1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

2年半に及んだ世界旅を終えてからの日常や料理のこと。


訪問者
プロフィール

たんたん&オカナ

Author:たんたん&オカナ
コックの二人が仕事を辞めて2年半の世界一周旅行へ。無事に帰国し結婚。再びコックの世界に戻り、日々奮闘。料理漬けの毎日を送る。

最新トラックバック
帰国から!
タイムカウンター
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

29

Category: ブラジル2

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ブラジルの家族
オイ~! たんたんです。

日本って今ちょうど夏休みなのね!
いいな~♪いいな~♪

南半球のこっちは今冬だけど、ここブラジルサンパウロ州は
気温が朝10度近くまで下がっても昼間は30度位になるっていう
感じで温度差が結構あるんだよね。

でも体は2人ともいたって元気です。
毎日健康的な生活をここ弓場で4ヶ月ほど送ってきたおかげで・・・

そんなこんなで、気がつけば4ヶ月も!!

そして7月26日
ついにうちらも弓場を出るときがやってきました(^.^)

初めてやってきたのは、リオのカーニバルを見てからの2月後半。
そんときは2週間滞在の予定でやってきたんです。
普通にね!

でも2週間という時間があっという間すぎて延長をしてったら
あっという間に1ヶ月が経っちゃった訳で・・・・

それでもまだいたかったけど、そのときはこれ以上ここにいると雨季のウユニ塩湖に間に合わなくなるからってことで弓場を後にしました。

そしてそれから1ヶ月ちょいかけてボリビア、チリ、パタゴニアと観光をして盗難被害に逢いつつも、5月のはじめにまた新しくビザを取って弓場農場に戻って来たんです!

また新たに戻ってきて、今度は6月初めにある結婚式を見るまで居るつもりだったのが、その後もいろいろ面白そうなイベントごとがあって、結局今度は3ヶ月も居てしまった訳で・・・・・・ビザ期限ギリギリまで居ました。

ここにいると1日は長く感じるけど、1週間、1ヶ月はとてつもなく短く感じてしまう不思議なところで、そう思うと4ヶ月もいたのになんだか1ヶ月くらいしかいてなかったような不思議な錯覚に陥ってしまいます。

ここでの生活は充実した毎日!

たんたんは基本いつも畑仕事の方に回ってて主な仕事内容はオクラ、カボチャ、グアバなどの収穫、そして草取りやら薪運びなど日中はずっと日差しを浴びながらの重労働が多くて、いつもまじめに取り組んでたから初めのころは毎日ヘトヘトだった。6月後半からは畑仕事以外にも週2回弓場の野菜を100キロほど離れた町までトラックで配達して、そして自分たちで陳列作業までやる仕事もやってたし!
おかげで今では肩と腕周りの筋肉がだいぶ付いてきたよ。

毎日食べる野菜中心のおいしいご飯も、ここでの生活に充実を与えてくれてた物の1つです。

001_20120727094005.jpg


他にはここで沢山の旅行者にも出会えたし!

弓場の人もひとりひとりキャラの強い人ばっかでおもしろいし!

そんなみんなからいろいろと学ばせてもらって考えさせられたような気がします。

046_20120728210505.jpg


042_20120728231210.jpg

021_20120728231211.jpg


006_20120728231945.jpg



まあ、あんまし上手いこと文章まとめられないんですけど、
とにかくここに来てよかった。

貴重な時間を過ごせてほんとによかったです。

また来たい!!!



オカナです。

来た頃は弓場のことなーんにも知らない状態でたんたんに連れられてやって来た。一体どんな場所なんだろう。共同生活なんてオカナ苦手だよ。
そんな不安半分、でも農業体験ができるというオカナには初体験なことに興味深々。

弓場農場に着いて通された大きな食堂、コジーニャに行くと最初にやまの方、ジッコさんに
「いらっしゃい。お腹空いてるでしょう。ごはん食べなさい」と優しく迎えられた。
夜行バスでの移動でヘトヘトなうえ、お腹もペコペコの私たちは噂で聞いていた弓場の美味しいごはんに早速飛びついた。用意された白米に新鮮な生卵を乗せて、添えてあったゴマラー油を加えて一口・・。
う、うまい!!!
二人とも夢中で口にかき込んだ。
美味しいごはんを頂きながらこれから2週間どんなことが待っているのだろうと気持ちはもう不安からウキウキな気分に変わっていった。

初体験の野良仕事は戸惑うことばかり。早速腰は痛くはなるわ、マメは出きるはと・・。初心者にはかなりハードな仕事だった。
しかし、青空の下、麦わら帽子を被って慣れないクワを持ち上げて草を切ったり芋を掘ったり。旅行者と慣れない者同士、ヒ~ヒ~言いながらも1つのことを達成すると喜び合って・・・。
やまの人が野菜畑で採れた果物を持ってきて木陰で休憩。みんなの談話を聞きながらワンコたちは横で心地良く眠る。
気持ちの良い時間がゆっくりと流れていて、小さな幸せを感じた。
043_20120728205647.jpg

060.jpg



女の子たちは収穫したオクラのパック詰め作業、ゴマの収穫、それにコジーニャのお手伝いと・・・。

コジーニャ。
008_20120727095655.jpg


オカナにはなんとも魅力的な場所でした。
年期の入った古くから愛用されている道具たち。
それを今でも大事に使い、美味しい料理へと生かしていくコジーニャのたくましきお母さんたち。
073_20120728205647.jpg

036_20120728233727.jpg


056_20120728234850.jpg


そんなお母さんたちの声が毎日コジーニャ内、外で響き渡り飛び交う。


「マキナ(洗濯機)止まってるよー!!!」

002_20120727095656.jpg


「さ~ち~こーー!!電話よーーーー!!!」

010_20120728233955.jpg


「あ~め~(雨)よーーーー!!!!!」

007_20120729000242.jpg

遠くまで響く力強い声。お母さんたちのパワフルな姿、毎日出される魅力的な食事、そして料理方法と・・・。すっかり魅了されたオカナは気付けば野良仕事から完全にコジーニャに移籍。

毎日が興奮、刺激的だった。

自分も得意な料理でみんなを喜ばせたいなと軽い気持ちでデザートやらスープ、深夜食堂を開いた。

たんたんとのパスタ対決
001_20120729003339.jpg


そんなオカナの気持ちを知ってかある日えんみさんに「カナー、お母さんやってみる~?」と言われて悩む間も無く即決、「はい!!やりたいです!!」

そんなえんみさんのご好意で「お母さん」デビューを果たした。

ちょっとしたもめ事もありつつも最後まで仕事を果たせてくれ、見守っていてくれた先輩お母さん方、味の好みで少々の不満もあったかもしれない、けど1週間オカナの料理を付き合って食べてくれたやまのみなさん、旅行者のみんなに感謝の気持ちでいっぱい。

気付けは4ヶ月ちょっと。

この4ヶ月はたんたんの言うようにあっという間の時間でそして濃い濃い時間だった。
正直この旅先でこんなにも自分が深くここまで人とのつながりができると思っていなかった。
そりゃあ、いろんな方がいるんで全ての人とは上手くいってたわけじゃないけども、でもこの弓場農場からは本当に愛が溢れていた。
そんな弓場農場はオカナにとって第二の我が家です。

みんなが大好きです。

一生忘れられない場所。

この感動、思い出は最近までオカナの世界一周旅史上ベスト1位であったキリマンジャロ登頂を越えての1位に輝きました。
と、いうわけでキリマンジャロ登頂、2位に降格です・・・・。

弓場が大好きです。

いや、愛してます。。。

本当に今まで大変お世話になりました。

いっぱいのありがとうを心から言いたい!!

ありがとうーーーー!!!



059_20120727095826.jpg


P.S 
しばらく弓場シック、引きずりそうですが世界一周の旅、二人元気に仲良く続けていきます!どうか引き続き温かく見守っていて下さい。そして応援よろしくお願いいたします!
(つーか、弓場農場長居し過ぎて気付けば南米入ってから既に半年経っちゃってるし~笑)


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。