1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

2年半に及んだ世界旅を終えてからの日常や料理のこと。


訪問者
プロフィール

たんたん&オカナ

Author:たんたん&オカナ
コックの二人が仕事を辞めて2年半の世界一周旅行へ。無事に帰国し結婚。再びコックの世界に戻り、日々奮闘。料理漬けの毎日を送る。

最新トラックバック
帰国から!
タイムカウンター
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15

Category: インド

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ファンシイダンス
P2130182.jpg


なますて。オカナだよ。

インドでは車もバイクも道路を走る時スピード落とさないもんで冷や冷やしちゃいますよ。
よく事故らないもんだな~と。
けど実際は事故るんですね、インド人も。
2度ほど目の前で事故の瞬間を目撃しました。その内の1度目なんかはバイク運転してた兄ちゃんが転倒し、爺ちゃんをひいてしまいました。
そしたら周りにいたインド人数人が慌てて爺さんを起こしあげて体に異常がないか確認し合っていました。
どうやら爺ちゃんにダメージはなさそうでした。(ただ爺ちゃんはビックリして放心状態だったけど)
しかし、その時瞬時に爺ちゃんを助けに向かったインド人にオカナは感心してしまいました。
やるじゃん、インド人ってね。
捨てたもんじゃないね、インド人。

オカナ、今までインド人に対してちょっと過敏に毛嫌いしてたかもなーっておもいます。
けど、そんな気持ちばっかりじゃお互い気分悪いし、せっかくの旅も楽しさ半減。
だから少し心を入れ替える努力を始めました。

まずは声をかけてきたらシカトするのを辞めました。
出来るだけ気持ちよく受け答えするよう努めることに。
元々人懐っこいインド人です。話し出すと結構面白いもんです。
お互いに良い雰囲気が生まれるんですね。


そりゃあまあ、いろんな意味で近寄ってくる者もいたりしますがそういったのは大抵分かるんで(コイツは怪しいと)ちょこっと話を楽しんでそんじゃあね!って言ってバイバイすりゃあいいんです。

この心がけを実行したおかげで多少オカナの荒れた心ははマシになってきたかな。気持ちにゆとりが出て来ました。
ただ、どうしてもこれだけは無理っていうのはチケット購入時&移動の時。どうしても感情を押し殺すことは出来ず、キレてしまいます。
こん時ばかりはインド人が腹立ってウザ過ぎてなりません。
ま、しょうがないね。


けどもっと心に精神にゆとりを持ちたい、気分を切り替えるためにするべきことはこれだ!!

ブッダ・ガヤーで座禅を組む!

です!!

ブッダ・ガヤーは仏陀(ブッダ)が覚りを得た場所であり、仏教徒にとっては最高、最大の聖地であり、世界各国から礼拝者が集まってくるのです。
そしてこの町には日本を含む世界各国の寺院が並んでいます。そこでオカナ達、この日本寺で体験できるという座禅を組んで気持ちをリフレッシュできたらなーと思い、やって来ました。

ブッダ・ガヤーの町はのんびりとしていて今のオカナ達には待ち望んでいた場所!

P2120150.jpg

P2120144.jpg


けど、埃が半端なかった。

デリー、バラナシ以上の凄さにオカナの喉、さらには鼻を(なぜか)やられました。常に詰まりっぱなしなもんで美味しいカレーを頬張っている時は窒息さながらです。

町のあちこちで仏教の空気が流れています。

至る所で見られるチベット仏教徒

P2120159.jpg

P2120167.jpg

そしてダライラマ

P2120161.jpg


そしてチベット料理

代表的料理その①トゥクパ

P2120133.jpg

その②モモ

P2120135.jpg

どちらも優しいお味で心がホッとします♪



せっかくなんで寺巡りしちゃいましょう!


P2130208.jpg

P2140006.jpg

チベット僧院、ブータン寺、タイ僧院、バングラディッシュ寺、中国寺、台湾寺、そして日本寺を行ってそれぞれお祈りしてきました。日本と台湾以外の寺のデザインはどこも中国っぽい作りでしたね。日本、台湾はシンプルで他の国はとてもカラフルです。
個人的にはブータン寺(2番目の写真)が好きでした。ブータン国王もイケメンで好きです♡


チベット僧院の隣には立派な大仏さまが居られました。なんだここは、鎌倉か?と錯覚をおこしそうになりそうでした。

P2130219_20130215001805.jpg


P2130222.jpg

そしてここ、印度山日本寺。ここでは福祉事業(無料保育、医療ほか)、文化事業、公益社会事業なども行っているらしい。施設の一角には図書館もありオカナたちも利用しました。
読書の後、木陰で軽い昼寝をしたのち、座禅の時間に。

P2130230.jpg


さてさて。たんたん君、オカナ共に座禅は初体験です。

ドキドキもんです。
つーか、オカナの心配事はただ一つ、座禅中、睡魔に襲われないかということだけだ。
(そんなこともあって昼寝してたんだけどね)

まさか寝た途端板でバチコーンなんてやられるのかしら・・・(゚Д゚;)

日本人の尼さんに呼ばれ寺内に入り簡単な説明を聞いてからまずは尼さん、それに西洋人の坊さんによるお経が始まった。
さっきまで可愛らしい声してた尼さんの声はお経を読み始めた途端低くなり寺内いっぱいに響き渡った。坊さんも同時にお経を読む。

う~ん。この時点で座禅は始まっているのであろうか?
目は閉じるべき?

どうしたらいいのか分からなかった。
だもんで、目、開いて閉じてを繰り返しました。

寺内に香るお線香の香りといい、お経のリズム、音に心が和みます。

30分ほどのお経が終わると尼さんと交代した西洋の坊さんが始めます的な形をとり、ここからが本格的な座禅ということが分かった。



さあ、修行のはじまりです。悩めるオカナの心よ、この座禅で心清めるがよい・・・



bonnou-3.jpg


むむむむ・・・・・・・


むむ!・・・・





あ~ん、足、痺れてもうたわン




む!むむむむ・・・・


むむ!・・・・




お腹が減った~ん




むむ!・・・


むむっむむー!!



♡ ♡ ♡ ♡ ♡ 
83t8340839383V83C2083_839383XDVD.jpg
♡ ♡ ♡ ♡ ♡ 


チーン。。。。

座禅終了~


こうして1時間に及ぶ座禅は終わったのだった。



とても為になる良い体験でちた。テヘ♪




座禅の後のターリーはこれまた格別美味いねッ!!

P2130243.jpg


よっしゃあ~。

終わり!


まったね~(*´з`)


応援クリック頼んまっせ~♪
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。