1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

2年半に及んだ世界旅を終えてからの日常や料理のこと。


訪問者
プロフィール

たんたん&オカナ

Author:たんたん&オカナ
コックの二人が仕事を辞めて2年半の世界一周旅行へ。無事に帰国し結婚。再びコックの世界に戻り、日々奮闘。料理漬けの毎日を送る。

最新トラックバック
帰国から!
タイムカウンター
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03

Category: スペイン

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

マドリッドで危機一髪!!

トマトの夢は見なかったけど、ジャッキー・チェンの夢を見たオカナです。

トマティーナの反響は大きくって、いろんな人からうらやましがられたりします(笑)そんなトマティーナも終わって若干、スイッチオフモードになっている2人。
今回の宿は4人部屋のドミトリー。部屋は初のオールジャパニーズ。宿の人の気遣いか、果ては適当に固まらせちゃったのか。
とにかく昨夜はこんなにもドミトリーで居心地が良く過ごせたことがあるかってぐらい安眠することが出来ました。
同じ日本人同士で話も弾んだり。
久々に見た日本人特有の気遣いというものにも感動したな。日本では当たり前の事でも外国ではそうはいかない。そんな環境に3ヶ月以上もいたわけで、久々の「他人への気配り」に2人はしみじみと感動したのである。

ひとつ、その同部屋の方から聞いた、ちょっとゾッとする話。
一人マドリッドに到着し、この宿にたどり着く前に3人の男達に囲まれて危うく体を倒されて貴重品を盗まれそうになったということ。(でも逆に押し倒そうとしてびびった男達はSORRYと言って消え去ったらしい)

やっぱりマドリッドは危険なんですね。


翌朝。久々に朝食付きの宿でごはんを頂き、「おひさま」見てからマドリッドの町を探索。

<デボー神殿>
エジプトから石の1個1個が
運び込まれ、スペインの首都で入念に再建された2000年以上の歴史を持つ、エジプト国外で見ることのできる数少ないモニュメントのひとつ
って初っ端、スペインから遠く離れたエジプト観光になっちゃってるし!(笑)

8coEa.jpg


ま、いっかッ!!

Nf8eA.jpg


周辺は緑豊かな公園でワンちゃんの散歩やら、太極拳やらとみなさん、思い思いに過ごしてらっしゃいます。気持ち良いな、ここ♪

pqjaP.jpg

最近はネコちゃんを見ない代わりにワン子で癒されてます

kmkRR.jpg


めっちゃ、くぁうわいい~♪でも、唾液擦り付けられたり(臭っせッ!)頭突きされたりで超わんぱく

xxSWd.jpg



<サン・ミゲル市場>
2009年に改築された新スポットで、ここは今までの市場とは違い、とってもハイセンスでオシャレ。しかも、中には沢山の洒落た「バル(飲み屋)」があるのだ。



PHL2Z.jpg

tVzyE.jpg

サーモンとフォアグラのピンチョス

IJS1X.jpg

bJZQv.jpg

YcARz.jpg



バルは基本立ち飲み処でみなさん会話を楽しみながら料理を摘んでお酒を飲んでと・・

kmFLl.jpg



しかし、ここは洒落た市場なだけにお高いですな。はっははは~
結局何も買わず、次へ移動。


<マドリッド王宮>
カルロス3世からアルフォンソ13世の時代までスペインの国王が住んでいた宮殿。って、どなた~?
今までのスペインの雰囲気がガラッと変わって、ヨーロッパらしい感じに。こういったヨーロッパらしい雰囲気はマドリッドでは結構見かけました。

EpDO0.jpg

CZG2U.jpg




てくてくと歩いていくと段々お腹が空いてきた。

ZbGPP.jpg


もう我慢できねーっぺよ!

8fl4H.jpg


スペインではもうすっかりお馴染みの定食。リーズナブルでボリューミーだから2人はお気に入り。

<第一の皿>

豚とイモのシチュー。骨付きの豚はほろほろに柔らかかった!それにしてもこの味、オカナの母がよく作るビーフシチューの味にそっくりだったな。だからなんだか懐かしい味でした。
qEKec.jpg


海老と白舞茸のスクランブルエッグ。素朴な料理だけどなかなか美味かった。

2cDdr.jpg



<第二の皿>

ミートボール。こちらもまた素朴で家庭的な味で良し。
Q13Zy.jpg



鶏のグリル。凄くジューシーでボリューミー。カリカリの皮も美味しく、唇テカテカになりながら頂きました

hM_V3.jpg


毎回同じパターンですが、この段階でめちゃ苦しい・・・


<デザート>

昔懐かしいプリン

Nz2U_.jpg


やっぱりフルーツのオカナ

JPaSh.jpg



ご馳走さまでした♪


<マヨール広場>
16世紀初頭頃からできた古いこの広場はかつて闘牛から処刑に至るまで様々なイベントが行われていたらしい。今はここにはカフェやバルが集中しています。うん。美味しそうだ

C2OMl.jpg



マヨール広場から宿までは近いので一旦休憩をしに帰ることに。
人の大勢いるちょっと細い道を歩いていました。しばらくしてオカナは何となく違和感を感じていました。
う~ん・・。何か後ろに背負っているバックが変な感覚だ。時々手でバックを確認してみる。なんともないな。でもまたしばらくすると違和感が。
チラッと気付かれない程度に後ろを見ると10代ぐらいの女の子が2人、不自然なくらいにオカナ達の後ろに立っていた。
「これはいかん。絶対に怪しいぞ」
オカナはこういうのにはとっても鋭いし敏感。直ぐに後ろに背負っていたバックを前にぐるんと移動。そしてちょっとしてまたチラッと後ろを見ると一人の女の子が新聞を読んでいるふりをして回りの視界をシャットアウトして周りの人たちに見えないようにして、その隙にもう一人がたんたんのリュックのチャックに手をかけていました。
オカナは瞬時にたんたんのリュックを奪い取り、彼女達を睨みつけると2人はどこかへ行ってしまいました。たんたんのリュックは3分の1ほどチャックが開いていました。でも何も盗られてはいませんでした。
恐ろしい・・。人ごみのいるところだからと完全に安心しきっていました。
たんたんはというと昼に飲んだお酒が廻っていて全く気付かなかったらしい。
「バカちーん!!」と渇を入れる。今後は日中だから、人ごみだからと安心してはダメだ。常に警戒心を備えておかねばと学習したのでした。

tlqz6.jpg


Ne_Cd.jpg



宿でリラックスした後は世界でも有数の規模と内容をもつ美術館へ行ってきました。


<プラド美術館>
7000点を越える絵画コレクションのなかには、宮廷画家であったベラスケス、ゴヤの生涯を網羅する代表作のほか、有名な画家さんたちの一流コレクションがあるんだそうです。

オカナ達は18時から無料とのことでその時間に合わせて行ってきました。凄い人でしたが、その美術館自体、もの凄い広さなので全く待つこともなく、悠々と中に入れました。

正直な感想。どれも同じ絵ばかりに見えてしまって、つ・ま・ら・な・い・・・。(ごめんちゃーい!!)
やっぱりこの手の芸術に興味がないとダメですね(苦笑)
でも、ゴヤ作品はちょっとは勉強したんで少しだけ楽しめたかな?「黒い絵」の代表作「
我が子を食らうサトゥルヌス 」なんかは「おお~っ」てなったな。

JXXAE.jpg





あっさりプラド美術館は終わりまして、無事に宿近辺まで到着。宿の周りには沢山のバルがあるので今夜は軽くつまんでいくことに。

A9J50.jpg

QXk0R.jpg


今回はここで頂きました。

E7ri2.jpg


<サングリア>

スペインでは定番の甘いお酒。赤ワインを甘いソーダやオレンジジュースなどで割って、レモンを加えた飲み物。今回はラム酒と砂糖も加わってました。清涼感があって、飲みやすくおいしい♪

J3GKT.jpg

cZyUL.jpg


<生ハムとトマトのピンチョス>
生ハムうっま~いいいいい!!
bRkib.jpg

6KORV.jpg



<ムールの蒸し煮>
とってもシンプルな食べ方だけど、逆にそれが磯の香りが口いっぱいに広がって最高に美味しかった~

dHaR2.jpg


もう、スペイン料理最高です!!タパスにハズレなんてないと思う!!
そんなスペインも明日が(いや、もう今日か・・)ラストです(涙) 明日はピカソの代表作の1つ、「ゲルニカ」を拝見しつつ、最後のスペイン料理を堪能したいと思います。そんじゃ、またね~



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。