1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

2年半に及んだ世界旅を終えてからの日常や料理のこと。


訪問者
プロフィール

たんたん&オカナ

Author:たんたん&オカナ
コックの二人が仕事を辞めて2年半の世界一周旅行へ。無事に帰国し結婚。再びコックの世界に戻り、日々奮闘。料理漬けの毎日を送る。

最新トラックバック
帰国から!
タイムカウンター
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05

Category: インドネシア

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

バリ島、ウブド生活の始まり
スラマッシアン!オカナです。

ジャワ島の2泊3日のツアーを終えてやって来たのはバリ島にあるウブドという村。
ウブドエリアはいくつもの村の集合体で周辺には田園風景が広がりのどかな雰囲気。そしてもう一つ、ウブドは芸能、芸術の中心地でもあります。

今回のお宿はウブドに来る前にたんたんがネットで調べて見つけてくれた「BRATA2」という所。ここは申し分ないくらいの素敵なお宿で久々の快適なお宿に(朝食&もちろんwifi付き、ホットシャワー出ます。もちろん南京虫もでません!)1泊約1200円。大満足なあたくしです。たんたん君あんがと。

P6050008.jpg


ベランダからは青々とした小さな田園風景が顔を出します。毎朝ここで食べる朝食は何とも優雅な時間です。

P6050004.jpg

P6050016.jpg


町の中心にはそれはもう沢山のオシャンティーなお店がめじろうし。どこのお店も相当センス良くって歩いているだけでウキウキしてきます。

P6010081.jpg

P6020122.jpg

細道にもたくさんあってまるで裏原宿のようでした。
しっかし、欧米人多いね~・・・
その中にはロシア人の姿も。道ですれ違うと大抵コイツはロシア人だなっていうのが判断できます。ポイントはアンフレンドリーなところ(笑)
なんでもここ最近ロシア人の観光客が急上昇らしいですよ。だもんで看板には英語表記の他にロシア表記も結構見つけます。ちなみに昔は日本人が多かったようで今でも日本語がしゃべれるインドネシア人が結構います。

ちょっと関係ないけど市場の辺りをブラ散歩していたら突然若い女の子たちに日本人ですか?と話しかけられまして、軽い質問コーナーが始まりました。
「これは一体何の企画ですか?」と、日本語で聞いてみたものの、彼女たちはまだ初心者のようで質問には答えずきっちり自分の仕事だけ(質問を投げかける)をこなしていました(笑)
メモに書いてある日本語(スペル)を見ながら一生懸命に話す彼女たちがなんとも初々しくって愛おしかったです。
最後に写真をお願いされてパシャリ。「ありがと~」と、お互いに言い合い握手を交わしてさよならしました。

たぶんあれは学校で発表する「日本」をテーマにしたレポートなんかのだと思いました。そう思ったオカナたちは日本人の印象を良くするために会話中は常に満面の笑み&ソフト口調を心がけました。これできっと彼女たちの心を掴んだことでしょう。バッチシです!!

P6010061.jpg


お店同様これまた相当の数のマッサージ屋さん。(ひょっとして中心街の中では一番多い?)
オカナも一回受けてみたけどインドネシアのマッサージは比較的強めで、強いのがお好みのオカナには結構満足できる方だと思いました。(ただちょっとツボが外し気味だったかな~)。そしてお値段1時間でたったの600円!
日本じゃ考えられないっしょ。
こんな機会はない、受けれる時にいっぱい受けておきまひょっ!と、意気込んではみたものの、たかが600円、されど600円。2回受けたら宿一泊分だな。オカナたちが普段食べているローカル飯二人分の一回の食事の2倍だな・・・・。
うん、なんかもったいない気がしてきた。受けたいけど止めておくか。てな感じで結局一回限りに止まりました。
毎度いつものオカナとたんたんのパターンです。
みみっちいの、あたいたち。

町を歩いているといろんな場所でこのような物を頻繁に見かけます。
はて、これはなんぞや?

P6010008.jpg

P6050060.jpg


これは神様へのお供えものなんです。チャナンと言います。中には綺麗な花びら、お菓子や米など。チャナンは地面より上にあれば、神様への捧げ物、地面に直接置かれていれば悪霊への捧げ物なんだそう。
供え物を置く時にはただ置くだけではなく聖水を振り掛けて、お香をたきながら何かを唱えお祈りを捧げます。
これ、1日に何回やってるんだろうってぐらい頻繁に見ます。

P6050033.jpg

伝統、文化が色濃く残るバリ島。バリ・ヒンドゥー教の世界では、神々はいたるところに宿っていて、各建物、家の至る場所(台所とかいろいろ))、門、車やバイクや自転車などの乗り物とか、あるものすべてにお供え物をしているんだそう。

P6050068.jpg


いろんな場所に様々な神さまがいらっしゃいますよ。

P6050056.jpg

P6010096.jpg

P6010108.jpg

P6050018.jpg

これ、違うか・・・。

P6010094.jpg



寺院かと思ったら「家寺」だって。宿泊施設や一般家庭の入口にこんな立派なものがあるんですよ。しかも至る所に。
すげえなぁ、バリ島・・・

P6050052.jpg


囲いで分かりずらいけど敷地内にも立派な建物が。初め家寺っていうこと知らなくって普通に中に入ってたら人様の自宅でびっくり。完全に侵入者でした(笑)

P6050061.jpg



寺院もありまして立派な場所があったので入ろうとしたらダメだと言われてしまいました。
なんでも肌の露出を防ぐ為、参拝はサルンという腰布を巻くといった原則的ルールがあるようです。

P6030116.jpg

午前中は本当いい天気なんです、ウブド。けど午後に入ると徐々に曇り空に変わって激しい雨が降ることがしょっちゅうです。ぽた。ぽた。って降り出した瞬間ざああああああー!!っていうあり得ない雨が速攻やって来ることも。そして更に湿度が高まるという(-_-;)


P6030119.jpg


インドネシアの花屋さんには見たこともない花がいっぱいでした。

P6010018.jpg


これ、バナナだよね?

P6010016.jpg


P6010013.jpg


中心から離れて郊外の方に向かってブラ散歩。
ちょっと細道を入って行けばローカルな雰囲気に変わっていきます。

P6050057.jpg

静かだぁ~

P6050048.jpg


その内、ヤシの木も現れはじめ・・・

P6020188.jpg


直射日光キツイ。歩いている時はそうでもないのだけど、立ち止まった瞬間に汗がどぅわ~~~って、滝のように出てくる。湿度もあって気持ち悪さMAXだぜ。
でも更に先に進むぜ。

P6020182.jpg


そして見えてきました田園風景はもう素敵すぎました。この風景がずーっと続くんです。

P6020175.jpg


田んぼの中で思い思いに過ごすカモたち・・・

P6020196.jpg


ここで暮らす人々の営みもちょこっと垣間見れて・・・

P6020221.jpg

めっちゃ心安らぎま~す♪

やべえ、ウブド、良いとこだな。
これは滞在が伸びそうだ。

今日はここまで。ウブド記事いっぱい書くことになるかもね。

ほんじゃあね~

今日も読んで頂きトゥリマカシ!!応援クリックお願いします(*^^)v
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。