるって分かったんだけども、そこに至るまで何人かに聞いてまわったんだけど、この町の人なんだかみんなやる気ね~~って感じ。。

でね、この町にもサウナが2件あるみたいで尋ねてみたら2件とも今はもうやってないとの事。

なんかこの町一昔前はもっと旅行者でにぎわってたんじゃないかと思うような感じで、今は逆にどんどん廃れていってる感じがちょっとした。。

確かにこの町では旅行者ほとんど見かけないからね。
まあウチラはその方が好きだけど。

ちなみに今夜も別な店で中華食べてしまいました。
美味かったっす。だけどとりあえず1皿の量が多いぜ!!


翌日

朝市をやってるバスターミナル隣のマーケットへ


P7250004.jpg
ここの朝一にはこの周辺に住む山岳民族の人たちが野菜を売りに来たり買い出しに来たりしているとのことで、それを見たくてやって来ました。

この周辺にはアカ族やモン族が住んでるらしいんですけど、正直どれがどれか分かりましぇん。
だけど、確かに民族衣装を身にまとった女性たちがちらほらいらっしゃいました。


P7250010.jpg
左側を向いて座ってる人は髪型がお相撲さんみたいにしてる族の人で、逆の右側を向いてる人らは紫系のを頭に巻いてる感じで、それぞれ別々の族の方たちですね!

なんかちょっとワクワクしましよね。この感じ。グアテマラぶりかな。


P7250031.jpg
これもまた違う族だよね!派手な頭飾りだな~~



P7250033.jpg
コレはどうだろ。よく分からん



P7250030.jpg
これ何売ってんだろってよく見たらコウモリだったよ。
これも食べるんだってさ!どう調理すんのかね?


P7250020.jpg
ムアシン版のカオソーイだと思うけど、ここのは最初っからスープがこの色で味が今までと違った。きっとここだと中国の調味料が手に入るからそれで味付けがだいぶ変わったんだろうね!

そんな感じで朝市を周った後はチャリを借りてサイクリング!!

とりあえず中国とのボーダー方面に向かって道を進んで行きます。



P7250059.jpg
この町もルアンナムター同様、一面田んぼが広がってました。
今は田植えが終わったばかりみたいでまだ稲は小さかった!

そしてひたすら特に何もないまま10キロくらい走ったら着いてしまった。


P7250051.jpg
中国とのボーダーに(;´∀`)
そういえばここに向かう途中にすれ違った車は殆どが中国ナンバーだったな~~~


P7250052.jpg
だけどここのボーダーは外国人は通過することが出来ないポイントなんです。なんか見た感じ凄いゆるそうな感じだったから自転車に乗ったまま通過しようとしたらいちようちゃんと止められた(*^^)v

ちょっとチャリダーさんの国境越えの気分を味うことがでけた。

ってなわけでまた引き返すことに。

だけどその途中で朝市にいた族さんと同じ人達を見かけた~~


P7250048.jpg
どこら辺住んでんの~?って聞いたら指を差したのでそっちの方の道に行ってみた。


P7250071.jpg
道がぐちゃぐちゃだったけど。。
そんな道を20分ぐらい進んで行ったらありました。


P7250077.jpg
PHAYALAUNG村
この村にはアカ族の人たちが暮らしてます。


P7250099.jpg
家はどれもこんな感じの高床式です。
この何とも言えないローカルすぎる感じが
まさに世界ウルルンって感じです!



P7250087.jpg


P7250091.jpg


P7250110.jpg


P7250126.jpg
村の子供たちは最初俺たちのことを見ると、「なにか雰囲気違うやつらが来たぞ」と言う感じで見てくるけど、ちょっと打ち解けるととっても可愛い笑顔を見せてくれます。
ほのぼのしててよかったよ~~

だけどお目当ての派手な頭飾りを付けた人は何人かいたけど、写真はお断りされました( ;∀;)


そして今度はそこから3キロほど離れたまた別の村へ


P7250144.jpg
NAMMY村
ここも同じアカ族の村みたい。
だけどちょっと違った。


P7250180.jpg
頭にターバンを巻いてます。
インドで見たシィク教の人みたいなやつです。

面白いね。
同じアカ族でも集落が違うだけで飾り方が全然違うから。



そして村を歩いてたらお土産を見せられて試着してみた

P7250159.jpg


P7250165.jpg
何これ?
この村でこれ着てる人誰もいないし・・・・・
ホントにここの衣装なのか?
まあたぶんお祭りの時に着るようなやつなのかなってことで。


P7250175.jpg


P7250186.jpg


P7250190.jpg
こっちの村の方が最初のところよりも大きくて人もなんか素朴な感じがしたよ。それにしてもみんな子供がかわいかったな~~

ってやってたらお腹もすいたので、
一旦村巡りを中断して町へ戻り、またあの中華屋さんへ直行いたしました。


P7250206.jpg
今日は乗っけてもらった。
あ~~うまし( *´艸`)
やっぱり運動した後のメシは旨いね。茶も旨い。


P7250217.jpg
このおっちゃんね!
昨日俺の腕を掴んで確認してきたの。
いい人だと思うよ。

午前中で往復30キロ近く走ったからかオカナさんはもう午後は乗らないとの事。リタイア宣言出ちゃいました。

なので午後は俺一人でちょっとだけ。

P7250230.jpg


P7250235.jpg


P7250237.jpg

ってことで村巡りサイクリング終了


今回訪れた村以外にもこの周辺にはまだまだ沢山村があるので時間と体力があればもっと周ってもいいかもね!


P7250251.jpg
そして晩御飯はまたしても反則の中華(;^ω^)


P7250260.jpg
たった2品だけどわざわざ回してます。
ふふふっ( *´艸`)



そんなムアシン。


ほとんど観光地化されてなくて本来のラオスの姿が見れたようで良かったよ。

おすすめ


P7250136.jpg


あ~~ケツ痛い( ;∀;)




応援クリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。