1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2017

2年半に及んだ世界旅を終えてからの日常や料理のこと。


訪問者
プロフィール

たんたん&オカナ

Author:たんたん&オカナ
コックの二人が仕事を辞めて2年半の世界一周旅行へ。無事に帰国し結婚。再びコックの世界に戻り、日々奮闘。料理漬けの毎日を送る。

最新トラックバック
帰国から!
タイムカウンター
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01

Category: イスラエル

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

エルサレム

オカナ達が今いる場所はユダヤ教、キリスト教、イスラム教、3教あわせておよそ35億人の信者が「聖地」とたたえるエルサレム。城壁で囲まれた旧市街は3教の祈りの場であると同時に、世界中から集まった各教の信者たちが生活する居住区でもある


「ユダヤ教」
かつてユダヤ教の神殿が建っていた「嘆きの壁」はユダヤ人にとって最も大切な祈りの場。みんな壁に向って頭を何度も何度もぺこぺことつけて一心不乱にお祈り。
この黒装束の格好の方たちは超正統派の人(ユダヤ教には超正統派、正統派、改革派と、分かれています)で、彼らは律法の字句に忠実な生活を心がけていて、夏も冬もこの格好にひげ&クルクルもみあげ。生活は政府の援助によってまかなわれ、仕事をもたず、日々祈りに明け暮れているそう。子供たちはイエシバ(神学校)で勉強し、兵役を免除されている。

とにかく異様な雰囲気出まくってましたよ。たんたんはかっこいいな~とちょっと目を輝かせていました。
オカナはどうもあのぴろろ~んってした長い髪(もみあげ)が気になっちゃって。初め、てっきりあれって帽子にくっ付いた飾りなのかと思ってたら正真正銘の地毛だそうです。あのくるくるヘアーは自然にはあーはならないよね?ってことは毎日お手入れしてるのかな?あ~気になる!!

_zXk_.jpg


zJFUw.jpg


3s8Qt.jpg



(テルアビブでお世話になったギラッド家族はたぶん正統派かな。普段はラフな生活を送っているけど、安息日には食事の時、彼らは頭頂部にキッパという小さな帽子をかぶっていました。)





「イスラム教」
熱心にユダヤ教信者がお祈りをする嘆きの壁のすぐ上にはイスラム教の象徴ともいえる岩のドームがあります。
モロッコに入ってからというものこのアザーン(スピーカーから流れるお祈りですよ~の歌声)は毎日聞いていたのでもう、普通の感覚に。

zaQ4N.jpg



「キリスト教」

キリスト教にとっては、エルサレムはイエス・キリストが教えを述べ、そして処刑され、埋葬され、復活したとされる場所。それらの場所には、現在はそれぞれ教会が建っています。

ヴィア・ドロローサ(悲しみの道)・・・・
イエスキリストが裁判を受け、有罪判決を受けたのですが、判決を受けた場所からはりつけにされたゴルゴダの丘まで十字架を背負って歩かされました。全長1kmの道をキリスト教の人たちは亡くなったイエスを偲び、イエスが十字架を背負わされて歩いた道をみんなで歌いながら歩き進んでいくのです。各ポイントポイントで立ち止まり、みんなで聖書を読み、また進んでいく。
いろんな国のキリスト信者がわんさか。欧米人はもちろん、インド人やら韓国人やら。
でも、正直団体客は邪魔でうっとうしかったな。(公共便所ではインドのおばちゃんのモラルの無さにぷっつん寸前になるわ)
でも、何の宗教でもないオカナ達。ただ興味本意で訪れているだけのオカナ達の方が彼らにとっちゃ目ざわりか。


PCuhn.jpg



キリスト教最大の巡礼地、「聖墳墓教会」
イエスが十字架を背負って歩き到着した場所。

イエスが息を引き取った後、香油を塗られた場所。みなさん、ひざまずいてペタペタと触って、熱心にお祈り。

HjiR3.jpg



イエスのお墓


ctqAe.jpg



以上でした。
あ~疲れた。スキューバーダイビングライセンス時に続いてのお勉強でした。
でも、知ることはおもしろいね。

次回はパレスチナ問題について。頭パンクしそう。




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。