1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

2年半に及んだ世界旅を終えてからの日常や料理のこと。


訪問者
プロフィール

たんたん&オカナ

Author:たんたん&オカナ
コックの二人が仕事を辞めて2年半の世界一周旅行へ。無事に帰国し結婚。再びコックの世界に戻り、日々奮闘。料理漬けの毎日を送る。

最新トラックバック
帰国から!
タイムカウンター
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

18

Category: ペルー

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

クスコに着いたけど・・・・

オカナです。

どうもプーノの町で食べたセビッチェが原因かと思われます・・・。

コレね

036_20120815043033.jpg


プーノを離れ次なる目的地、クスコに向けて出発の日。

朝に食べたパンがなんとなくもたれている感じ。

移動バスは快適そのもの。
マッサージチェアー並みのゆったりとした椅子、2階の先頭席だったから見晴らしも最高でした。

112_20120818061046.jpg

111_20120818061047.jpg


けど、なんか相変わらず胃がもたれている感じ。それにちょっと気持ち悪い。

車酔い?(普段あんま、なんないんだけどな・・)それじゃあ、また高山病?(ひへ~~~)


走らせてから数時間後に止まったお土産屋さん。

お土産屋さん以外なんもないところ。こんなところで開くなんてすんごいね~。

でもバックにそびえる山、そしてお土産屋から流れてくるアンデス音楽が最高マッチしていて、あぁ、これぞ南米!!って感じた。

007_20120818061046.jpg

009_20120818061045.jpg



肌触りの良いアルパカ製品

020_20120818061045.jpg


アタイの毛、モフモフの最高級よ~ん♪

014_20120818064626.jpg


024_20120818061011.jpg



ちょうどお昼を周っていてたんたんがおなかを空かせていたのでチョコレートを買い、一緒に食べたのだけども、直後にまた胃が変な感じ。
午後になると日差しも強くなってきて、車内も暑くなってきた。
オカナは快適に感じてたバスが徐々に辛くなってきて、いつもは7時間の移動なんて楽勝なんだけども今回は少し長く感じ、早く着かないかなってソワソワしてた。


そしてなんとかクスコの町に到着。
タクシーに乗り、目的の宿へ。
途中窓越しから見えるクスコの町は以前の町並みとはガラっと変わって、人(地元人、旅行者)で溢れかえっていた。
おお・・・なんだかワクワクしてきた!
けど、相変わらず、な~んか調子悪いなぁ。
そのうちおなかが変な音いい出してきたし。

宿までの道のり、相変わらず坂道が多く、ため息が出る。
はぁ~・・・また坂道に苦しめられそうだ(涙)

今回のお宿「SAMANAPATA RIKCHARIY」
旅人さんのブログで見つけたこのお宿は出来上がって間もないらしく、きれいでネット環境も良く、シャワーのお湯も熱々(ここ重要)、外からの眺めも最高です。
これで個室50ソル(1500円)。

部屋にはテレビも付いていてなんとNHKがリアルタイムで見れます。
なんかホっとするわ~。
後は別チャンネルでドラえもんが見れます。スペイン語バージョンです。ジャイアンの声が女の子のようなハイボイスです。

とりあえずまずはシャワーだ!と、2日振りにさっぱりと。ついでにおパンツも洗って・・。

熱々のお風呂は最高ですね。

さっぱりクリーンになったら気分もちょっと良くなった。
でもおなかがやっぱり変な音鳴るんだよね。でも痛くはない。


しばらくお部屋でリラックスしてから夕飯を食べに外出。

プーノでは満足いくペルー料理に巡り会えなかった。でも、クスコの町にはオサレ~な飲食店がとにかくいっぱい!そしてメニューの品も豊富。
おなかペコペコになって興奮MAX。
目が輝いてしまう。

でも、ここでまた優柔不断な2人はなかなか決められない。
3,40分ぐらいウロウロと練り歩いてたら広場にやって来た。
そしたらお店のメニュー表を持ち歩いた客引きが現れてターゲット見つけたなりと言わんばかりにワ~~~って集まって取り囲まれてしまった。
みんな必死(笑)
どこのお店も大体同じ料理だったので最終的に決めたのは赤ん坊を抱っこした若いお母さん客引きのお店。

フリーのサラダバーにワインもフリー。ウイエターのおじさんたちも感じよし。

コース料理の方が断然お得なのだけども、今回は2人とも贅沢して単品料理で。


マスのセビッチェ

047_20120818061153.jpg


コレ、オカナが一番食べたかった料理で「チュペ・デ・カマロネス」
川海老をトマトスープで煮込んだ料理。
046_20120818061154.jpg


スープの中には海老がゴロゴロ。それにそら豆、チーズ。目玉焼き乗せてるところもポイント高いよね。
しっかりと出た海老のダシに半熟玉子の濃厚さが絡み合って本当美味しかった。

051_20120818061153.jpg


「アヒ・デ・ガジーナ」
鶏肉のほぐし身と、玉ねぎ、牛乳に浸したパン、黄色いトウガラシ、スパイスなどで調理した料理。
とてもマイルドなカレーに近い感じ。鶏肉が具沢山

052_20120818061152.jpg


「アロス・コン・マリスコス」
たっぷりの魚介(老、タコ、貝)にパプリカ、グリンピースが入ったシーフードチャーハン。

055_20120818061152.jpg


偶然入ったここのお店。味はどれも美味しかった。

・・・・・・・・


がッ!!



オカナの体調不良はスープを3口ほど飲み始めた頃やって来た。

美味しいと飲んでいたスープが徐々に口に入れるのがしんどくなってきた。

マジで~~~


ペルーで一番食べてみたかった料理。
ここは無理やりでも胃に詰め込んでやる!!だってこんな惜しいことないよ~(泣)


たんたんにも飲んでもらい、なんとかスープは完食。

問題はメインなのだ。


体調は確実に悪化。

上から(吐き気)、下から(P~~~ちゃん)の攻撃が開始。




あうう~~~~~~~

浦安鉄~1


よりにもよってオカナのメインはアヒ・デ・ガジーナ。
目の前のものを見て、匂いを嗅いだだけでうっぷッ・・・・。

がんばって一口。


・・・・・・


あぁぁぁ・・・・無理。


一口ダウンです(涙)



たんたんもがんばってメイン両方食べてったけどギブアップ。

お店の人にお願いしてテイクアウトにしてもらった。


まったくタイミング悪すぎだっつーの~。




宿に着いたらさっき無理におなかに入れたあの美味しいスープがお口から出ちゃった。
その後は下痢っス。


せっかくオサレ~なクスコの町にやってきたのに次の日も体調は戻らず宿にこもりっきり。

観光したいだろう、たんたんも気を使ってオカナに付き添う。

弱っている時って相方の存在がとても大きく感じるね。


たんたんくんには今までもいっぱい迷惑をかけたもんだ。

その度にたんたんくんは嫌な顔せず(してたのかな?)助けてくれたね。

いろんなエピソードあるけどこれを人に話すとみんな口を揃えて言うのは
「こんな出来た彼氏いないよ!!絶対手放しちゃいけないよ!!」
だって。

そんなたんたんとの付き合いも8年目に突入か。

長げーな。

たんたんよ、君はすごいな、こんな女とよくずっと一緒にいられるもんだ。

まったく成長しないオカナを変わらず不器用に優しくいたわってくれるたんたんくんに口には出さないけど日々感謝に思う今日この頃なのでした。



次回はオカナ復活。ようやくクスコ観光開始なり!!


応援ありがとうございます!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村









スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。