1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

2年半に及んだ世界旅を終えてからの日常や料理のこと。


訪問者
プロフィール

たんたん&オカナ

Author:たんたん&オカナ
コックの二人が仕事を辞めて2年半の世界一周旅行へ。無事に帰国し結婚。再びコックの世界に戻り、日々奮闘。料理漬けの毎日を送る。

最新トラックバック
帰国から!
タイムカウンター
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14

Category: インド

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

インドの最南端でマッサージを受けた
ワナッカム。オカナです。
マドライの町は宿も高いし大して見どころのない場所だったので(オカナ達にはね)さっさと次の町に向けて出発しました。
久々の移動は夜行バスで。夜の9時半ごろに出発し移動時間は約6~7時間なので到着は深夜4時ごろかなと。
南インドでの宿はチェックアウト時間が24時間制のところが多いので深夜のチェックインは避けて朝の8時頃になるまでお外で待機してようと計画中でした。
でも、このバスの運転手が相当飛ばしたので結局5時間で到着。着いたのが深夜2時近く。
マジ勘弁してよ(-_-;)
開いていた店でチャイをすするも、このお店も閉店の用意をしていたので場所を移動。
幸い治安は全く悪そうではなかったので宿が立ち並ぶエリアでリュックを置いてぼーっとしてみる。
隣ではどこかのおっさんが地べたで寝ていてそれ見てたらオカナもものすごく眠くなってきて限界だったのでリュックをマット代わりにして体を思いっきりそらしレスラーブリッジで寝てみました。
人って本当に眠い時ってどんな状況でも眠れるもんなんですね。
夢を見るほどの熟睡で気付けば空は明るくなり始めていた。道端には爆音のインドミュージック、それに朝の沐浴をするために沢山のインド人の巡礼者が列をなして歩いていました。
宿探し開始です。
地球の歩き方には安宿は紹介されていなかったので心配していましたが夜中、どっかの爺ちゃんに声をかけられ一件の宿を紹介され朝方行ってみると300ルピーでOKと言われたので即決定。
宿からの眺めもなかなかです。周りを見渡すとどこの宿でもベランダには人が何人かいて朝のご来光を眺めていました。

しかし、ここ、ちゃんと掃除してんのか?といったようなお世辞にも綺麗とは言えないお部屋で気付けばたんたん君、風呂場の掃除を始めてしまいました。

P3100144.jpg

便座は丁寧に綺麗にね。
たんたん君はどこ行っても平気で便座にケツつけてますがオカナはどうしても抵抗があり毎回エアー座りです。
だからウンコを踏ん張っている時は太もも部分が次第に痙攣してくるのでなかなか力むのにもコツが要ります。

さて、やって来ました、インド亜大陸の最南端、カニャークマリ。
アラビア海、インド洋、ベンガル湾、3つの海がここで一つに合する、太陽が海から昇り、海に沈むインド唯一の場所です。

P3110002.jpg


海に浮かぶヴィーヴェーカーナンダ岩に建つ記念堂。なんかフランスのモン・サン=ミシェルのよう。
フランスでの思い出を振り返りながらぼーっと眺めていました。
パリの夜、町で生卵を投げつけられたこと、忘れはしません。

P3110003.jpg

オカナたちの南インド巡りもここ、カニャークマリでようやく折り返し中径地点に入りました。
そして最南端クソあちい!!
日差しがキツイもんね~

P3100198.jpg


オカナの日焼け対策にも力が入ります。サン・クリームはべったり塗ります。

P3100209.jpg



暑くって、このとおりぐて~

P3100147.jpg


P3100214.jpg


普段はのどかな町なのでしょうが、この時は巡礼シーズンとあってか町は爆音のインドミュージックが流れてるは人でごった返してるはでなんだか疲れます。

P3110014.jpg


肩もコリコリだし、どっかいいマッサージ屋さんないかしら~

すいません、ここらへんに良いとこのマッサージが受けられる場所知りませんか?

P3100244_20130314150527.jpg

アイロン掛け屋のおっちゃんに尋ねると「あっちだよ~」。
仕事が丁寧なおっちゃん。オカナの服も頼もうかと思いましたがアイロン掛ける前に汗と砂埃ですっかりカレー色に染まってしまったものをまずは漂白したいです。
もうね、これ見せたらドン引きするから。


ってなわけで伺ってみました。まずは偵察ね。見極めが肝心ですから。
オカナはね、自称マッサージ・マイスターなのよ(する側ね)
今まで何十人の人をとろけさせてきたことか。
昔見習いで働いていた美容院でもお客さんから大絶賛の嵐だった。ただ一度、変なツボを押しちゃってお客さんを気絶させそうになっちゃったことがあったけどね( *´艸`)
普段多大なるストレスを与えてしまっているたんたん君にも時々やってあげたりします。
オカナは人にやってあげながら羨ましく感じてるんです。
あ~、自分にマッサージしてもらいたいと。
オカナ、今までこれは気持ちいい!っていうマッサージを受けたことがまだ一度もありません。
スリランカではバースデー・プレゼントとしてアーユルヴェーダを受けさせてもらいましたが、マッサージの実力としては下(ゲ)でした。
アジアなんで安く受けられる場所はいくらでもあるんでしょうが、オカナはほんまに気持ちの良いマッサージが受けたい!
一応中国で期待はしてるんですけどね。
そんなわけで厳しい目でいかせていただきます。

やってくれる方はおっちゃん。
うん。正直女性よりも男性の方がいいんだ。
だって力があるでしょ。
オカナの蓄積されたコリッコリの体には男性の力あるマッサージがいいんだ。

見たところそれなりに実績があるようです。室内には薬草の香りが漂っています。お値段は1時間で600ルピー(1000円ちょっと)というのでまあ、いいんではないんでしょうか。

P3110043.jpg

てなわけで、インドでお初マッサージです。
水着パンツとスポーツブラに着替えてと。お毛々の処理もバッチシです。
誤っておっちゃんが変な行為に走らないよう監視役にたんたん君も横につけて。。。

うつぶせになり、アーモンドのような香りのオイルを体全体に塗るとおっちゃん、いきなしパンツをズリっと下ろし半ケツにさせられた。
あっちゃあ~~~。
ま、まあ。オイル・マッサージってこんなもんだよね(^^;)
それからは体全体をくまなくマッサージ。かなりきわどかったけどね。
気持ちよさは・・・・・普通。
弱かった。もっと強くと言っても弱かった。
そんなんじゃあオカナのコリは取れんよ~。

P3110027.jpg

けど、後のコレはなかなか良かったです。薬草が入った袋を温めておいた油に浸して全身に撫でるようなマッサージはまるで湯船に浸かっているような気持ち良さでした。おっちゃん曰くカニャークマリ・マッサージとのこと。
ここのところ水しか浴びてこなかったもんだからこの温かさが相当よろしかった。
でも気持ち良さにウットリと油断してたら熱々のを乗っけられて夢の中で入浴中のオカナはスーパージョッキーの熱湯コマーシャルさながらの暴れっぷりをするところでした(゚Д゚;)

P3110038.jpg

はい。つーわけで、マッサージおわり。
てかおっちゃん、45分しかやってくれてないじゃん!
でも、それなりに体が軽くなったからまあ、いっか!
あんがと!!

P3110048.jpg



最後はビューポイントで日没を見て終わりました。

P3100227.jpg


P3100228.jpg

P3100231.jpg

P3100240.jpg


はい。今日はここまで。

次回はいよいよケーララ州に突入だあ~


読んで頂きナンドゥリー!!

一日一回の応援クリックお願いします(*´▽`*)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comments

おっしゃる通りです。。。
ブログを読んで頂きありがとうございます!
嬉しいです。
そして「通りすがりさん」の言われていること、ごもっともです。
読み直してみると確かに気分を害するような文章が度々あったと思います。
自分では軽い気持ちで書いたつもりでしたが、読む側の人にとっては複雑な気分にさせていたかと、反省しております。
私、こういうこと、本当鈍感で「通りすがりさん」のように言われるまで気付けないバカ女なんです。
だからこうして指摘してくれてありがとうございます。
これからも引き続き読んで頂けたら嬉しいです。そしてまた、何かやらかしていたらこのバカに注意してください。

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。