1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

2年半に及んだ世界旅を終えてからの日常や料理のこと。


訪問者
プロフィール

たんたん&オカナ

Author:たんたん&オカナ
コックの二人が仕事を辞めて2年半の世界一周旅行へ。無事に帰国し結婚。再びコックの世界に戻り、日々奮闘。料理漬けの毎日を送る。

最新トラックバック
帰国から!
タイムカウンター
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11

Category: インド

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

漁師の作るスペシャルカレー
喉カラッカラな状態でようやく見つけた薄暗い居酒屋。
ギンギンに冷えたビール下さい!と注文するもインド人は「コップか!? ジャパンか!?カンフー! スナック喰うか!? あっちの席の方がいい!」と生ぬるい手でがっしりとビールを握りしめたままなかなかよこさない。

いいから早くよこせ!と奪い、飲んでみるとすっかり生ぬるいビールと化していた。

P3060283.jpg

しかも旨くないし、コレ。
喉越し最悪。逆にオカナのボルテージは下がったぞ。
あ~~イライラするなあ(゚Д゚;)
すいません、コーラー下さい!



ワナッカム、やさぐれオカナです。

この日は早朝の沐浴場に行ってきました。

P3070044.jpg


朝からこの人人人です。

P3070051.jpg

P3070098.jpg

P3070011.jpg


ワナッカム!!相変わらずノリが良いいインド人です。こらこら、ちゃんと真剣に沐浴しなはれ

P3070074.jpg


おおおおおっとー!!!
アクシデント発生です。

P3070076_20130309201800.jpg

カメラに夢中になっていた、たんたん君。あろうことか子連れの牛さんがいることに気付づかず近づいて行ってしまった為に子牛への危険を察知した親牛がたんたん君にどっ突きアタックを食らわしました。
突然の出来事に驚きよろけるも、たんたん君はなんとか持ちこたえました。
普段は大人しいインドの牛なんですが・・・親子の愛を見た瞬間でしたねえ。
その美しい光景にインド人、オカナは笑いが止まりませんでした。
無傷で本当に良かった、カメラ。。。

チャ~イチャイチャイチャ~イ

P3070034.jpg

ここ最近飲むチャイの味が「午後のミルクティー」の味にそっくりなんです。
美味いなあ~♪

そしてあっという間に晴天の暑い時間帯に。。。

今日も朝から性が出ますな!!

P3060106.jpg


沐浴場を突き進みながら一本の道を真っ直ぐと歩いて行くと沢山の船がありまして漁師でしょうか、えっさえっさと働いていました

P3060276.jpg

するとどんだけ~!!ってぐらいの魚が大量に揚げられていました。しかも相当なデカさです。

P3060281.jpg

もうね。この魚が道一面にどわ~ってありました。いやあ~凄かったねえ。

P3060279.jpg


大量のお魚にサヨナラして更に奥へと進んでいくと雰囲気がガラッと変わり田舎の村のような場所にたどり着きました。ここがまたのどかで良い所だったんだわ。
日陰もなんもなくってひたすら直射日光浴びて死ぬかと思ったけどね。
でもね、この村に面した海はめっちゃ綺麗でした。

P3060110.jpg

P3060272.jpg


P3060235.jpg

透明度が半端なく透き通っていてこんな光景がインドで見られるなんて信じられませんでした。
浅瀬時、漁師が網を持って獲物を取っているのか仕掛けているのか・・・どちらかです。

P3060246.jpg


暑くて死にそうなのを必死に隠す私たち。

P3060267.jpg

浜辺には沢山の網。
一体何がとれるのでしょうか?

P3060115.jpg


するとちょうど漁師一家が仕入れたばかりのあるものを網から取り外す作業をしていたので見させてもらいました

P3060112.jpg

正体はコレ!
カニちゃんでした~
相当な数のカニでした。漁師の兄ちゃん曰く、町のレストランで出されているカニは質が悪いよ。ここで取れたものが一番さ!ですと。
そりゃあそうでしょうね。

P3060124.jpg

このカニ、是非食してみたいなあ~。で、あわよくば作っているところを拝見させていただきたい。
と、何となく兄ちゃんに伝えてみるとあっさりOK貰っちゃいました。
カニ1キロ300ルピー(約530円)+調理代200ルピー(約350円)で成立♪

1キロお買い上げなり(*^^)v

P3060128.jpg

てなわけで急きょ漁師一家のお宅にお邪魔しに行きます。

P3060163.jpg


お宅に着くと、あらやだ奥さん。鍵を忘れてきちゃったわ。ちょっと待っててと炎天下の中待たされる私たち(-_-;)
たんたん君の髪の毛がまたチリ化の一歩をたどります。

P3060165.jpg

10分ほどして帰って来た奥さん。改めて漁師さん直伝カニ料理開始!!


まずはナタで器用にココナッツ、数種類の野菜を刻んでいきます。う~ん、見覚えのある光景と思ったら、そうです。ザンジバルで習った時の光景そのものです(コチラ
つーか、この村にやって来た頃から既にザンジバル島みたいな場所だな~と感じていました。
オカナもたんたんも大好きだったザンジバル島なだけに嬉しくなってしまいました。

P3060175.jpg

玉ねぎの刻みもほれ、この通り。

P3060180.jpg


主役のカニさんはおばあちゃんが担当。
中でやればいいのにわざわざ炎天下のお外で黙々と解体していました。
申し訳ねえっす(._.)

P3060186.jpg


カニのサイズからして身を食べるというよりはダシをとるような感じだな・・・。
ああ、身が食べたかった。

P3060188.jpg

いよいよ調理始まります。材料を把握した段階で今回のお料理はカニ・カレーだということが分かりました。
またカレーかなんて思いませんよ、私たち。いやっほ~いい♪と喜んでるんでから。
お初インドカレー教室に胸がワクワクです♡

注目のスパイスですが今回使うのはマスタード・シード、ターメリック、カエンペッパーのみ。
たったの3種類です。
これで一体どんな味に仕上がるのでしょうか!(^^)!

P3060201.jpg


まずは鍋に多めの油を引き油が熱したところでマスター・ドシード、カレーリーフ、玉ねぎ、トマトを加え炒めます。しばらく炒めたらカニさん投入、炒めます。

P3060198.jpg


P3060211.jpg

残りのスパイス、刻んで水少々とでミキサーにかけたココナッツを加え煮込みます。最後に塩で味を決めたら出来上がり。
わわわ!ちょー簡単だね!

P3060218.jpg

そして~

出来上がったのが~


コチラだ!!


きゃあ~おいちそ~~(´艸`*)

P3060222.jpg

コレが美味くないわけがない!!
カニのエキスがしっかりと出ていて胴体の部分にはきちんと身もありました。コクがあるのにしつこくなくいくらでもイケちゃいました。気づいたら殻もボリボリ食べてました。
口の周りをカレーだらけにして赤ちゃんのように食べるこの光景はさすがにお見せできません。あしからず。


いやいや。食った喰った!
(毎日言ってますが。。。)


皆さん美味しいごはん、そしてレシピを教えてくれて本当にありがとうございます!
日本帰ったら作ります。
カニ高いから他ので代用します!
ナンドゥリー!!
つーか、笑って!!

P3060230.jpg



いやはや。濃い一日でした。
ラーメッシュワラム島、なかなかおすすめですよ。


次回はマドライの町に移動じゃ。

読んで頂きナンドゥリー!!

一日一回の応援クリックお願いします(*^^)v
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。