1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  05 ,2017

2年半に及んだ世界旅を終えてからの日常や料理のこと。


訪問者
プロフィール

たんたん&オカナ

Author:たんたん&オカナ
コックの二人が仕事を辞めて2年半の世界一周旅行へ。無事に帰国し結婚。再びコックの世界に戻り、日々奮闘。料理漬けの毎日を送る。

最新トラックバック
帰国から!
タイムカウンター
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

29

Category: スペイン

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ボニートなコルドバで情熱的フラメンコ

ボニート(かわいい)オカナです。
・・・ウソよ



バルセロナを早朝発ってコルドバ行きが出ている駅まで地下鉄で向かいました。途中、同じ車両に乗っていた地元のおっちゃんに突然話しかけられ、TOSHI,TOSHI!!と言ってきました。
何だろうとおっちゃんの持っている携帯の画面を見るとTOSHI KUBOTA
うん?ひょっとし久保田利伸のことか??
おっちゃんはイヤホンを付けながら嬉しそうにTOSHI~♪~TOSHI~!!と言って去っていきました。
スペインではこんな感じに陽気な人が多くって楽しいです。

目的の駅に着き、乗る予定のホームに行こうとすると荷物検査がありました。空港でやる荷物を機会に通すあれです。
しかも切符チェックゲートまで空港と同じような感じ。とても厳重なんです。こんなの初めて。
ひょっとして2004年に起きたスペイン列車爆破事件がからんでるのかな?

8XUeS.jpg


車内は広々としていてなかなか快適でした。外の眺めは今までのヨーロッパらしい風景とは一転、黄土色の景色がずーっと続いていました。これもこれでまた雰囲気があってなかなかいい。

CGgEP.jpg



4時間半後、コルドバに到着。太陽の国スペインのそのまた太陽の国、めちゃんこ暑いアンダルシア地方のひとつ、コルドバは日差しギンギン。無事宿に到着するとレセプションのおにいちゃんが先週までがこの町の暑さがピークだったとのこと。なんでも40℃をいってたそうで。
きゃ~~~~。恐ろしい~・・・・


私達のいる宿は世界遺産に登録されている「コルドバ歴史地区」の中にあります。



宿の内装はかわいくペイントされてあったり・・。ボニート!!

U3o9M.jpg

お部屋は2人部屋のトイレ、バス、クーラー付き

今回の宿にもキッチンがあり自炊できそうだ。この日着いたのは夕方。近くのスーパーに買い物に行き食材調達。
でっかいスーパーで、生ハムの塊がこのとおりずら~っと揃ってます!!

1Q9T_.jpg


3日分の食材と生ハム、シャンパンを買って帰宅。ぱぱっとグーラッシュを作り宿にあるベランダで頂きました。見晴らしよくって気持ちいいんだけど、西日が眩しくってあっついな~(笑)

Dm5bs.jpg



ohiP4.jpg


食後はまったりと。ベランダから見る夕方のコルドバ歴史地区

7pMxV.jpg


旅人たちとの会話。今回この宿で出会った東京都出身の圭太さん。プロのカメラマンを目指していてフランスで開かれる写真の展示会に参加しつつ、ヨーロッパを旅しているという方。見せてもらった写真は本当に素敵でさすがプロを目指しているだけあるなと感心してしまいました。自給自足などにも興味がある圭太さんにたんたんは同じ匂いを感じたらしく嬉しそうだった。確かに雰囲気がどことなく似てたかも 笑
オカナと歳が1つ違いだなんて信じられないくらい落ち着いていて、きちんと自分というものを持っていらっしゃる方。オカナも見習わなくっちゃな・・リスペクト。

ZEF4f.jpg




快適な一夜が過ぎ、次の日の朝、早速コルドバを観光



<メスキータ>

8世紀から10世紀にかけて築かれた、当時、世界最大のモスク。 アラブ時代よりはるかに古いローマ時代の遺跡である柱を1000本以上を使って作り上げたそうな。16世紀にはその中央を取り壊してカトリックの大聖堂が増築されています

グアダルキビール川の対岸からメスキータを臨む

FzysZ.jpg


メスキータ

この時はちょうどミサが行われている最中だった

tdb0L.jpg



メスキータ内部「円柱の森」

ZibU9.jpg


VZI9N.jpg




彫刻コレクション

Hyd1e.jpg


ADmMb.jpg


昔のタイル?凄い。大昔からこんな素敵なタイルって作られていたんだ。

RHx_p.jpg

CZ2CM.jpg



<ユダヤ人街>

メスキータの北にある入り組んだ街路の地域。スペインでは珍しいシナゴーグ(ギリシャ語のシュナゴゲー(集会所)に由来するユダヤ教の会堂の事)や白壁に花の鉢が飾られた観光スポット「花の小径」がある。
迷路みたいな細道を歩く度にワクワクしてしまう。



dP3rq.jpg

花の小道からメスキータが望めます

aazmK.jpg



h2MDY.jpg




ボニートギャラリ~

3nlb3.jpg


6uYUE.jpg


Bc1Rk.jpg

xhbVQ.jpg


Hv7_b.jpg

1z2ME.jpg

ポケモンカードで対戦中

Wtug8.jpg


可愛い雑貨もいろいろあってほしくなってしまう

qiwJM.jpg


gJZlZ.jpg



あなたのご家庭の表札にいかがざんしょ?

MhKtf.jpg



テンゴ・アンブレ!(腹へった~!!)

ランチはお初のタパス屋です!宿のおにいちゃんが教えてくれたここはなんでも美味いスパニッシュオムレツが頂けるとのこと。そりゃあ楽しみだ!!
NStFv.jpg




どれどれスパニッシュオムレツはどこだ~??




どっひゃあ~!!マジっすか!!??

ありえないデカサ・・・

zFPAL.jpg


頂きました。オムレツ&タパス(手前がシーフードと卵のサラダ、左が小鹿の煮込み)
オムレツにはジャガイモがぎっしりと詰まっていて口にふくむと卵とチーズの香りが広がって美味。タパスも美味かった!!

Xqji5.jpg



町を再びぶらぶら。途中見かけるフラメンコの絵。ふむふむ。ここではフラメンコショーが行われているのだな。

アンダルシア地方といえばあの有名なフラメンコ発祥の地。そんな場所に来ちゃったからには見るしかないっしょッ!ってなわけで夜を楽しみにしながら宿に帰宅。

宿でNHK「おひさま」見たり、洗濯物したりして気付けば夕飯時。この日は前日から決めていた「豚肉定食」を作りました。
本当は豚の生姜焼きをしたかったんだけどもスーパーで生姜とみりんが手に入らず。でもなんとか近いものが作れればとやってみたのが醤油+オレンジジュースにニンニクと玉ねぎの摩り下ろし。豚肉をそれらの合わせた汁に漬けて焼いてみたらめっちゃいい香り♪期待大♪♪

こんな感じで出来上がり~。久々の和食最高でした!!!また作りたい!!


XtDb3.jpg

食後、気持ちのいいベランダでみんなで談話。
夜の10時を廻った頃に近くのフラメンコショーがやっているバーへ。圭太さんも一緒です。入場料一人€12でドリンク1杯がついてきます
ZPu9H.jpg


いよいよ始まりました。

圧巻の一言です。


歌い手のおっちゃんの奥底から響く深い声・・目にも留まらぬ速さで華麗に奏でるギターと太鼓。掛け声と手拍子で魅せるおじ様たち。
か、かっこよすぎる・・・ 吸い込まれそうだった、彼らの迫力に。

xsds5.jpg

そしてメインというべき踊り子登場。おばちゃんだけどキュっと引き締まったボディラインにキッ!っと引き締まった表情で踊るダンスはとてもかっこよく、女のオカナでもそそられてしまった。
とにかくみんな半端じゃない。何がって?「魂」の込めかたが。
いやあ~。面白かったです。出来ればまた見てみたいなフラメンコ。


nQKMJ.jpg



次の日の今日はOFFデー。ちょっとお外をぶらついたり宿でぐーすかしたりと、たっぷり体を休めさせました。この町が小さな町で静かなのでそんな風に気持ちよくリラックスができます。

明日はバスでバレンシアに向かいます。

ほんじゃまた!!


今夜の夕食(カリフラワーのクリームパスタ、生ハム添え)

RSXV0.jpg



クリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。