1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

2年半に及んだ世界旅を終えてからの日常や料理のこと。


訪問者
プロフィール

たんたん&オカナ

Author:たんたん&オカナ
コックの二人が仕事を辞めて2年半の世界一周旅行へ。無事に帰国し結婚。再びコックの世界に戻り、日々奮闘。料理漬けの毎日を送る。

最新トラックバック
帰国から!
タイムカウンター
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09

Category: ポルトガル

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

極上エッグタルト
teBK7.jpg


オカナです。以前、イギリスのロンドンの宿で知り合った、香港出身の食通Viviちゃんに「ポルトガルのリスボンに行ったら、Pastéis de Belém(パスティス・デ・ベレン)で必ずエッグタルトを食べるんだよ!絶対にね!!」と言われていました。
そこはエッグタルトの元祖と言われている老舗の人気店(1日に1万5,000個は売れるそうです)。いつもこのエッグタルトを求めて人で賑わってるんだとか。凄いのがここのエッグタルトのレシピは秘伝でこのレシピを知っているのは今働いている3人のシェフだけなんだとか。

そんな訳で今日は元祖エッグタルトも含め、ワクワクのなかリスボンを観光しました。



今朝は最寄の駅でメトロ、バス、トラムと共通の1DAYチケットを購入(ここ、リスボンは結構広いので歩くには無理があるのです)。
2人で€4,8。トラムなんか、一回の乗車で€2,8もするんで断然1DAYチケットの方がお得です。

早速、適当に目の前に現れたバスに乗ってみる。無計画出発。
いくらでも乗り放題なんで気楽だな~。
着いた場所は「ベレン地区」という所で偶然にもあの老舗エッグタルトがあるお店からめちゃんこ近かった。
早まる気持ちを抑え、とりあえず周辺を観光。



<ジェロニモス修道院>
16世紀初頭に建てられ、世界遺産にも登録されているマヌエル様式を代表する修道院。いや~、バカ広かったです、ここ。

migNh.jpg




JkGcU.jpg



<発見のモニュメント>
大航海時代を記念するモニュメント。帆船をモチーフとして、大海へ乗り出す勇壮な雰囲気を再現しています。

_Cfr2.jpg

9nmUV.jpg



僕チンも航海のお供させちくり~!!

Z95Oa.jpg



さあ、お待ちかねのエッグタルトです♪
簡単に発見できたそのお店は、朝方にも関らず、既に列ができていて、店内もいっぱい。さすが人気店。

HwLlv.jpg


待っている間にオカナは写真撮影。すると、他のお客さんも同じように店内の写真やエッグタルトを持って記念撮影をしていました。やっぱ、相当有名なんですね。

そしてようやく私達もエッグタルトをゲット。老舗の人気店だけども、値段は良心的で1個、€0,95。
お好みで粉糖やシナモンパウダーをかけます。ちなみにオカナはViviちゃんから絶対にシナモンパウダーをかけなさいと言われていたのでそうしました。

コイツが極上エッグタルトじゃ~!!

0ilbz.jpg


出来立てなのか、ほんのりと温かいエッグタルト。パクっと頂くと、おお~!!なんじゃこりゃあああ!?
ふんわりと滑らかなクリームは甘さ控えめで卵の香りがふわーっと広がります。パイ生地はこれでもかってぐらいサックサク。
うんまァーッ!!オカナ、今まで食べてきたエッグタルトの中で断トツ№1でした。って言っても、今までそんなに食べたことがないのだけどもね、エッグタルトって。

ljUEG.jpg



「ベレン地区」に別れをし、今度はトラムに乗ってみる。

DbZW2.jpg

こんな細い道だって難なく通っちゃうよ~ん

q58O8.jpg



ポルトガルのトラムは今までのほかの国とは少々異なっていて。単車のそれはとにかく可愛らしい。動き方もおもちゃみたい。でも、この坂の多い町、リスボンではなくてはならない存在。本当、可愛くって超頼もしいトラム君なのである。

TJR4c.jpg

6IKY3.jpg

Y8Wbe.jpg


トラムを降りて町をぶらぶら。



リスボンのイメージって情緒溢れるあの下町を想像していたのですが、全てがそういうわけではなかったのですね。普通にビルや都会的な感じの場所もあったりして。でも、それがなんとなく残念でもありの・・(笑)




ファッションストリートで「無印良品」発見

EqKbW.jpg





可愛い洋服屋さん。

R9wqD.jpg

INbzk.jpg



「パウロのカステラ」

長崎でカステラ修行をしたパウロさんが経営するティーサロン


cQOJ4.jpg




ポルト酒に煎茶にむ、む・・むぐぅ茶・・。


JuZpU.jpg





下町が全くないというわけではなく、細道を入れば必ず出会える素敵な場所

ZVg1G.jpg


9aWzk.jpg


リスボンでもやっぱり見かけるタイルを飾ったお家たち

tvMjn.jpg

NFz3P.jpg


SGh9j.jpg




飲食店が栄えている場所を発見。

yxXrX.jpg


今回もどこに入ろうかと悩んでいると、とあるお店がお料理全て写真付きで大変見やすかったので今日はここに決定。

オカナは以前から気になっていたポルトガル料理で豚肉とアサリの炒め煮(?)「カルネ・ド・ポルコ・アレンテジャーナ」を注文。ネットでこの料理を知って、写真を見て、一体どんな味なんだろうと気になっていました。

そして出されたものがこちら。「あれ・・?なんかネットで見たものと雰囲気が違うな」。確かに豚肉もアサリもきちんと入ってはいるのですが、これは煮たっていうよりも炒め揚げたかのような・・。色も淡白な色を想像してたんだけども、これは真っ赤なラー油みたい。あっさり系を望んでいたのに、出てきたものはかなりのこってり系。味もイマイチ。肉は硬いし、アサリは本当、飾り程度でまったく味が活かされていない。これは完全に失敗でした。ギャフン・・・(涙)


Hbhs6.jpg



たんたんは豚足のロースト「フェジョアーダ」を注文。写真ではお皿にこの豚足とライス、ポテトフライが載っていたのに、実際に来たものはどッ!どんだけ~!!ってぐらいのちょうダイナミックな塊のみが・・
あまりのデカサに本当に値段、€9なの?と焦ってしまいました。(結局値段は合っていました)
感想は直ぐに飽きたそうです。と、いうわけでこちらも失敗だったようです。


半端ないデカさの豚ちゃん

cJiwE.jpg


あ~・・・、今回は完全に失敗だった。明日はポルトガル料理が頂ける最後の日。絶対に外したくないな・・。




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comments

エッグタルト
エッグタルトってポルトガル発祥なの??
知らなかったー。食べたくなっちゃたよ~。

パウロのカステラ屋さんかわいい!!
むぐぅ茶、夏といえばむぐ茶だよ。わかってるね、パウロ。
カステラと合うかどうかはあなた次第!
エッグタルト
お返事遅くなり、すまぬでござる!!(涙)

エッグタルトは正真正銘の美味さだったよ!

ポルトガルは人も町も穏やかで、そして日本人に好評の料理と!

新婚旅行にポルトガルなんていかがざましょ?

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。