1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  04 ,2017

2年半に及んだ世界旅を終えてからの日常や料理のこと。


訪問者
プロフィール

たんたん&オカナ

Author:たんたん&オカナ
コックの二人が仕事を辞めて2年半の世界一周旅行へ。無事に帰国し結婚。再びコックの世界に戻り、日々奮闘。料理漬けの毎日を送る。

最新トラックバック
帰国から!
タイムカウンター
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

17

Category: タンザニア

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

キリマンジャロ登山4日目~最終日


ジャンボ! たんたんです(^^♪

さてさて登山編も後半にかかります。


<キリマンジャロ登山4日目>
ホロンボハット(3720m)→→キボハット(4700m)

登山始めてから、体内循環をよくするために水分をいっぱい取る。当たり前だけどその分トイレの回数もかなり多くて、夜寝てる時も5回くらい夜中に起きてトイレに行かなきゃならない!それに寒くてなかなか寝れないから眠い・・・・・
寝たいのに寝れないよ~~


7qDpl.jpg

ホロンボハットからの朝焼け!

美しい・・・・・

今日の到着地点は標高4700m
高いでしょ!!

2泊したホロンボハットを8時に出発。

しばらく歩くとラストウォーターポイントなるものが
2pAXm.jpg

ここが最後の水が流れているポイント。
これから先はもう乾燥したエリアに入ります。


AjvdC.jpg

ここで休憩をしていたらウチらのポーターに先を越されました。
ポーターはみんな頭の上に重たい荷物を乗っけているのにかなりのスピードで歩いてます。かなりタフ!

ポレポレ歩きなが進んでいるとドーン!!
sWwGs.jpg

見えてきました!
目の前にどでかいキリマンジャロが(~o~)
こんなふうに眺めながら歩けると気持ちがいい
けどやっぱり息ぐるしいな!


pMAsf.jpg

雲も近いし

そしてこの道を歩いているときに顔見知りの登山客の何人かとすれ違いましたが、その人達は最終アタックで登りきれずにリタイアしたとのこと・・・・・
その中には軍人4人組もいてビックリ!

あんなたくましい奴らが脱落するほど厳しいのかと・・・・・

こんな俺たちにほんとに登れるのかどうか不安になりました。

そして出発してから約6時間後
PymF7.jpg

無事に最後に泊まるキボハットに到着できました。
もうかなり寒いです!
空気も薄いし。
だれか酸素を・・・・・!!

さてさてついに残すところは最終日のアタックのみになりました。
そのスタートはなんと夜の11時!
そうです。徹夜です・・・・・(~_~)



<キリマンジャロ登山5日目>
キボハット(4700m)→→ギルマンズポイント(5685m)→→ステラポイント(5756m)→→ウルフピーク(5895m)


何とかここまで高山病の症状も無くやってこれました。
そして今夜最終アタックです(~_~;)

キリマンジャロを登りきった多くの人達はこの最終日は前日までと違ってかなりハードだったと・・・・・
そして本当に辛くなったら引き返さないとマジで死ぬよ!

と、言われました・・・・・

素人にはその引き際が分からない

がんばります(~_~;)

早めに夕食を食べてから4時間ほどの睡眠時間があって、寝たかったけど寝れなかった。不安と緊張とワクワクした気持ちが色々出てきて無理でした。

そして午後11時最終アタック!

このときはかなりの防寒対策をして挑みました。
たんたんは上が6枚に下が4枚で靴下が3枚重ね。
オカナは上が11枚に下が5枚で靴下が5枚重ね。
オカナボリューミーだね!

前日が満月だったため月明かりが凄く明るい中スタート。
歩き始めて1時間ほど。
最初に体調を崩したのはオカナでした。

症状は吐き気とお腹の冷え。
でもオカナは途中1時間ほどの間に3回もウンコをしてました。オカナさん的に続けて3回も出るのは快挙だとか・・・・・そしたらなのか吐き気が治まったそうです。
しばらく歩いていると、さっきうちらを抜かして先に進んでいった登山客たちと数名すれ違った。
そう、彼らは高山病が酷くなったためリタイアしたのです。

次はうちらか?

たんたんは高山病の症状は全くでないものの、ひどい腰痛とふくらはぎの疲れがハンパなくなってきました。これにもし高山病の症状が重なったらアウトだ・・・・!

足元は土と砂と小石が混ざり合った斜面が永遠と続き、登っても登ってもなかなかゴールが見えてこない。歩き始て6時間後くらいには2人とも自分達の限界を遥かに超えていて、せっかくここまで来たんだからなんとしてでも頂上にたどり着きたいという気力だけで登ってました。
そして午前6時。
順調に行っていたら、ギルマンズポイントという所で日の出を見るはずだったけど、うちらは間に合わずまだ途中の斜面で見る形になりました。
午前8時、予定より2時間遅れで最初のギルマンズポイントになんとかたどり着く事が出来ました。

m62j9.jpg

最後の岩場を乗り切って何とか


v0oCh.jpg

ギルマンズポイントに到着!
でもまだここはゴールではない・・・・・


LK86l.jpg

オカナぐったり


T9zbX.jpg

ここに来るとまた景色がガラッと変わり雪景色
つ~か一歩足を踏み外せばそのまま下まで滑落してしまうような危険もありました。


Xs2zk.jpg

ステラポイント到着!
ここもまだゴールじゃない・・・・・


最後の力を振り絞り・・・・・



そして・・・・・





tMNg9.jpg

たどり着いた~~~~~(*^^)v

体ボロボロになりながらついにてっぺん取ったぞ~~

感無量です。

オカナは涙してました!

最高にしんどかったけど

最高いい思い出になりました。

景色最高!天気も最高!
GnGqF.jpg


1b4Ms.jpg


その後のキボハットまでの下山もマジにしんどかった。

いいメンバーにめぐり合えたおかげで
ErajW.jpg

沢山のいい思い出ができました。

下山後にもらえる登山証明書の授与式!
LPEBL.jpg



オカナです。子供の頃、家族と山にハイキングに行くと必ず「ねえ!あと何分で着くの~!ねえ!まだ~!! おんぶしてー!!」っと駄々をこねまくりのガキで、本当に登山が大嫌いでした。大人になっても登山は嫌いでした。
でもエジプトのダハブでみんなと登ったシナイ山で気持ちが変わっていきました。あとはそこで出会った夫婦、カデ&グリコさんとの出会いも大きかったかな。二人のキリマンジャロ登山のブログを読んで興味が湧きました。でも、まさか自分が登るだんなんて思ってもみなかった。いや、絶対登りたくない!!って思ってた。でも、たんたんに「これは俺の始めてのわがままです。」と言われ、そういえばオカナは今までも沢山のわがままをたんたんにきいてもらっていた。
悩みに悩んで・・いや、大して悩まずに「じゃッ、登るか!!」って決めちゃいました。
最終アタックは本当に本当に辛くって・・。
でも登りきることができました。今でも実感が沸きません。しかし、登りきった。これは自分一人の努力で登れたものではなく、心強いガイドによるサポート、そして相方のたんたんのサポート無しでは絶対に上り切ることは出来なかったと思う。たんたんはあのキツイ状況の中、いつだって自分よりも先にオカナのことに気を配ってくれました。本当に感謝してます。
このキリマンジャロ登山は確実に私達の旅の中で忘れることのできない、大変素晴らしい体験になったと思う。辛かったけど、本当にやってよかった!!






応援クリックお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村







スポンサーサイト

Comments

*おめでと~*
登頂ほんと~におめでとう☆
懐かしい景色と同じ辛さ&状況を思い出して
私もまた登ってる気分になっちゃった(笑)!
たんたんのわがまま聞いて良かったね♪
なんかすっごく感動!!!
とにかく無事の登頂、本当に良かった♪
次に会った時は「キリマンジャロ」の話したくさんしよう!
ゆっくり休んで次の旅に備えてね☆
ぐりこさん、ありがとうございます!!キリマンジャロ登山、全てはぐりこさんたちがきっかけで始まりました。こんなにも素敵な経験、なかなかできることじゃないと思います。きっかけを作ってくれたお2人には感謝でいっぱいです。
登っている時、辛くなって、ああ、私登りきれんのかなってネガティブになると必ずいつもぐりこさんを思い出していました。
私よりもきゃしゃなぐりこさんが登りきったんだから私にだって登れる可能性はある!!って自分を励ましてました
本当にありがとうございます!
今はザンジバルでポレポレ、の~んびりしてます。私達はここで年越しです。お2人が行ったJAMBIANIにも行く予定ですよ♪
早くあの美しい海を見てみたいな(^.^)

IKIIKIスクール最高です!!

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。