1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

2年半に及んだ世界旅を終えてからの日常や料理のこと。


訪問者
プロフィール

たんたん&オカナ

Author:たんたん&オカナ
コックの二人が仕事を辞めて2年半の世界一周旅行へ。無事に帰国し結婚。再びコックの世界に戻り、日々奮闘。料理漬けの毎日を送る。

最新トラックバック
帰国から!
タイムカウンター
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

23

Category: モロッコ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

過酷砂漠ツアー in メルズーガ!!!
オカナです。

2泊3日のサハラ砂漠ツアー、無事終えてきました。

3日間は、歯、顔、体を洗わずじまいで相当プンプンでしたが、ようやく宿でシャワーを浴びることができました、さっぱりです。
しかし数分後には暑さでまたまた汗まみれですがね。
洗濯物も早速洗いました。
水がありえない色に変わりました。



砂漠ツアーは正直過酷でした。

しかし、あの過酷さがあったからこそ忘れられない最高の思い出になりました。ここで知り合った日本人の旅人達との出会いも含め、本当に充実の3日間でした



21日

ベルズーガーに着いたその日の午後に砂漠ツアーがスタート!

ラクダ君たちが宿まで迎えに来てくれました。




I0aLh.jpg


みんなでターバンを巻いて出発。砂埃や、直射日光をガードしてくれる頼もしいヤツ。
ターバンは最初、ガイドが巻いてくれたんだけど、徐々にマスターしていき、自分達で巻けるようになったよん。

hl7IM.jpg




ガイドのアスが巻いてるターバンの長さは120メートル・・・・長ッ!!

BKQoC.jpg


pRGy2.jpg



ラクダに乗っての砂漠散歩は実にムード満載

tq8Br.jpg



この日の昼は晴天だったのに夕方になると曇りに変わってしまい、夕焼けは見れませんでした


zAn7r.jpg


途中、ラクダを降りて景色を眺めたり。

WKr0V.jpg




2時間後、今夜泊まる場所に到着。

みんなラクダから降りると「あ~・・・疲れたァ~!!」
ただ乗っかてるだけなんだけども、これが結構辛いんです。めっちゃ揺れるしね。

用意されたウェルカムティーはモロッコウィスキー(モロッコ風甘い紅茶)
日本でこれを飲んだら「ウゲッ!甘ッ~!!」ってなるんだろうけど、この暑いモロッコ砂漠で疲れ切った体にはめっちゃ美味しく感じれます。もう、何杯おかわりしたことか。



夕食は野菜と鶏のタジン

かなりシンプルなお味。塩が欲しかったかな。食後に出されたメロンは美味しかったです。


BPZiS.jpg


ylC5H.jpg



食後、軽く談話していると、ガイドが突然散歩するぞみたいなことを言い出して、散歩が始まりました。どうやらその散歩というのが近場にある砂漠の山を登ることだったようで、これがまたちょーハード。

軽く30分は登っていたでしょうか。普通の山と違ってサラサラの砂の砂漠の山は進むたびに足が砂に埋もれてしまってなかなか前に進めない。そしてかなりの体力消耗。
みんなヒイヒイ言いながら頑張りました。

しかし、登れど登れど頂上にはなかなかたどり着かない。みんなもう疲労がピーク。
だいたい何でこんな時間に登らされてるのかが分からない。辺り一面闇。目の前のみんなの顔さえ識別できない。上に上がるほど風がビュービュー言っている。
あと、どれくらいで着くの?と聞くとガイドは「あと30分さ♪」

みんな「・・・・帰らせてください」

こうして無意味な夜の散歩は終了





満天の星空の下、砂漠にマットをひいてみんなで仰向けになり天然のプラネタリウム観賞。時々現れる流れ星とラクダのゲップのハーモニーとのコラボレーションを堪能


Dz6yU.jpg


5HZC5.jpg


zth_w.jpg






22日



前日の夜は肌寒かったけども思ってたほどの寒さでもなく、この日は早朝に起きて、みんなで日の出を観賞


お構い無しに眠り続けるガイド

lAXiA.jpg



顔を出し始める日の出

MpGv8.jpg



おっはよーさ~ん♪

vfNle.jpg


RSQ7g.jpg



砂漠の中で生活する子供


bFuEs.jpg


家畜のやぎくんたち

f7pNx.jpg



おいら。

既に臭ってます

Omdqx.jpg



糞転がしくん。 


EelbJ.jpg


これ、ぜ~んぶ000ね、ラクダ君の!
そう、ラクダ君は移動中もいたる所で出しまくっているのだ。

cyFgh.jpg






日の出を見終わった後はモロッコウイスキーでまったり。軽い朝食をとり、2日目の砂漠散歩開始!アルジェリア国境近くまで行きます!!


iIews.jpg


午前中の涼しい時間帯をラクダ君に乗りながらゆっくりと進む。今からどれくらい散歩していくの?と聞くと3時間とのこと。長い道のりだ。


2時間行ったぐらいで、長時間のラクダ君乗りに相当腰も背中もへとへと。
途中から一旦降りて歩くことに。乗っているときは随分ゆっくりだな~なんて思っていたけど、実際歩いてみるとオカナが小走り程度になるくらいの速さだった。

途中見つけた井戸でザッバーンと水浴び。ちょー気持ちいいいィ~♪
でも、ものの数分で濡れた髪の毛や服は乾いてしまったけどね。


井戸からちょっと離れた民家で休憩


みんな暑さと疲労でへにょりんこ~

W6zji.jpg



生き返るぜ、モロッコウイスキー


Dry1B.jpg



ひょうきんで24時間ハイテンションの24歳のガイド、アス。
あの炎天下の砂漠を素足で優々と歩く、小高い山もスルスル登っていく超人アス。


「ラクダはラクダ~(楽だ)♪」「スバラシ~♪」「ゲンキ~♪」
AKB48を聞かせると(画像付き)さらにテンションMAX!!!!!「スバラシー!!!フォ~~~~!!」

pZSyK.jpg




昼食はモロッコサラダ with さかな

お腹空いてただけにこれが出てきた時は正直ギャフンとなりました

pam00.jpg


外は日中の炎天下のピークとあって涼しくなるまでの3,4時間をひたすらこの部屋で待たされました。部屋の中はハエと暑さとでかなり厳しい時間でした。まるで修行ですよ。



夕方の17時頃になってようやく出発。外はだいぶ涼しくなったけど、同時に風も強くって、砂埃が凄かった。
サングラスを持っていないたんたん。ここで意外なアイテムが活躍。
あの「トマティーナ」の時に買ったゴーグルです。
まさかこんなとこで出番がやってくるとはね・・。


N3voS.jpg


気付けば日がどんどん落ちてきた


COOO0.jpg


もう、まっくら。うちらちゃんとたどり着けるの!? 

lPAcO.jpg




3時間ノンストップでようやく昨日の泊まった場所に到着。

3時間乗りっぱなし。本当に本当に辛かった。ラクダ君から降りると、股、背中が完全に筋肉痛、おしりが擦れてヒリヒリ。

みんなげっそり。アスは相変わらずハイテンション(おバカ)
出されたモロッコウイスキーが染み渡るように美味かった。

お腹ぺこぺこで待ちに待った夕飯は中に具が入ったモロッコ風ピザ(パン)
以上。

物足りな~い(涙)



この日も満天の星と流れ星を眺め、写真におさめてと・・・。


翌朝も日の出を眺め、この2泊3日のツアーは終了。

行きは長く感じた距離もこの日の帰り道はあっという間に感じました。

CrwfC.jpg




愉快な仲間達

サハラ砂漠ツアー、無事終了!!!イェ~イ!!!



Vef8E.jpg


シャワー浴びて、カメラをお掃除し、砂まみれの服も手洗いし、さっぱり。

落ち着いたところでいつものケムケム(宿の近所の小さなお店)でヨーグルト&ジュースで乾杯。


NRo6v.jpg





この日は今までで一番の夕日

reHd8.jpg


後はもう一日中宿でグータラでした。

夕食は鯖丼を頂きました。ごちそう様~♪

eEZ3s.jpg




本当にちょーサバイバルな2泊3日でしたがちょー最高な日々でした!!シュクラン(ありがとう)!!

明日はマラケシュに移動



MqlMX.jpg


おまけ


ラクダに長時間乗っていたせいか、腸の動きが活発になったのかこの2泊3日の間オカナは朝昼晩と大!!快便であった。(下痢じゃないよ)
こんなことは十数年ぶりの出来事です。
奇跡です。
ラクダ君、ありがとう。





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。