1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

2年半に及んだ世界旅を終えてからの日常や料理のこと。


訪問者
プロフィール

たんたん&オカナ

Author:たんたん&オカナ
コックの二人が仕事を辞めて2年半の世界一周旅行へ。無事に帰国し結婚。再びコックの世界に戻り、日々奮闘。料理漬けの毎日を送る。

最新トラックバック
帰国から!
タイムカウンター
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21

Category: インド

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

臭うビーチ
P2180088.jpg

オカナの歯ブラシはすっかりカレー色。。。

ナマステです。


ここ最近お顔にニキビが止まりません。

原因は絶対にジャレビーの食べ過ぎですね。
かりんとうの3倍の甘さはあるであろうジャレビーを毎日お昼のカレーを食べた後、買いに行ってはうんめうんめー言いながらほうばる幸せ。

プリーの町でも美味しいジャレビーを提供するお店を発見。
「あんたんとこのジャレビー最高だよ!毎日通ってあげる」って言ったら通常よりも多めにサービスしてくれました。

P2180003.jpg


蜂さんも首ったけです。インドを離れた時ジャレビーともお別れすることを考えると発狂しそうです。
完全に中毒者です。

P2180006.jpg


これ、日本に帰ってから自分で作れるかな?と考えたけども日本帰ったらきっと食べたい症状は一切無くなるのだろうな。チャイも一緒。
この国、この環境で食べる(飲む)からこそ美味いのだ。
けど、カレーは別。
インドカレーだけはまじめに作りかたを覚え自分のものにしたいな。


さて、今日はプリーにあるビーチを歩きました。

って、いきなり魔の手が・・・・

ビーチ沿いにあるホテルの一角にあった小さなケーキ屋さんを発見。

P2190115.jpg


インドにしてはかなりのクオリティーです。というか、ケーキに生クリーム使っているところに驚きました。
外国ではたいていがケーキのデコレーションにはバタークリームでしょ。(アレ、くどくって好きじゃないよ)
インドでまさかの生クリームですよ。そしてこの品質でお値段30ルピー。日本円にして51円っス!


せっかくだからインドのパティシエの写真も、と思ったら
「俺、パティシエじゃないよ~。タイ料理と中華料理専門だ~」
ではなぜケーキの前に立っとるんだ。。。

P2190114.jpg

で、買ったものはアイス。
さほどケーキ好きじゃないのよ、オカナは。それよりアイス命なんです。
こちらもクオリティー良しときたもんだ。お値段同じく30ルピー。
うまいじゃな~い♪

P2190117.jpg


お腹満たされました。さあ、ビーチ行きます。

ビーチにはちらほらとインド人がいまして泳いでる人もいましたね。まあ、泳ぐというより押し寄せる波を楽しむといった感じ。
波はかなり大きく、オカナがあの中に行ったら間違いなく溺れるでしょう。
スリランカでは溺れたオカナを一切無視してくれた、たんたん君です。(コチラ)きっと今回だって・・・。
オカナは根深い女なのだよ。

しかし、インド人は実に楽しそうでした。
欧米人とは対照的です。
欧米人はビーチでクールに日光浴を楽しむのに対してインド人はというと・・・




P2180049.jpg


P2180057.jpg


肉々しいほどの絡み合い

P2180058.jpg

いや~。しかし実に楽しそうだ。
オカナは日光浴する気取った欧米人よりも子供も大人も無邪気にキャッキャと楽しむインド人のこの光景のほうが断然好きです。


海岸沿いをしばらく歩いていると変わったとんがり帽子をかぶったおっちゃんを発見。
すると至る所に居ました。同じとんがり族があちこちに。

P2180056.jpg

なんなんですか、それは!?
聞いてみると「俺たち、海の安全を守るライフセーバー!」だそうです。
なるほど。
それにしても可愛過ぎます、そのとんがり帽子。
こんなの見せられたらオカナ・・・・

P2180029.jpg


かぶりたくなっちゃうよ~ん♪

P2180039.jpg

しかしこの後オカナ、たんたんは目を疑うような光景を目にするのでした。。。。


ライフセーバーのおっちゃんたちは安全を守る以外にも持っている浮き輪で一緒に遊ぶこともできると言います。
どうだい、やらねえかい、姉ちゃん?と、勧められましたがオカナはまだスリランカで溺れた時の恐怖心が消されていないのでね。誰かさんが助けてくれなかったからね。
オカナは根深い女なのだ。
そんなんで丁重にお断りしました。

するとしばらくしてターゲットを見つけ出したみたいです。

ターゲットは爺さんでした。

P2190121.jpg

ヨボヨボの爺さんを無理やり海に引きずり込むライフセーバー。
爺さん、されるがままです。
波は限りなく荒く爺さんは楽しんでいるというよりは・・・

P2190124.jpg

苦しそうです。
あっぷあっぷしてます。
大丈夫か爺さん!?

なおも引きずり込まされる爺さん。

これがライフセーバーのすることでしょうか。
安全を守るべき人が逆に人の命を縮めさそうとしています。

う~ん。ファンタスティック、インディア。

P2190123.jpg


爺さんの無事を確認できたのでサヨナラをし、さらに歩いて行きます。


すると臭ってくるんです。アレの臭いが。

どうやら噂のスポットにやって来てしまったようです・・。
そこは目をふさぎたくなるような、あるいは鼻をふさぎたくなるような光景。

その名も「ウンコ・ビーチ」

浜辺一面にびっしりと並べられた(?)ウンコ・コレクションの数々。

Usmmy6verxcqThC1361426425_1361426796.jpg

そんな場所には子供も大人も平然とおケツ丸出しで顔を真っ赤にして力んでおります。

もはやチンコ丸見え状態。

af3QR9ppXYjck4C1361426872_1361426911.jpg

臭いも半端なかった。ガンジス川でも相当な臭いだったけど、こっちはその2倍でした。右側は押し寄せる海に靴が濡れないように気を使い、左側では必死にウンコ・ゾーンにある出来立てホヤホヤのウンコを誤って踏まないように気を付ける。
嫌な汗かきました。

ウンコ・ゾーンを抜ければ今度はゴミが広がるビーチでした。
まったく・・・どうしようもないねえ。

P2180075.jpg



P2180065.jpg

P2180076.jpg


まったね~♪

P2180140.jpg


次回のブログは久々の肉体労働をしたお話ね。
はあ、体が痛いなあ。


読んで頂きだんにゃばーど。

一日一回の応援クリックお願いします(*^^)v
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。