1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

2年半に及んだ世界旅を終えてからの日常や料理のこと。


訪問者
プロフィール

たんたん&オカナ

Author:たんたん&オカナ
コックの二人が仕事を辞めて2年半の世界一周旅行へ。無事に帰国し結婚。再びコックの世界に戻り、日々奮闘。料理漬けの毎日を送る。

最新トラックバック
帰国から!
タイムカウンター
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

26

Category: トルコ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ブルサのいろいろ見てきたよ
メルハバ!!おまっとさんでした。ようやくの更新でッす!

のどかな町、セルチュクにプチ沈没したのち、次の町へと向かうべくバスに乗り約7時間。
途中バスの中が何だか卵サンドイッチの香りだなと思っていたら、不運にも屁こき魔が同乗。10分おきに噴射される毒ガス。たまったもんじゃないです。中毒症状起こすわッ!!
ゲッソリなりつつもなんとか到着。
次なる町はブルサ。イスタンブールなどに続くかなり栄えた都市。現代と古き建造物、寺院、自然とが交じり合っています。

紅葉の並木道を走るトラムを囲むようにしてある商店街。

PTimM.jpg


そしてバーザール。ブルサンの名産品タオル
タオル地のバスローブは大変お安いそうです。うん。いらない!!

Q75Ty.jpg

もう一つ、トルコの代表的な民謡の伝統芸能「カラギョズ(影絵芝居)」の故郷がここブルサンなのです。カラギョズは海を越えたギリシアでも国民的な伝統芸能となっているらしい。
そんなガラギョズ・アンティークのお店がこのバザールの中にあります。

FkR55.jpg

GPBJM.jpg





食料品市場もどーんっとありました。

dWRln.jpg


1hIt1.jpg

新鮮で豊富な鮮魚。サーモンを1枚購入。またまた宿の方に無理なお願いをしてキッチンを今回もお借りちゃいました♪自炊できるとなると市場を歩くのもより一層楽しくなる。


060md.jpg




ブルサにも美味そうなお店がい~っぱい♪
ブルサはオカナのお気に入りのトルコ料理、ヨーグルトとドルネケバブの「イスケンデル・ケバブ」の本場です!
と、なればその元祖を食わないとでしょ!


これね、もう肉自体が美味い!薄く削いだ焼肉に溶かしバターが絡まってジューシーでコクが最高。

6USim.jpg



あとはこんなもの食べたよ。

「マンタル・ソテ」
マッシュルームと鶏肉のトマト煮込み

ov3qB.jpg



「サルチャル・キョフテ」
キョフテと野菜のトマト煮込み

GB2GQ.jpg


どちらもあっさり。マッシュルームに関してはイマイチ本来の旨みが活かしきれていなくってって感じだったかな。

「ピデ・エメッキ」
ピデの丸型バージョン。中身にはキョフテ(味付けしたハンバーグ)を載せて

7V2uj.jpg



釜で焼くこと約5分

WlF_k.jpg



香りは餃子の中身に近い、けどそこにアラビックなスパイスが加わった感じ。生地がめちゃモッチモチ。

5WU84.jpg



お菓子編

この町でよく見かけるこれ。なんだろうね。味と食感で判断するにはライス、卵、バターのような。でも、ハッキリとはよく分からない味。でも一回食べるとまた食べたくなる、そんなデザートです。

_jq6T.jpg


これはイスタンブールでもよく見かけたヤツ。オカナはもうチェロス系には目がない。このチェロスにこれでもかって位のシロップが浸みこんでいて、食べるとその激甘さに顔が「うへッ~!」って必ず歪む(笑)これ、1日1本って決めて毎日食べてました。

iInfq.jpg


自然豊かなブルサで村ありという情報をGET。行く気満々(もうどんだけ村好きなのよ、オカナたち)。バスで20分ほど走らせると小さな村「ジュマルクズク」が現れました。
すんごく小さな村なんだけども古式ゆかしい家並みが素敵でした。なんも無いところだったけどもぶらぶら歩いているだけで心癒されました。

gz8vr.jpg


opfFu.jpg


QX0wF.jpg

わ~い♪

9ViNh.jpg


・・あ、あった、そういえば。パン屋!すんごいいい香りに誘われて見つけたここ。外から覗いてたら「入って来いよ♪」と言われて厨房の中を見学。
バケット生地を作り、焼いていくといった工程を絶えず行う。
釜の中はめっちゃ広くってええ!まだ入るの!?ってくらい。次々に入れていく。
ほんま、ええ香りやわぁ~。幸せの香りどすぅ~♪

IGtUk.jpg



宿に戻ってこの日の夕食作り。
市場で新鮮な脂ののったサーモンを買って、キャベツ、玉葱、ピーマン、それに頂いたインスタント味噌でちゃんちゃん焼を作りました。自炊し始めてからというもの、ずっと和食続き。和食最高です。


食後は宿の方や知り合いの兄ちゃんが連日興味深い所へ連れてってくれました。

「メヴレヴィー教団」

トルコでは世界無形遺産にも登録されている有名な踊りがあってその名は「セマー(旋回舞踊)」。

Qwa_Q.jpg

バックコーラスが歌いだしたと思った瞬間ダンサーの白い服着たお兄ちゃん、僕ちゃんたちが突然くるくると回りだします。
おお~!!なんじゃこりゃぁ~・・・(真ん中のおっちゃんは首だけをぐるぐる回します)

jbCoF.jpg



右手を天に、左手を地に向けているのは、右手で神の恵みを受けとり、左手でその恵みを人々に与えることを意味しています。そして、回転し続けることで、自我を捨て、神と一体となることを目指すらしい。
すごいです。約30分もの間彼らはノンストップで回り続け、儀式(音楽)が終わった瞬間、ピタッっと定位置に止るのです。誰も全然ヨロヨロしていなかった。
でも、僕ちゃんの1人が鼻をグスングスンしてたな。あれは必死で耐えていたのであろう。よくがんばった、君!




yK9QO.jpg


そしてもう1つはとあるチャイ屋さん。ここでは民謡音楽を堪能してきました~

T34pj.jpg

演奏にうっとりして~♪

81DJK.jpg


ノリの良いトルコ人に酔いしれて~♪

yCqh1.jpg


おじいちゃんが紛れ込んできて~♪

bZYwg.jpg


こんな感じのブルサでの3日間でした~♪
2週間とちょっとでトルコをざっと周り終え、今日イスタンブールに帰ってきました。トルコも冬に入りベストシーズンが終わり観光客も以前と比べてぐーんと減っていました。おかげで宿の値段も下がったぞ♪
オカナ達はここにあと3日ほど滞在し、次なる国へと向かいます。ドキドキ。


Ps. 4日間もブログ更新していなかったのにも関らず拍手がめっちゃ入っていてかなりハッピーなオカナです。あざーっす!!



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。