1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

2年半に及んだ世界旅を終えてからの日常や料理のこと。


訪問者
プロフィール

たんたん&オカナ

Author:たんたん&オカナ
コックの二人が仕事を辞めて2年半の世界一周旅行へ。無事に帰国し結婚。再びコックの世界に戻り、日々奮闘。料理漬けの毎日を送る。

最新トラックバック
帰国から!
タイムカウンター
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05

Category: ペルー

Tags: ---

Comment: 3  Trackback: 0

アヤワスカの力(ちから)
オカナです。

今回の出来事は正直半端なかったぜよ。
こんな経験はオカナが29年間生きてきた中で始めてのこと。

とにかく凄まじかったんだよって。
「アヤワスカ」

まあ、簡単にオカナの身に何が起きたかと申しますと・・・
ビジョン(幻覚)、吐き気、嘔吐、吠える、振るえ、からの~激しい痙攣、過呼吸症状、たんたん君への想い、号泣、そして目覚めた・・・

で、ある。

なんじゃこりゃ~って感じでしょ?
オカナは今でもこうして書きながらあの出来事を思い起こすと左手がまた痙攣をちょっと起こします。(あ、ちなみにこの記事(下記事)書いてたの、その出来事があった翌日で、今はもうなんの症状もありまへんのでご心配なく)
さて、一体オカナちゃん、そしてたんたん君はアヤワスカ体験で何を見て、何を感じたのかな?

ご覧頂きましょう。

夜の21時過ぎ、外は満月の光でとても明るかった。どこからか太鼓のリズム音が聞こえてくる。
オカナたちは部屋でピックアップの三輪バイクが来るのをひたすら待機。
二人に緊張はなかった。
ただ、お腹が空腹。
アヤワスカを受けるにあたって食事制限があり、午後の14時以降は一切食べ物を口に含んではいけない。
アヤワスカを飲むとだいたいの人が吐くらしい。
なんであらかじめ胃の中を空っぽにして臨んだほうがいいみたい。
じゃないとゲロった時、大変だもんね。

20分ほど経ったところでようやく三輪バイクが迎えに来た。

二人乗りの椅子に無理やり3人で乗り込んだ。
1人は同じくスイピーノ敷地周辺に住んでいる日本人の26歳、M君。

なんでもM君はアヤワスカ修行中の身でここでの生活も間もなく一年を迎えるんだそう。
たんたんは日中に一度顔を合わせていたらしく、ぶらり散歩を楽しんでいたらハンモックに横たわる全裸のM君がそこにいたらしい。

そんなM君との3人で三輪バイクに乗り、目的地のセレモニー場所まで向かった。
満月の明るい中、ガタガタの砂道と肌寒い風に打たれながら走る。
日中のあの暑さがウソのよう・・・。
ドライバーは少しガタイが良く、フードを被り、黙々と運転。
たんたんにはそんなドライバーの後ろ姿が死神のように見えたらしい。
15分ほど走らせて到着。
セレモニーが行われている建物は開放的で建物を囲む壁の部分は網戸状になっていて中の様子が見える。と言っても明かりは広い部屋の中心に置かれた一本のロウソクだけなので参加者の顔は全然見えない。中に入ると独特の香りが鼻をつく。
どうやらみなさんが吸っているパイプタバコから匂って来ているみたい。
部屋にはそれぞれ参加者ひとりひとりにマットレス、ブランケット、そして洗面器が・・・。
洗面器はいつでも吐けれるようにという心遣い。
今回の参加者は10人ほど。M君と私たちを抜いて全て欧米人。なんか変わり者ばっかりって感じで、只ならぬ雰囲気にちょっと緊張し始めてきた。

みんな始まるまでの間、思い思いに過ごす。仲間と談話したり、パイプタバコをすぱすぱ吸ったり、洗面器に唾吐いたり。
さて、本日のシャーマンはどこや??と見回していたら突然笛のような音が聞こえてきた。すると笛ではなく、口で低い音を出して鳴らす体の大きい男がいた。
あれ、つーかさっきの三輪バイクのドライバーじゃん!
え?この人がシャーマンだったの!?
意外な人物がシャーマンでちょっぴり驚くも、セレモニー開始。
低い口笛に歌を歌いながらパイプタバコをすぱすぱ、そして唾を吐く。
しばらくそれを続けていくとようやくシャーマンが体を動かし、いよいよペットボトルに入れられた黒っぽい液体が現れた。
出た、アヤワスカ!!!

静かに鼓動が高鳴る・・・・。
シャーマンは一人ひとりづつアヤワスカを配りに行く。

自前調査によるとアヤワスカは相当不味いらしい。
どんだけ不味いの、アヤワスカ・・・(不安)


いよいよオカナの番に。
小さなグラスに注がれた黒紫色の液体を嗅ぐと酸味のある匂いがした。
うげッ!嗅がなきゃよかった・・・・。

動揺しつつも一気にゴクリ!

うん?
あれ??


意外と普通に飲める。
味はどことなくミキプルーン。

miki.jpg


あのドロドロのミキプルーンをさらさらにしたような感じで酸味の後に軽い苦味がやって来るって感じ。
オカナ、もともとミキプルーンが好き。
ってなわけで、とりあえず第一関門突破!
その後はみんな思い思いに、壁にもたれかかったり、横になったりと、リラックスモード。
隣に顔を向けるとM君はストレッチをしている。
さすがベテランさん、やることが違いますな。
オカナは早くビジョン(幻覚)が見たくって仰向けになり、目を輝かせながらひたすら真っ暗な天井を見つめていた。
そのうちシャーマンが火のついていた唯一の一本のロウソクを消す。
暗闇の中で聞こえてくる様々な音。外の木々の揺れる音、
シャーマンの歌声、参加者たちの唾を吐く音・・・・

それにしてもみんな唾の吐き方が実に上手い。
ぷッ!!っと勢いよく洗面器に吐く。(なんでもタバコを吸っていると唾が溜まりやすくなるんだとか)
もしオカナが同じ風にやったら絶対唾糸びよーんて引いて、服に落下してしまうな。
と、そんなどうでもいいこと気づいたら考えてた。

いかんッ!!オカナ、集中しろ!!

一方、たんたんの方はというと、こちらも変化なし。
やはり初心者だとそう容易くビジョンを見ることは出来ないのか・・。
通常、アヤワスカを服用してからだいたい30分後にビジョンやら体に変化が起こるらしいのだがオカナは1時間経過、更に30分経っても一向に変化なし。
見た感じ、たんたんも横になったきり、一切動かなくって変わった様子はない。
そのうちオカナは飽きてきてしまって寝てしまった。愚痴を溢しながらね。
「おいおい、まったく効かんじゃないか。高い金払って損したわ」

・・・・・・

しばらくすると突然参加者の一人が豪快なゲロを洗面器に吐く音が聞こえてきた。するとそれに続いて続々とゲロを吐く者が続出。
その凄まじくおぞましいゲロ音によってオカナの眠気も覚めてしまった。

うげッ!ミキプルーン臭じゃ~~~

意識がハッキリしてくるとそのうち、みんなが吐いたアヤワスカの臭いがぷ~んっと室内をたちこめてきて、元々気持ち悪くもなんともなかったオカナだけどさすがに音と匂いに気持ちが悪くなってきた。

さらに異変は突然たんたんに起きた。
さっきまで実に大人しく寝ていたと思われたたんたんが突然起きだし、ぼふッ!!っと洗面器にミキプルーンを吐き出した。
ええ!?マジ?
な、なんかたんたん君の体に異常が起こってる~~~!(オカナ興奮)
オカナ「ねえ、なんか見えた?」
たんたん「うん。見えた・・・・」
オカナ「何が見えた!?」

しかしたんたんは後で落ちつたら話すと言って、多くを語らなかった。


くっそおぉぉぉおおお~~!!

オカナはなんも見れてないのにたんたんだけ見るなんてずるい!!!
オカナは悔しかったけど、半ば諦めモードだったんでもう一度寝直した。
けど、ゲロ合唱を発端にシャーマンの歌声がより一層激しさを増した。
歌声にプラス呪文みたいな唸り声、ゲロ音、ゲップ音、屁音、唾吐き音。

やめてくれ~~~~~~~!!(泣)

これはまさに悪夢。
一刻も早く宿に帰りたかった。
もう、アヤワスカもビジョンもどうでもいい!

ミキプルーン臭にパイプタバコの香り、アヤワスカ効果で狂った参加者、大声で歌いだすM君。と、どうにもこうにも嫌気がさしてオカナは度々外に出るようになった。
そんなオカナを弱ったたんたんが心配して来てくれた。

「アタイは至って平常よ。」と、オカナ。

そう、オカナだけ・・。
今回の参加者の中でオカナだけがまったくなんの変化もなかった。

そうしてしばらく参加者たちの苦しみ声が続いた後ようやくみんな落ち着いたようで部屋の中は恐ろしく静まり返っていた。
オカナも眠いのに眠れなくってクラクラしてきたんで横になり眠りの中へ・・。



それはオカナが眠りについてそう時間は経っていなかったと思う。

深夜4時頃だろうか、(時計がないので確かな時間は分からない)

気づいたら夢の中である映像が出てきた。
黄色を強調とした、そんでもって細かい絵。



はて?

なんすか、コレ~??


絵の感じはと言うと近いところで、さくらももこ(ちびまる子ちゃんでお馴染み)系の絵のタッチ。

少し違うんだけども色合いやデザインがこんな風だった
1599336845_20120903080810.jpg


ま、まさかビジョン始まった???
目は閉じながらも大集中。
その絵から妖精だか分からん小っちゃいのとなんか馬鹿みたいに目がデカイ、バカ面のワン子が絵から顔を覗かせて何やらオカナに向かってしゃべっている。

聞こえんな・・・。

集中してさらに耳をすませていくとそのうち、その絵がぐるぐると回転し出した。
そして今度ははっきりと聞こえた。
「吐いちゃいなよ~♪ぜ~んぶ出しちゃいなよ~♪」
絵は更にぐるんぐるん回り続ける。

き、気持ち悪い!!

オカナは、ばッっと目を覚まし、直後下から攻めがやってきた。
は、はふぁ・・・・・・!!!
即効外に設置してあるトイレに駆け込んだ。
下の次に続いて今度は上からも少し攻めがやってきた。
本当は無理やり吐くのは良く無く、自然に吐き出すのが良いとされているらしいのだけども、そんなことお構いなしに、オカナは一刻も早く楽になりたかったから手を口に突っ込んだ。
そしたらちょっと出た。
まだ完全スッキリ感はないものの、まあ、いっかと、再び静まり返った部屋に戻り、横になった。
目を閉じると・・・・・
閉じた瞬間に始まった・・・・

今度はパイナップル模様が視界一面に。
そしてバカ面のワン子多数。

うっひゃあぁぁあぁあ~~~~


ワン子がハワイアンダンスのような動きでオカナを挑発してくる。
目を開けると見えないけど、閉じるとパイナップルとバカ犬が出てくる。

更にやってきた第二の攻めの攻撃。
起き上がってトイレに駆け込む。
駆け込んでいる間のオカナの心臓はいつの間にかバクバクと波打っていた。そしてどこからともなく宿で聞いたあの太鼓のリズム音が耳に入ってきた。

ええ?なんで太鼓?どこから???
そんな疑問を軽く抱きながらもトイレが先だと、用を足す。けど、また直ぐに押し寄せる下攻め。しばらくすると激しい吐き気も始まった。

「うおぉぉあぅうあああああああ・・・・・・」

そして出た、ミキプルーン、飲んだ分だけ全部。
けど、全部吐き出して楽になるどころかオカナの体は悪化の一歩を進んでいった。
押し寄せる気持ち悪さにオカナは声を出さずには入れなかった。

オカナ「あうぅぅぅうぅう・・・・・・」「ガルルルルルル・・・・」「ギギギギギギィィィ・・・・・」

気持ち悪さには波があって落ち着くと眠さであくびが止まらない。でも、その余裕も数秒で切れてまた辛さが出てくる。
電気の通っていない真っ暗な個室のトイレ(2畳ほどのスペース)に持ち込んだ懐中電灯の心ともない明かりをつけて、隅っこでずっとうずくまっていた。

どうなるんだろう、あっし・・・。

徐々に不安な気持ちに。

しばらくすると右手が震えてきた。
なんじゃ、こりゃあ・・・。
心細くなってきて、寝ているたんたんを呼びに行こうかと思ったのだけども、たんたんもさっき吐いてようやく落ちついたところだし、起こすのかわいそうだな。
よし、ここは自分ひとりで乗り切ろう。
いつもたんたんに頼ってばかりだ、今回ぐらいは・・・と、その後もトイレにこもって一人格闘していた。

右手の震えが今度は左手に移った。
もう、振るえと言うか激しい痙攣。
これがアヤワスカの威力かと、数時間前に飲んだアヤワスカのことを思い出した途端、首から頭にかけて凄まじい痙攣が起きた。
口に出さず、頭の中でアヤワスカをイメージしただけでぶるぶる来た。
心細くってどうしよもなくって、たんたんに隣にいてもらいたかった。
でも、それができなかった。
たんたんにこれ以上迷惑をかけてはいけない。
そんなこと思ってた。
なぜだかそれ以降ずっとたんたんのことばかり考えてた。たんたんのことしか考えられなかった。
そして気づいたら涙が出てた。
なんだこれ???

「苦しいよ・・・・たんたん、助けて。
う、うううう(涙)」

左手の痙攣を抑えようと震える左手を右腕にぐっと押さえていたのだけども、今までグーだった左でが突然パーに開いたと思ったらその手が勝手に右腕を叩き始めた。

徐々にその叩くスピードが加速していく。
もうそのスピードが純情じゃなくって、止まることを知らない左手はバンッバンッバンッバンッバンッ!!!!!!と密室の薄暗いトイレの中で不気味に響き渡っていた。
左腕は完全オカナの意思ではなく、まるで、こっくりさんか霊的なものが乗り移ったかのようで、オカナはもう恐怖でいっぱいになって泣きじゃくりながらトイレから逃げるようにして出た。
以前激しく痙攣する左手を右手で押さえつけながら部屋に戻り、寝ているたんたんを起こして一緒に外の長椅子に座った。
たんたんに横にいてもらったら落ち着くはずだろうと思っていた。けど、オカナの痙攣は逆にエスカレートしていく一方。たんたんは必死にオカナの激しく動く腕をぎゅっと掴み押さえ込んだ。
息がそのうち乱れていって過呼吸症状。感情も激しくなってて気づいたら号泣。
号泣の理由は何故だかすべて今までのたんたんへの償いの思いだった。

これまで、オカナがたんたんに対して行ってきた最低な行為、態度などに対して申し訳ない気持ちがぐわーって溢れ出てきたのだ。
オカナはいつだって自己中でわがままで、いっぱいいっぱいたんたんに無理言ってきた、させてきた、そして傷つけてきた。なのにそんなオカナをたんたんは今もこうして一緒にいてくれて、変わらずオカナを大事に思ってくれている。

依然震えて怯えるオカナをたんたんは「大丈夫。俺はここにいるから大丈夫」とぎゅーっとしっかり手を握ってくれている。
たんたんはこういう人なのだ。
普段は無口で素っ気無く見えるけど、芯は揺るぎない心でオカナをいつも大切に守ってくれる。
なんでこんなに大切にしてくれるの?
オカナは今までたんたんをこんな風に大切にしてきたか?
オカナはたんたんの優しさが余計辛くって、ただただ、たんたんに対して申し訳なさでいっぱいで泣き叫ぶことを止めることができなかった。

オカナの感情、体の痙攣は依然続いた。
しばらくして眠っていたはずのM君が現れて治療と言いますか、3人での儀式が始まった。

状況も何も知らないはずのM君が言った・・。

「かなこさんの中で公太君に対しての引っかかりみたいなものがあって、今はそれが溢れ出てきている状態」

「かなこさんは今までどんな人生を送ってきましたか?」



オカナは昔から面倒なことから逃げてきて、いつだって自分の都合のいいことだけしか考えてこなかった・・・。


そう話すと、突然右手がグーの状態になり、オカナの太もも辺りを横に凄い勢いで擦り始めた。それがなんだか過去の過ちを消し去りたいと、一生懸命拭き消しているように感じた。

また涙がどっと溢れ出てきた。

「たんたん、ごめんね・・・ごめんね・・・」って何度もたんたんに言ってた。

M君がシャーマンの歌を歌いだした。
その歌は落ち着くどころか自分の中に潜んだ感情、想いがより一層爆発することになった。
泣き叫び、下半身までに広がった痙攣は3人で座っていた長椅子さえガタンガタンと揺らした。
(後から聞いたんだけどもその歌っていうのはネガティブな気持ちを吐き出させる力がある歌なんだそう。)
その後もM君による忍耐強い治療が続いた。M君が口に含んだ液体をブーっとオカナの顔に吹き付けると寒気がやって来て体がより一層震える。液体の独特の香りも気分を悪くさせた。オカナの中の悪いモノを取り去るためにM君は自分の口をオカナの頭につけて吸い込んでは唾を吐く。M君はパイプタバコをスパスパ吸っては歌を歌い続ける。

たんたんも蚊や寒さに耐えながらずっとそばから離れず手を繋いでくれていた。

かれこれ2時間が経って、治療を終えたM君は部屋に戻っていった。
たんたんは少し落ち着いたオカナを確認して何があったの?と聞いてきた。
オカナは今までの出来事、その時感じた感情を全てたんたんに話した。
そしてまたいっぱい泣いた。誤り続けた。
たんたんは相変わらず冷静に黙って聞き入っていた、手をずっと握りながら。
そのうち気持ちも徐々に落ち着いてきて安心感に変わっていった。
痙攣は続くものの、感情を全て出し切ったような、ヘトヘトなんだけどもなんだか気持ちがスッキリとしたような・・・・
ぼけ~っと、ふと空を見上げると夜が明けて早朝の清々しい空に変わっていた。
その後もたんたんと二人、外で二人に起こった出来事をずっとしゃべり合っていた。

あんな激しい出来事を体験した後、オカナは幸せな気持ちになっていた。

今回の出来事によってオカナは自分の過ちを深く気づかされ反省した。けっして、けっしてこんなんでたんたんに対して今までの罪を償えたとは思っていない。
けど、たんたんを大事にしたい、たんたんがオカナを大事にしてくれるように。そう深く思った。

オカナは本当に幸せ者です。
たんたんは不幸者かもだけど(オカナと付き合ってしまったばかりに)。

そんなようなことを思わずにはいられないぐらいこのアヤワスカ体験でオカナは感じ、ちょっと目覚めた気分になった。
ちょっと大げさか(照)。でも、そう言いたくなるぐらい気持ちが晴れ晴れとしてならなかった。


なんか、すげー「愛」的なこと書いちゃってお恥ずかしいのですが(笑)これが今回オカナが体験し、感じた「アヤワスカ」なのでした。

こんなにも感情的になって、心揺さぶられたのはそうそう無いことだったんで、オカナはマジ、アヤワスカすげーって思った。
最初、馬鹿にしたこと、謝ります。

もしも今後、たんたん君への感謝の気持ち、大切にしようという気持ちが薄れかけた時はミキプルーンを食べようと思います。




はい!たんたんです(^_^)v

オカナの体験は凄かったみたいで文章長かったですね~!

じゃあここからはたんたんの体験話を書きます。
もう読むのしんどかったら読まんでもいいですよ!(^^)!

予定の夜9時から遅れて儀式が始まったのが10時近く。

みんな輪になって並んで順番にアヤワスカを飲み、たんたんは一番最後でした。

味はやっぱし美味しくは無かったけど、激マズで飲めないほどの味でもなかった感じ。ミキプルーンでもなかったな!その味の表現方法をしばらく考えていたけど結局例えが見つからなかった。

飲んで横になって30分後くらいから目をつぶると何か映像が見え始めました。
模様みたいな感じでグネグネ動き続けてる感じ。
それは目を開けてても閉じてても見れました。
そんな感じの状態が始まってから4時間ぐらいずっと。

儀式の間ずっと歌ってるシャーマンの歌が独特だった。

吐き気とかはまだそれほどでもなく!

このときの症状を例えると
すきっ腹に強いお酒をロックで飲んだ後の酔っ払った感じ!

ただ単に酔っ払って変な夢でも見てるかのような感覚でした。

だけどその後当たりから体調にまた変化がでてきました。

夜中の3時ごろからかな、だんだん気分が悪くなってきて吐き気が強くなってきました。
横になってるのもしんどくなってきて、吐きたいんだけども吐くまでは行かない感じ、冷や汗も凄い出てきたし、すげ~苦しかった。

始まってからシャーマンが歌ってる歌にも体が無意識に反応してきて、歌が激しくなればなるほど気持ち悪さがどんどん増していく、そして歌が止んで静かになるとさっきまでの気持ち悪さがウソのように体が楽になっていくのがよく分かりました。

そして落ち着いている時に、周りの参加者の豪快なゲロの音に誘発されたみたいで、一気にまた気持ち悪くなり貰いゲロ。それをきっかけに直後から3回ぐらいゲロを吐きました。
でも出てくるのはアヤワスカだけ!

このときはもうずっとしんどかったから、正直来たことを後悔してて早く終わって欲しかったし、帰って静かに寝たかった・・・・・

そしてシャーマンが自分の前に来て歌を歌い始めました。

そのときにあることに気づきました。

「自分の中に何か得たいの知れないものが潜んでる」

これマジです・・・

でもその中のものが必ずしも悪いやつではないし、かといって良いやつとも限らない風に感じました。
その中の奴はシャーマンが体にタバコの煙を吹きかけたり、歌を歌ったりする事に凄い反応していて、体の中から出てこようとしてるのが分かりました。

「何この感覚」っとかおもいながら、中の奴を外に出すにはどうしたらいいか考えたら、このまま立ち上がって思いっきり叫んで発狂すれば出るっ!!って感じたんだけど、それをやるとウンコもらしそうだったから(さすがにウンコは漏らしたくなかった)やめました。
やめて中の奴とずっと戦って抑えてました!

で、結局中の奴は出すことなくシャーマンが歌を終わらせました。
その後は少し落ち着いて横になってました。

そしたらトイレからなかなか戻ってこなかったオカナが酷い痙攣した状態で戻ってきてそれからはずっと外のベンチで夜が明けるまで一緒に座ってました。

今回のことを書いて、いろいろな意見が出てくるかとは思いますが、今回書いた出来事は全て「実話」です。

あそこでもし、発狂してウンコ漏らして中に潜んでる奴を外に出せていたら、もしかしたら何か変わってたかもね!

覇王色の覇気を使えるようになれたらな~
なんてちょっと密かに期待してたんだけど、無理だったみたい。
マジです(*^_^*)



オカナがこもっていたトイレ。ここでしばらくの格闘を繰り広げた
027_20120903080732.jpg



トイレから移動し、更にこの場所で2時間ほど苦しんだ。げっそりした顔してるけど、この時はかなり晴れ晴れとした気分であった。
奥の建物がセレモニー会場
029_20120903080732.jpg


室内の様子
030_20120903080732.jpg

031_20120903080732.jpg


朝を迎えて初めて参加者たちの顔を見ることができた。みんな清々しい顔をしていた。

そして三輪バイクの兄ちゃん兼、シャーマンの方。優しい兄ちゃんだった。
044_20120903080811.jpg


村の民家にお邪魔した時に見せてもらって気に入ったので記念に買い取ったアヤワスカによるビジョンの絵
060_20120904053722.jpg

奥が深いアヤワスカ、これは是非体験してもらいたい!
アマゾン周辺にお越しの際は是非!!!




アヤワスカの底知れぬ力に1クリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comments

すごい・・・
オカナさん・・・私オカナさんのアヤワスカ記事見て今号泣しましたよーー涙
なんだか、お母さんの今まで密かに溜め込んできたものとか、たんたんさんへの想いとかそんなのがぶわーーって伝わってきてマジ号泣でした涙
壮絶な体験でしたね
でも、愛がいっぱいこもっててすごくうらやましい・・・笑
私もアヤワスカ興味はあったものの、恐くてできませんでした
でも、ちょっとやってみたかったなー

辛かっただろうけど、すごくいい体験ができたみたいでうらやましいです!
今まで色んな人のアヤワスカの記事見てきたけど2人のが一番すごかったというか2人の記事を先に見てたらアヤワスカやってました笑

たんたんさんの中にいたやつを追い出したらどうなってたんだろう・・・気になる・・・
THE WAVEだ、わっしょ~~~いッ!!!
そうでしたか・・・

号泣させてしまいましたか・・・。
アスカさんを泣かせちゃうなんて罪な女です、あっしは。
ごめんちゃ~い♪

しかし、アヤワスカにこれほどまで影響を受けるとは自分も全く予想していませんでしたよ。

てっきりワクワクな体験出来るかと思っていたんですが日頃の行いが悪いせいでしょうね、あんなに苦しめられるとは(苦笑)
でも、最終的には心からアヤワスカやってよかったって思いましたよ。

Share Lifeのお2人もいつか機会があったら是非体験してみてください。コレ、本当に。

ブログ、私たちも頻繁に見てますよ~!(^^)!
私たちのタイムカウンターサービス終了してしまったので、
お母さんたちのマネしちゃいましたッ
ありがとうございます♪

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。