1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  04 ,2017

2年半に及んだ世界旅を終えてからの日常や料理のこと。


訪問者
プロフィール

たんたん&オカナ

Author:たんたん&オカナ
コックの二人が仕事を辞めて2年半の世界一周旅行へ。無事に帰国し結婚。再びコックの世界に戻り、日々奮闘。料理漬けの毎日を送る。

最新トラックバック
帰国から!
タイムカウンター
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11

Category: インドネシア

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ウブドでチャチャチャッ!!!
P6030087.jpg

きぃ~~~!!だ~れ、あたいのパンツ持って行ったの!?

あ、スラマッシアン、オカナです。

衣類を洗濯して外に干して置いたらおパンツだけが行方不明になってしまいました。
風に飛ばされたか、あるいは計画的盗難か。
とにかくこれでオカナの持っているおパンツは残り2枚となりました。むむむ~・・・残りの旅、2枚で持たせられるか?勝負どころです(-_-)

さあ、今日もウブド日記書いていきますよ~

ウブドは芸能と芸術の中心地でありまして町中には至る所にバリ舞踊が行われる会場や稽古場、施設があります。
ウブドの町を散歩すると必ずっていうぐらに見かける光景。


子供たちによる練習風景

P6010082.jpg


公園内で行われてた子供から大人まで大人数による練習風景。

P6030133.jpg

P6030142.jpg

P6030144.jpg

P6030147.jpg

小っちゃい頃から既に体に染みついているのかな♪バリ人にとっては伝統舞踊もなくてはならない生活の一部なのでしょうか。

P6010055.jpg


で、今回オカナ達も一度はプロ集団の生ライブを見てみようということで行ってきました。
でも、バリの舞踊っていうのもいろんな種類があるみたいですね。
女性だけのダンスであったり、青年男子、女装した男性、仮面舞踊、影絵芝居と。
で、今回オカナたちが選んだのは「KECAK(ケチャ)」。
コレは日本人でも結構知られているやつじゃないのかな。ほら昔「白夜書房」っていう企業CMで流れてたでしょ。「ビャクヤ!ビャクヤ!」って。

そもそもケチャとは百人以上の踊り手と歌い手によって演じられる伝統的なダンス。ケチャでは楽器は一切使わずに人間の声と手拍手だけで演じられます。
ケチャの原型は、バリ島で古くから行われていたサンヒャン(集団催眠による宗教儀礼)で病気や災害から身を守るため、村人たちが神のお告げを聞く儀式で行われていたそうです。
今では観光用のパフォーマンスとして行われています。
この日はトレナ・ジェンガラというグループの公演を見てきました。

道を歩いていれば必ずどこかでチケット売りをしている現地の人がいるのでオカナ達もおばちゃんからチケットをゲット。お値段一人750円とお手頃価格です。
早めに夕食を済ませて会場に到着、最前列の真ん中を確保。
19時に公演開始。
ステージの入口から白黒の格子柄の腰巻を着たおじさん達がウォ~ウォ~言いながらぞろぞろと現れ出しました。
出てくる出てくるわ、ぞくぞくと。

P6020244_20130604080617.jpg


その数57人(つい数えてしまいたくなる 笑)。輪っかになると一斉に歌い出します。
この方たちはモンキーダンスと呼ばれていまして、「チャッチャチャッ!」とか「チョッチョ!」って、サルのような鳴き声を真似しながら手拍子なんかもとりながら体を微妙なリズムで動かします。

P6020247_20130604080615.jpg

年齢層は主に中年のおじちゃんが埋めていましたが数人爺さんもいました。後はイケメンマッチョが一名。やっぱそこに目がいっちゃうよね
時々祈り的な歌も歌い出しては「ハッ!!チャカチャカチャカ・・・・・」と見事なタイミングで合唱、カッコ良いです。輪の中で歌い出だす一人の爺さんの低く会場に響き渡る声が素敵で凛とした、研ぎ澄まされた表情が印象的でした。


そして踊り子登場。お話は神話ストーリーで善(ダルマ)と悪(アダルマ)の戦いを描いたもの。

女性の踊り子さんが綺麗なのはもちろん、腰のひねり方や手の動きといったものがとにかく美しかったです。
あまりの美しさにぽ~っとなっていると踊り子さんと時々目が合ったりして、ハッと目をそらす照れ屋なオカナです(笑)

P6020252_20130604080614.jpg

P6020264.jpg


P6020275.jpg


約40分程の一部の演目が終わると次はサンヒャン・ドゥダリ・ダンス。悪い霊から村人を守る為に行われてきた宗教儀礼の踊り。おばちゃん達、それに子供たちが登場。子供たちのメイクが少々どぎつくってなんか小林幸子Jrみたいでした。
目を閉じて耳に入ってくる音だけでリズムを取りながら踊りを踊っていました。
首を横に細かく動かし続けたり、腰、指先の使い方は子供でもあっぱれでした。

P6020283.jpg


ゆっくりと舞っていたかと思うと突然歌い手の「ハッ!チャカチャカチャカ・・・!!」っていう合掌と共に激しくトランス状態で踊り出す子供たち、そして合掌が止むと同時に気絶(のフリ)して倒れ込み僧に聖水をかけられて正気に戻ります。

P6020287.jpg


最後はサンヒャン・ジャラン・ダンス。ジャラン(馬)に跨ったトランス状態の男性による踊りで、燃えさかるヤシの実の周りで踊りしばらくするとその火の中に飛び込んでファイヤーしてるヤシの実を蹴り上げます。


おっちゃん、ヤシの実にガソリンをたっぷりとかけて火をつける。

P6020288.jpg

ヤシの身を所構わず蹴り上げる踊り子の兄さん。最前列のあたいらはいつファイヤーボールがこっちに飛んでくるかハラハラでしたよ(;゚Д゚)

P6020297.jpg


そしてトランス状態の末気絶しちゃった兄さん。足の裏が真っ黒で痛々しい。これですべての演目が終了。

P6020302.jpg


1時間という短さが飽きやすいオカナ、たんたんにはちょうどよい時間で最後まで堪能できました。
ケチャダンス、特にあの合唱はやはり迫力があり魅了されますな!
面白かったっす。

宿に帰ってからはベランダで一杯♪

P6020309_20130606062657.jpg



てなわけで、今日はここまで。

読んで頂きトゥリマカシ!!


応援クリックお願いしま~す(*^-^*)
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。