1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  05 ,2017

2年半に及んだ世界旅を終えてからの日常や料理のこと。


訪問者
プロフィール

たんたん&オカナ

Author:たんたん&オカナ
コックの二人が仕事を辞めて2年半の世界一周旅行へ。無事に帰国し結婚。再びコックの世界に戻り、日々奮闘。料理漬けの毎日を送る。

最新トラックバック
帰国から!
タイムカウンター
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

24

Category: ペルー

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

神秘なる地、マチュピチュへ、いざ行かんッ!!!
15世紀前半、スペイン人によりインカ帝国が征服されると、スペイン軍はインカの都市をことごとく破壊尽くした。
しかし標高2400mに造られたマチュピチュはスペイン軍に見つかることなく無傷のまま残された。
インカ帝国の滅亡から400年近くの月日を経てマチュピチュは発見された。

マチュピチュ遺跡は麓からは約400mの標高差があり、断崖と尖がった山々に囲まれ、麓からその姿を確認することは出来ず、空中からしか存在を確認できないことから「空中都市」と呼ばれている


HOLA!オカナです。
やって来ましたよ、マチュピチュ!!
インカ文明とかさっぱりの人でも大抵マチュピチュぐらいは知っているよね。オカナもそうです。

気付くとよくTBSとか特番でエジプトのピラミッドに続く勢いで放送されてるじゃないですか。
テレビに映ったその光景を見て一度は生を見てみたいな~なんて思っていた。
そんな場所に今回来ちゃいました。



シャトルバスに乗り標高差400mの斜面をクネクネと登っていく。

171.jpg

約30分ほどして到着。車を降りて入口ゲートを入り森の中をしばし歩く。上り坂が続き、少し息が切れる。立ち止まって休憩したいところだけど、後ろには既に観光客の列ができているもんだから、止まるに止まれない。
苦しいのだけども、反面、いよいよあのマチュピチュとご対面だという興奮で辛さも耐えられる。

165_20120824035614.jpg

徐々に顔を現すマチュピチュ。

ドキドキ・・・・。

静かに鼓動が早まる。

そ・し・て・・・・!!


でんッ!!!



生マチュピチュだ~~~~~!!!

166_20120824035614.jpg

その瞬間、ワ~オーーー!!!

っと、叫ぶでもなく、2人お互い「はぁ~~・・・・マチュピチュだね~~~・・・。」
って静かに感動した。


乾季のこの時季は天候にまったく悩まされず、この通り晴天、日差しギラギラの中で見ることが出来た。



小高い場所にある見張り小屋を通り、段々畑へ。
マチュピチュには当時300~1000人が生活していて畑ではジャガイモやトウモロコシ、コカの葉などが生産されていた。
段々畑には様々な用途があり、東側の太陽の当たる畑では作物が作られ、西側の太陽の沈む側の畑は神への感謝の捧げ物を置いた場所であり、急斜面の段々畑は山崩れを防ぐ為につくられたそう。
112_20120824002535.jpg

276_20120824060621.jpg



そんな段々畑近くから見たマチュピチュ

222.jpg



しばしの展望を楽しんだらいざ内部へ。
266.jpg


市街地入口を入って・・・・
内側から見える上の出っ張りと両脇の凹みが見える。この凹みや出っ張りを利用して横棒と縦棒を通し扉が付いていたそう。
275.jpg


先に進んでいくと現れるたくさんの岩がゴロゴロと。
ココは石切り場。
マチュピチュの建物に使われた石はすべてマチュピチュ内の石切り場から切り出されたと言われている。
006_20120824002111.jpg

028_20120824002110.jpg

110_20120824002536.jpg


032_20120824002110.jpg


石を削った階段

109_20120824002536.jpg

インティワナタ。
太陽で日時を知る為の日時時計と言われる、角柱のついた石。
034_20120824002311.jpg

見晴らしの良いインティワタナから見下ろすと広場を挟んで左から貴族、技術者、庶民の居住区が並ぶ。
貴族の住居が大きな石を隙間なく積み上げているのに対し、庶民の住居は不揃いの小さな石を積み重ねてある。身分が低い者の住居ほど石の積み方が雑になっていく。
013_20120824002110.jpg


それにしても歴史ちんぷんかんぷんのたんたんとオカナ。一生懸命「歩き方」で勉強しながらそれをオカナに説明するたんたんガイド。
009_20120824002111.jpg


神聖な広場と3つの窓の神殿
インカ発祥に関する2大伝説のひとつに、タンプトッコという3つの穴から8人の兄弟姉妹が湧き出し、そのうちのひとりが帝王マンコ・カパック(インカ王国を最初に開いた人物)となりクスコでインカ帝国の基盤を築いたとか。
025_20120824002110.jpg


そんでこちらが
オカナ・カパックです。
はい。そろそろ歴史のお勉強に飽きてきて、いつものおふざけモードに入ってしまったオカナです。
092_20120824002310.jpg


たんたんも飽きてきて、いつもの景色観賞。
070_20120824065346.jpg




257.jpg


085_20120824002310.jpg

269.jpg



「インティプンク」
マチュピチュからインカ道を通って軽いトレッキングしちゃいました。
細い道を進んでいく。
軽く考えてたけど、意外と行きの坂道キツイかったっス。
174_20120824035614.jpg

石の門(太陽の門)到着。
道はまだまだ続く・・・・・
オカナ、ズガレダよ・・・・(疲)
182.jpg

石の門から眺めるマチュピチュを前に、

「マンコ・カパック様、わたくしめに力を与えたまえ!!」
211.jpg


マンコ・カパック
「VAMOS!!!」
3XmgUnz9zAWAq1O.jpg



ヒ~ヒ~言いながら歩くこと約1時間。インティプンク遺跡にようやく到着~。

184_20120824075604.jpg

198.jpg

201.jpg


おつかれさ~ん
197_20120824035837.jpg



しばらく景色を堪能し、マチュピチュに戻り、最後にもう一度この目にしっかりとマチュピチュを焼き付けました。
2人でパシャリ
235.jpg

最後に、パスポートにマチュピチュスタンプ押してもらいました。
なんでも今年はマチュピチュが発見されてから100周年なんだとか。
おめでとうございます!!
123.jpg


100周年にマチュピチュに来れたとはなんだか縁起がいいね~♪

マチュピチュ、本当スケールが半端なくってカッコ良かった。
歴史好きだったらもっと興奮したんだろうけど、それでも感動でした。


ほんじゃ、再びクスコに戻るぜよ。
VAMOS!!!


応援ありがとう!!
ありがたや・・・・。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。