1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

2年半に及んだ世界旅を終えてからの日常や料理のこと。


訪問者
プロフィール

たんたん&オカナ

Author:たんたん&オカナ
コックの二人が仕事を辞めて2年半の世界一周旅行へ。無事に帰国し結婚。再びコックの世界に戻り、日々奮闘。料理漬けの毎日を送る。

最新トラックバック
帰国から!
タイムカウンター
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15

Category: ペルー

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

まだ下がらない・・・・・
040_20120815043559.jpg


HOLA!!

オカナです。

結構ゆっくりと見てきたボリビア。標高高いもんで体に無茶しちゃいかんということでマイペースに動いてました。というかダラダラと?
ボリビアはいろんな所に見所があり、なかなか楽しい国だったかな。
特にたんたんにはお気に入りのようでした。
たんたん曰く、今まで訪れた南米の中で好印象だったのがブラジル、ボリビアらしいです。

ブラジルでは人懐っこい人が多かったな。そしてパワフル。でも同時に凶悪な部分を持っている国でもあって常に警戒してたけど。
それでもブラジルの雰囲気が好き。また訪れてみたい国ですね。

ボリビアは見所が多い国だし物価も安く買い物天国ではありましたが、なんせ毎日同じような料理ばっかりで・・・。
あとは油断してると強盗にも会いますよ。

ある日のラパスでの露店観光をしていた時のこと、たんたんが危うく強盗被害に遭うところでした。
どこかの現地のオヤジが油断しているたんたんのポケットにすっと手を入れてi pottouchを盗ろうとしていた(犯行が行われる前にたんたんが道端で堂々とi pottouchを広げていたことが引き金か)。
たんたんの後ろを歩いていたオカナは直ぐに気付き、あああ!!せっかく苦労して(たんたんが一時帰国して)手に入れたi pottouchが!!と思ったら興奮MAXで「くうぉおおおおらぁああー!!!」とそのオヤジの手を掴んだ。
オヤジは瞬時にi pottouchを放したのか手の中は空っぽ。逆切れされてオカナ突き飛ばされました。
にもかかわらず、たんたんは何が起きているのかさっぱりのようであぽ~んって突っ立ていた。

オカナ「(たんたんに向かって)ばかちーん!!油断してんじゃねぇ!!」と叱りました。
結局何も盗まれずに済んだけども、やっぱこういうのって気持ち悪いし、ちょっとショックだよね。(オカナ、突き飛ばされたしね)
そういうこともあるのでみなさんも気を抜かず安全な旅をしまひょうね。

あとはね、ボリビア人男性について。
ボリビアの男性は漫画「スラムダンク」に登場する牧紳一似がいっぱい。
ここ最近、(今更)スラムダンクを読み始めてすっかりのめり込んでしまったたんたんとオカナ。
特にオカナは牧紳一がタイプ。
そんな牧紳一がボリビアにうじゃうじゃといるではないか。
右を見て牧紳一。左を見て牧紳一・・・・。

鼻の下が常に伸びきっていたね。

img_856732_15079728_0.jpg


そんな夢のようなボリビアを後にし、やって来ましたお次の国。

ペルーです!

コパカバーナからバスで走らせること約4時間。

着きましたはティティカカ湖畔の町、プーノ。
ペルー南部、アンデス山脈のほぼ中央に位置する標高3855m(相変わらず高いや~ん)の小さな町。



今回のお宿はコチラ。

001_20120815043133.jpg


「マンコ・カパック・イン」



うん。すごい名前だね!!

ちなみにマンコ・カパックとはインカ神話によるクスコ王国の初代国王のお名前なんですと。
日本ではなかなか人前では言いづらい名前だね。


荷物を置いて早速町観光。

ここでよく目に付くのは三輪タクシーと人力車

009_20120815043458.jpg


103_20120818060137.jpg



だいたいS/2~4ぐらい(60~120円)

たんたんはこういった乗り物初体験でちょっと遊園地の乗り物感覚みたいと浮かれていた。

たんたんよ、アジアにいったらこういのいっぱいあるから思う存分楽しめるぞ。



ペルーにもたくさんの可愛い雑貨やらがいっぱい。
でも、値段がボリビアの時と比べるとぐ~んと上がっていた。
やはりボリビアでお土産買っといて正解でした。




メイン通りにはお洒落なお店も。

046_20120815043032.jpg


みなさ~ん。たんたん君のこのズボンのあそこ部分、なんか不自然ですよね。異様にもっこりというか・・。

旅に出る前に購入したズボン。旅中何度も股の部分が裂けまくってしまったという。
思い起こせばいろんな国で修復したんだっけ。
ヨルダンから始まり、トルコ、アフリカ、ブラジルと・・。
そして最近また裂けました。それにボタンも全滅です。
上手いこと隠してなんとか履いている状態です。

そんなかわいそうなたんたん君。どっかに直してくれるところはないかな~と探していたら偶然にも露店ミシン屋さんを見つけた。これはチャンスと即直してもらうことに。


トランクス姿で待つこと5分ほど・・・。
046_20120815043558.jpg


おっちゃんの粋な計らいでしつこいくらいに何度も何度も糸を通しまくって完成。ボタンも新しく着けてもらってS/3(90円)でした。
履いてみるとあの気持ち悪かったもっこりもスマートにへっこんで見苦しくなくなりました。

果たして今度はどれぐらいもつものやら・・・。

053_20120815043558.jpg


たんたんのズボンも絶好調となり、元気に町観光再開。


「中央市場」


中央市場に入ると2階建ての吹き抜けになっていて、
一回の中心部分は生肉コーナーで、主におばちゃんたちが働いている。
013_20120815070409.jpg

なんですかね、コレ。ホルモン?
016_20120815070409.jpg


2階に上がると食堂やフレッシュジュースがある。

ボリビアでもよく見かけた「あえて逆さゼリー」。
逆さにしようが、誤って落としてもビクともしないたくましいゼリー。コレ、ボリビアでつるさんが食べてたのを味見させてもらった。
てっきり頑丈な(ゴムのような)弾力なのかと思っていたら意外と普通のまともなゼリーでした。

015_20120815043034.jpg


食堂で食べた料理。「ロモ・サルタード」
牛肉の細切り、玉ねぎ、トマト、フライドポテトを炒めたものでペルーの国民料理。
シンプルな味付けで美味い。

003_20120815043459.jpg


「プーノの町の安食堂」

安食堂に行くとよくある定番定食。スープ、メイン(3種類ぐらいから1つ選ぶ)、ジュースという組み合わせ。お値段s/3~4(90~120円)
まず出てくるスープなんだけども、その量が半端ない。深い皿に並々出される。必ずっていうくらい入っているものが肉、ジャガイモ2種(この内乾燥ジャガイモが1つ入っているのだけども美味くない)。
そしてボリューミーなスープに対してかなりシンプルなメイン。大体お決まりなもので魚のフライ、肉の塊そして豆の煮込み。
う~ん。私たちの店を選ぶセンスがないのかプーノの安食堂の料理はどこもイマイチ。
旅人の間で大好評のペルー料理。
いままでそんな噂をいっぱい聞いてきたからかなり期待してたんだけども・・・。

極めつけは食後のジュース。
顔が引きつるくらいのクソ不味さです。

ある日はお子ちゃま用お薬のような味のジュース
011_20120815043035.jpg

別のある日は温かい何味か不明のジュース
042_20120815072953.jpg



でも、コレは美味かったよ。ゴールデンコーラ!

ペルーの飲料で、コカ・コーラをおさえてペルー国内シェアNo.1のコーラである「インカコーラー」だ!!
味はというと、カキ氷のシロップに炭酸が加わったような、ラムネに似たような味でもあるような。
意外とコレ、イケまっス。
036_20120815070408.jpg



「もう1つの市場」

バスチケットを買う為、バスターミナルへと、行きは三輪バイク、帰りは歩きで帰っていく途中で偶然見つけた市場。
生活用品、食べ物といろんなもなが密集したなかなか見ごたえある場所で、ひょっとしたら中央市場よりもデカかったかも。

022_20120815070407.jpg

鶉(ウズラ)の卵売り。カゴの中には生きた鶉さん。ひょっとして生みたての新鮮な卵?

034_20120815043457.jpg


肉コーナーにはかなりごっついもんも置いてあったよ。

羊(たぶん)。なんか軽くミイラ化?

030_20120815043457.jpg


さらにデッカい頭見つけた。舌がベロ~ン

037_20120815043456.jpg


湖に面した町だけあって魚も豊富。アジなんか日本の2倍位の大きさだった。
そしてトゥルーチャ(マス)など。

015_20120815070408.jpg

こんな謎の魚も。う~ん・・・あんま喰う気がしない。

020_20120815075110.jpg


そんな豊富な魚でよくペルーで食べられている料理の1つがコレ。

041_20120815043559.jpg


「セビッチェ」
生の白身魚をレモンで締め、玉ねぎ、汁で和えたマリネ。

上のように屋台でもあるし、安食堂にもある。

オカナたちが食べたのは安食堂のもの(下)。 味は普通。プーノでは(たぶん)アジのセビッチェだけだったけども他の町でタコ、エビ、イカ、貝などのセビッチェもあるというのでそちらに期待。

036_20120815043033.jpg


あまりにも料理が期待外ればかりで納得がいかなかったので、
ちょっと奮発してツーリスト向けのレストランにも行ってきました。
メイン通りに行くとあるわあるわ、たーくさんの観光客向けのレストラン。
そして必ずって言うほどこういった所にやってくる欧米人。

いろいろ周ってみるけども、お店がたくさんありすぎて選べない。
こんな時お互い優柔不断同士だから本当決まらない。(それでよくもめるんです)

最終的に決めたお店は「LAGO DE FLORES」という所。

理由はこの女性シェフの身なりで。たんたん共に同じ職業柄、きちっとした身なりを見るとなんとなく好感を覚えるのです。
085_20120815111033.jpg


店内の雰囲気は悪くない。
けど~。BGMが悪すぎ。なんでこんな場所でバックストリートボーイズ・・・・
057_20120815111035.jpg


ツーリストメニューというものがあって、
前菜、メイン、デザート、飲み物がついてs/15(450円)を注文。
たんたんはちょっとお願いしてメインを単品料理のもに変えてもらってs/40(1200円)

バックパッカーにはちょっと贅沢なお値段だけど、日本の感覚からしてみたらやっぱり安いよね。

こちら、「ピスコサワー」
ピスコとはペルーを代表するブドウの蒸留酒で玉子の白身(メレンゲ)とレモン、
砂糖を加えてシェイクしたカクテル。
お酒というよりジュースに近かった。でもレモンのさっぱり感、冷たいメレンゲの爽快感がおいしかった。
066_20120815111034.jpg


前菜ではオカナはアスパラガスのポタージュを。たんたんはブルスケッタ。

前菜はどちらも大したことなかったので写真はなしで。
スープに関してはこりゃあインスタントだねって。
ブルスケッタはただバケットにチーズが乗っかっただけのもんでした。

ま・・・値段が値段だからね。多めにみてやろう。

そしてメイン。


オカナは「アルパカ肉のグリル」。

068_20120815111034.jpg


肉、薄ッ!!!

ま、まあ、いいや

そしてお味の方は・・・

うん。美味しい。肉質、味共に牛肉に近くってクセもなくあっさりとしていた。
ちょっと文句を言えば塩分がキツイ。


そしてたんたんのメインが遅れに遅れてようやくやって来ました。

「クイのロースト、ローカルスパイス添え」

081_20120815111033.jpg




はて、クイとはなんざましょ?とお考えのあなた。




クイの正体、それはこの子たちです・・・・


キュ~~~~~~~~~~
img_856732_15079728_0_20120815111237.jpg


こんな可愛い子たち(テンジクネズミ)が・・・・・



こんな姿にされてしまいました。。。。。

077_20120815111033.jpg


なんでもペルー人の大好物なんだとか。

やっぱそんなペルーに来たからには味わーなきゃね。

たんたんくんの感想です。 
「鶏肉のような身質で、豚肉のような脂質。骨がいっぱいで食べづらかった」だそうです。
オカナも頂きましたが、味付けのスパイスが強よすぎて味がイマイチ分かりずらい。
結構皮の部分が脂こい。
鶏肉に近い味。一回食べたら十分。そんな味でした。

もっとクイについて知りたい、調理方法など、興味があるという方はコチラをどうぞ。
脱サラ課長こと、世界の珍味を食べ歩くたいたいさんが見事なさばきっぷりを披露してるよ♪



味の点数から言うと低いっス。
でも久々のこ洒落たお店で頂くのもいいものです。(バックストリートボーイズはないけど・・)


序盤、なかなか美味しいペルー料理に巡り会えないけど、絶対突き止めてみせるぞ!!




次回の記事はティティカカ湖に浮く島「ウロス島」へGO!!の巻き。お楽しみに!!


皆さん、お盆でまったり中でしょうが、応援よろしくお願いします!!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。