1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

2年半に及んだ世界旅を終えてからの日常や料理のこと。


訪問者
プロフィール

たんたん&オカナ

Author:たんたん&オカナ
コックの二人が仕事を辞めて2年半の世界一周旅行へ。無事に帰国し結婚。再びコックの世界に戻り、日々奮闘。料理漬けの毎日を送る。

最新トラックバック
帰国から!
タイムカウンター
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14

Category: フランス

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ニースの町で出会った感動の一品
オカナです。

フランスに入り、北上したせいか気温が若干下がり涼しく過ごしやすいです。

ニースはフランスの南東部に位置する都市で、地中海・コート・ダジュールに面する、世界的に有名な保養地・観光都市。

海に面したニースで2人が楽しみにしていること、それは本場の「ブイヤベース」を頂くこと!!

さーって、ブイヤベースを目指して!・・ではなくニースの町へ繰りだすぞ~!


まずは適当にぶらぶら歩いているとパン屋を発見。どれどれ~っと覗いていると、美味そうなパンの他にもちょっとした焼き菓子なども。

さすが、おフランスどれもキレイな仕上がりです

034_convert_20110813235903.jpg


甘いもん大好きたんたん、林檎のタルトを購入。表面の飾りだけでなく、中にも林檎がぎっしり。タルト生地はサックサク
037_convert_20110814014621.jpg




「マセナ広場」

013_convert_20110814011031.jpg


まあまあ、ご丁寧に。

CdqVl.jpg



ビーチはもの凄い人。
LxweF.jpg


ヨーロッパのみなさん、本当日光浴大好き。キレイなお姉さまもおっぱいぺろんとむき出しでございます。

mKirc.jpg


旧市街へGO!


旧市街はかなりの広さ。くねくねの細道はしずかな落ち着いた場所もあれば、観光客で賑わう場所も。

044_convert_20110814010510.jpg



045_convert_20110814003219.jpg




なぜか肉屋さんには必ず行列ができていた

1Q1sI.jpg



塩&スパイスのお店。かなりの品揃えで、特にたんたんはスパイスの観賞に夢中


063_convert_20110814002053.jpg



たんたん「あ~・・これでカレー作りて~!!」

060_convert_20110814002511.jpg




紙袋やるから、糞持ち帰るんだよ~ん

pK6q1.jpg



オサレなギャラリーもあれば軽食屋さん、きちんとしたレストランもあって見飽きない!

068_convert_20110814002904.jpg


lAJtE.jpg

ニース名物、「ラ・ソッカ」ひよこ豆のクレープでございます~

FasZc.jpg



そしてやっぱりここは海に面した町。

RrhzA.jpg

至る所で魚介類を見かけます

041_convert_20110814001244.jpg


049_convert_20110814001747.jpg



お腹の虫も鳴っています。旧市街にも沢山の美味しそうな飲食店を見つけたけど、今回は事前に調べておいたお店へ。こことはまた別の場所なので旧市街とはここでお別れ。

_gWEh.jpg



旧市街から歩くこと20分ほど。港に面した場所にその店はありました。

「LES PECHEURS」

出来るだけいろんな味を味わってみたいということで選んだのは前菜、メイン、デザートのコース。

お初おフランス。しかもコースです!胸が高鳴る~♪


093_convert_20110814010031.jpg



<前菜>

鰯のニース風サラダ。キレイに飾られた鰯(鰯は蒸したのかな?)の中には野菜のラタトゥイユ。


078_convert_20110814003545.jpg



魚介のスープ。店員が熱々のスープが入ったナベを持ち運んできて、目の前で注ぐスタイル。
たんたん、オカナ「お、お~~~!!(小声で)」

081_convert_20110814003952.jpg



いい香りです。口に含むと・・やっばーーーーーーーーーーーーィ!!!うんめ~(泣)
魚介の香り、特にカニです。カニなんです!まるで洋風カニのミソスープ、そこにサフランの香りをプラスしたような。もう、魚介のエキスがふんだんで凄く濃厚。飲むたびに唸ってしまうんです、これが(笑)

このスープには付け合せのバケットとがあって、生のガーリックを擦りつけてスープに浸す、又は付属のソース(これがまた美味い!!)や、チーズを乗せて頂きます。

18XC6.jpg



びっくらこいたのがスープは御代りが可能ってこと!
「御代りいかがですか?」なんて言われて、えー!?マジ~!!??って感じで。
そんな訳で恥じも捨てて、お願いしちゃいました(笑)

前菜だけでもかなりのボリューミー。


<メイン>

タコの煮込み。ふんだんに入ったタコは柔らかくスパイスの効いたソースがいい感じ。

088_convert_20110814004631.jpg


付け合せのこれはキュウリのソースと言っていたな。温かくスパイスの効いたタコ料理を和らげてくれる、そんな感じ。独特な味でクセがなくマイルド。あまり味わったことのない味。うまく説明できないな(笑)でも、オカナは結構好きかも。


サーモンとスズキのバプール。三つ編のように編んだ魚を蒸したもの。下にはポアロー葱のソテーが。ソースがこれまた独特でグリーンカレーのような香り。味はアッサリめでした。

5srrd.jpg



メインに関しては評価は普通。でもか~なりお腹いっぱいです。




<デザート>

ラベンダーとストロベリーのブリュレ。入れ物が缶詰めの容器に入れられていて遊び心がでてます。ブリュレは滑らかで濃厚。特にラベンダーの方は香りが良かったです。

pOd6k.jpg



ピーチのティラミス
これまた容器が面白い。ジャムなどに使うようなガラス容器です。これまたピーチの香りがよく、滑らか。中にはお酒のシロップをよーく含んだしっとりのスポンジケーキ(これだけでも美味い!)
付け合せ(飾り)のアベジャ。懐かしかったな・・。オカナがフレンチレストランでデザート部門を任されていた時によく作っていた時の記憶が蘇るようです。

094_convert_20110814005110.jpg




以上でコースは終了。お値段は一人29ユーロ。一品一品がとんでもなく量が多い!!これで29ユーロだったら絶対にお得です!!
特にあの魚介スープを頂けただけでも満足できちゃう感じ。

ご馳走様でした!!!



お腹まんぷ~!苦しッ!!

102_convert_20110814005539.jpg



食後は近くの丘で町の景色を眺めまして終了

OV4i1.jpg

KgPLT.jpg



1OOwi.jpg



おまけ。

今回宿にキッチンがあり、夜は2日間とも自炊をしました。キッチンには醤油があったので、野菜数種類と豚肉で野菜炒めを作りました。大体の旅人は簡素な料理(パンとチーズ、ハム)、作るとしてもパスタ(これまたビンのソースを絡めるぐらいのも)程度。
だから私達の作る料理に興味深々の様子で見入っていました。
毎回宿で料理をするとこんな感じ。
「う~ん、いい香り!」「美味しそう~!」なんて言われるんです。
その度に鼻高々になっちゃうのだ(笑)

どうだ~!凄いだろ!!わっはははは~!!




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。