1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  04 ,2017

2年半に及んだ世界旅を終えてからの日常や料理のこと。


訪問者
プロフィール

たんたん&オカナ

Author:たんたん&オカナ
コックの二人が仕事を辞めて2年半の世界一周旅行へ。無事に帰国し結婚。再びコックの世界に戻り、日々奮闘。料理漬けの毎日を送る。

最新トラックバック
帰国から!
タイムカウンター
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11

Category: トルコ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

サフランボルの人


「ユナイドゥン!!(おはよう)」「メルハバ!!(こんにちわ~)」町ですれ違う人たちと毎日笑顔で挨拶を交わす。


のんびり、居心地最高の町、サフランボル。2日目のこの日はもう1つの村にも行こうかと思ったけど、この町も十分村っぽいし、まあ、行かなくってもいいかなと。もう少してくてくこの町歩きたかったし。
なーんて実際のところ、ホテルが手配してくれるバスが人集まらなくって(この日の朝、大勢の宿泊客がチェックアウト。村に行くっていう人オカナたちだけ)、自分達で自力で行くしかなかった。行きはバスに乗ってスムーズに行けるけど、なんでも帰りはバスが無くって(?)ヒッチハイクしないと帰ってこれないんだとか。
それ聞いて考えた挙げ句、「別にここサフランボルの町だけで十分じゃね?」って。

そんなわけでこの日はの~んびりこの町歩き周りました。

M1t_S.jpg




旧市街出て新市街の方をぶらぶら。小さい町だから特に沢山のお店があるってわけでもなくって。でも日常で必要な物は手に入るぐらいのものはある。これぐらいがこの町にはちょうど良い。ちょっと栄えてる商店街みたいなところでは新鮮な野菜も豊富にあった。でも、バカでかいサイズもあって・。

人の顔異以上あるデカさのキャベツ。使い切るのに時間かかりそう

wBLrp.jpg


ジャンボきのこ。こんだけ成長してしまうと味はどうなっちゃうんだろう。美味いのか?

142qZ.jpg



昼食はこの近くで食べました。サフランボル初日にレンズ豆のスープを頂いて美味しかったお店にまた行きました。

挽肉団子と野菜の煮込みとエゾグリン・チョルバス「 花嫁のスープ」
煮込みは肉と野菜のうまみがめっちゃ出てて良い感じです。

N1Mva.jpg

サラダ、クレープ、ピラウが付いたケバブセット。羊肉のケバブには数種類のスパイスが効いていて美味かった。

PpHOM.jpg



ごちそうさまです。




町歩き再開。


トルコ美人(奥)発見。隠し撮り。分かるかな~?

Wd_8I.jpg



サフランボルのバス、かわいいね。あれ、なんかおじ様たちの視線を感じる

XRXfQ.jpg


しっかりポーズとって待機してました。


oOkyM.jpg




サフランボルのおじちゃん、みんな良い顔。写真とってもいいですか?って聞くと大抵みんな「撮れ撮れ!」みたいな感じ。すんごく優しい。イスタンブールではネコばっか撮ってたけど、ここではおじちゃんばっか撮ってた。

hPuHN.jpg


カフェでくつろぐおじちゃま。チャイをずずず~ってすすってマッタリ。こんなおじちゃまたちのたまり場がいっぱあったよ。

gfqug.jpg


メルハバ!!

zQZfT.jpg





旧市街にあった小さな仕立て屋さん。たんたんはここでズボンを直しました。
北欧に居た頃、股の部分に穴を作ってしまった以降、その穴は徐々に広がっていってエジプトのシナイ山をそのズボン履いて登山してしまったもんだから、もう収集つかない状態に。バカ丸出しズボン完成。
仕立て屋のおっちゃんも「わ~お!!」だって。
でもおっちゃん「問題ねーよ。任しとけ!」って。頼もしいね、おっちゃん。がんばッ!!


f_0Mh.jpg



そして10分後。たんたんの哀れと化したズボンはおっちゃんマジックによって見事に蘇りました。ありがとう、おっちゃん!!

F7NYf.jpg





今日もトルコのお菓子食べました。

この前食べたオカナのお気に入り「キュネフェ」をリーズナブルな値段で売っているお店を発見。
おじちゃん、おばちゃんの夫婦でやっている小さな冴えないお店。こういった所にこそ隠れた美味いものがあったりするのだ。

そしてオカナは「キュネフェ」を。たんたんはライスプティングみたいなものをそれぞれ注文。

wxO9x.jpg


psTjF.jpg


んで、食べてみました。

ううッ!!!キュネフェじゃない!!これチーズ無しだし~(泣)しかも激不味う~(号泣)サクサク、カリカリの生地はどこへやら。しなしなと化した生地にはジュルジュルの激甘シロップがこれでもかと。
オカナ完全ノックダウンです。
衝撃的不味さで顔を歪めていると心配そうに見つめるおばちゃん。
たんたんが「バカ、そんな顔すんなよ!ちゃんと残さず喰えよ!」って。
いや、マジ無理っス。

オカナが完全に手の動きを止めるとたんたんはため息つきながら「じゃあ、オレが食う」って。
やめなよ、これ体に良くないよって言ったんだけども、たんたんは最後まで男を見せました。
あっぱれ。

BF_Id.jpg


結局オカナは代わりにこちらも微妙なライスプティングを頑張って完食しました。
まあ、こんなこともあるよってね・・。
もう今日はお菓子食べたくない。なんかしょっぱいもん食べたい。
ラーメンが食べたかった。





宿に帰ってからはたんたんが昼寝してて、オカナはfacebookをしていました。すると旅人からの気になる情報が入ってきました。
「サフランボルにとある画家がいて日本語に興味を持っていてとてもナイスな人だから会いに行ってみて」とのこと。もうなんもすることなかったし、面白そうなんでたんたんは寝かせておいてオカナ一人で会いに行ってきました。
地元の人に場所を聞いて速攻見つけ出しました。お店の中に入ると沢山の絵が飾られていました。

tI52e.jpg


オカナ1人。誰もいない。すると裏から現れたおっさん。「あのー、サキンさんですか?」って尋ねるとそうだと返ってきた。「私、○○○君の知り合いでここのことを教えてもらって来た者なんですけど~」って言うとサキンさんパッと明るい顔になって壁に飾ってあった味噌汁のパッケージを指して彼の名前を呼んでいた。たぶん、彼が以前ここに来た時に置いていったものなのだろう。どうやらサキンさん、日本語はおろか、英語もほとんど出来ないよう。でもオカナも人に言えるほど英語出来るヤツではないんで逆に気疲れしないでリラックスして談話を楽しむことができました。

8K4Kk.jpg


サキンさんはタトゥー(ヘナ)も出来るということでやってもらうことに。
モロッコでも何度も見たことがあったヘナ。まさかトルコで出来るなんて。わくわく♪
さすがアーティスト。下書きなしで、なんの躊躇(ちゅうちょ)もなくスラスラと描いていく。スゲ~ってボーっと見入っちゃいました。

でも時々隙をみてオカナの手の甲にキスをしてくる。ちょっと危険信号でました。

IVaFi.jpg



そして完成。おっしゃれ~!!

3tF5z.jpg



するとお次はでかい用紙を出してきて似顔絵を描いてくれると言い出した。
スゲ~!!
でも!そろそろいい時間で(気付けば2時間ぐらい居た)、たんたんもひょっとしたらもう起き出して心配しているかもしれなかったから、「ありがとう。でも、ごめんなせえ。宿でボーイフレンド(強く強調)が待っているんでもう行かなくっちゃ」って。そうかと残念がるサキン。ごめんね。最後にお別れのハグをすると、したままじーっと目を見つめてくるんでヤバイと思って、びゅーんって走り去りました、「ありがとうね~!!」って叫びながら。
ちょっと下心ありのサキンでしたがとても穏やかで優しいおっさんでした。ありがとう!!


EGTn_.jpg



たんたん怒ってるかもって、駆け足で戻ってくるとたんたん、まだぐーすか寝てました。


お世話になった宿では毎日可愛いキッズに癒されてました。
本当可愛かったな。

e5jtr.jpg


eEul7.jpg



夜の遅い時間にキッズたちのお母さんがトルコの定番お菓子を作ってくれました。oh my god!オカナ無理っス!!
たんたんよろしく!!

uguxN.jpg




サフランボル、本当最後まで良い所で完全癒されていました。
みなさんお元気で!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。