1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

2年半に及んだ世界旅を終えてからの日常や料理のこと。


訪問者
プロフィール

たんたん&オカナ

Author:たんたん&オカナ
コックの二人が仕事を辞めて2年半の世界一周旅行へ。無事に帰国し結婚。再びコックの世界に戻り、日々奮闘。料理漬けの毎日を送る。

最新トラックバック
帰国から!
タイムカウンター
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

26

Category: コロンビア

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

長居したくなる田舎町 in サレント
オカナです。

コロンビアの通貨って桁が大きすぎてややこしい。ただでさえスペイン語で1から15までの数を覚えるのが一苦労だったのにコロンビアでは毎日数千、数万の世界。

お金の管理をするたんたんは毎回大変です。買い物中、移動バス、タクシーなどなど。



楽し過ぎたカリの町を後ろ髪引かれる思いで次の町に出発。

カリからアルメニアまで通常3時間のところ、ドライバーのスピーディー運転により2時間で到着。乗換えで次に向かう町までは約30分ほど。
けど、カリから乗ってきたバスのドライバーがこのバスでも行けるよと言うので貸切になったバスでそのまま次の目的地へ進みました。
値段を聞いたら2人で22’000ペソ(約900円)。約30分の道のりでこれは高いなと思ったのだけどバスの往復のガソリン代とかを考えたらこれぐらいまあいっかってなった。

005_20120925130532.jpg


そして到着してご丁寧に目的の宿まで送ってくれた。
バスを降りてお金を払おうとしたらドライバーが220’000ペソ(9’000円)と言ってきた。


・・・・・・・・へッ?

ってなった。


訳が分からんくなったたんたんに宿の英語の出来るお兄さんが説明してくれて、どうやらこれは正規の値段であって、貸切で利用するとこんぐらいの高さになってしまうんだとか。
ドライバーのお兄ちゃんも確かに出発前に同じ値段を言っていた。
結局たんたんが聞き違えというかちゃんとスペイン語の数を理解出来ていなかったことが原因でした。

たんたんガックリ


9’000円は痛すぎる(泣)


ショッキングだったけどもそんな気持ちも飛んでってしまうぐらいオカナたちは直ぐにこの小さな町が好きになってしまった。

サレント。人口3500人ほどの小さな田舎町は山やバナナの木、コーヒー農園、そしてコロンビアの国の木でもあるパームツリーに覆われた自然豊かな町。
前回の町、カリの暑さから涼しい陽気に変わった。

020_20120926044956.jpg

179_20120926091032.jpg


小さな町並みのメインにある建物はカラフルでなんだか可愛らしい。

166_20120926030927.jpg

町で唯一の病院
122_20120926044956.jpg

乗り物も可愛いね♪

045_20120925130531.jpg


この可愛いピンク色のお店はレストラン。宿のお兄さんにおススメと言われ入ってみた。

168_20120926030927.jpg


そして出てきたのはコレ トゥルチャ(マス)料理でクリーム煮込み。
摩り下ろしたにんにく、それにパクチの香りがとても食欲をそそる。

159_20120926030928.jpg

こっちはグラタンバージョン。ホワイトソースにたっぷりチーズ。

158_20120926030928.jpg

コレはパタコンといって、甘くない青い料理用バナナを揚げたもの。せんべいのようなパリパリ感だけど味はおイモに近い。
162_20120926030928.jpg

トゥルチャ料理はボリビアでも食べたけど、このスタイル(洋食スタイル)は初めて。石焼のような鉄板に入れられてくるので最後まで熱々で美味しかった。
けど、量が半端じゃない。
毎回思うけど提供する量を加減してください(笑)


「人の優しさに・・・」

カリの町でも感じたコロンビア人の気持ち良さ。
けどサレントの町の人はそれ以上かもと感じてしまった。

なんだか温かい人ばっかなんです。
田舎特有のゆっくり、のんびり感もあってそれが余計私たちの心を癒してくれる。
すごく居心地が良いんです。


139_20120926045007.jpg

142_20120926052948.jpg


073_20120925130719.jpg


021_20120925130532.jpg



お前にも癒されちゃうよ♪

096_20120925130719.jpg

098_20120925130919.jpg


「サレントに住む唯一のアジア人」

サレントは結構観光客も多い町なんだけどもほとんどと言っていいのが欧米人。アジア人は全く見ない(韓国人の女性1人を唯一発見したぐらい)
だから道を歩いていると珍しそうに見てくる(でも嫌な感じはしない)
そんなサレントに唯一のアジア人で日本人の方じゅんぺいさんがいらっしゃる。
めっちゃ気さくなじゅんぺいさん。じゅんぺいさんもまた旅好きでしょっちゅういろんな国を周っているらしい。そんな旅好きを活かして(?)じゅんぺいさんの経営するお店「OKENDO」には個性的な品が豊富にあります。メインストリート内にあるよ。

138_20120925131419.jpg


「優しすぎるるぜ、カルロス」

オカナたちがお世話になっている宿「LAS PALMAS」は家族経営ってこともあってとってもアットホームです。そしてお兄さんことカルロスは大変紳士的で問題ごとがあると親身になっていろいろと助けてくれます。
落ち着いた雰囲気を醸し出すカルロスに普段あまり人付き合いが得意でないオカナもリラックスして話すことができます。
しかしあまり深入りするとヤベぇんで(オカナの乙女心に火花がつきそう)一定の距離を置きたいと思います。

心優しきカルロスとお外でコーヒータイム

132_20120925131420.jpg

133_20120925131420.jpg

サレントのコーヒーのあるお店ではよく見かけるコーヒーマシーン。
さて次回はたんたん、オカナ、コーヒー大国コロンビアにてコーヒー農園見学なり。なかなか興味深い体験でしたぞ!


お楽しみに♪

今日も読みに来てくれてありがとうございます!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。