1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

2年半に及んだ世界旅を終えてからの日常や料理のこと。


訪問者
プロフィール

たんたん&オカナ

Author:たんたん&オカナ
コックの二人が仕事を辞めて2年半の世界一周旅行へ。無事に帰国し結婚。再びコックの世界に戻り、日々奮闘。料理漬けの毎日を送る。

最新トラックバック
帰国から!
タイムカウンター
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08

Category: インドネシア

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ゆだれ垂らすなよ~
オカナです。せっせと予約記事を書いてますよ。
あぁ、眠い。。。
隣で気持ち良さそうに寝ているたんたん。元気ですかー(猪木)!!って叩き起こしてやろうか。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


スラマッシアン!
さあ、張り切って!

今回はウブドで食べたあれこれを紹介したいと思います。

まずはコチラから♪

宿の朝ごはんで出てきた「ジャッフル」
ジャッフルとはホットサンドという意味でバリ島ではポピュラーな朝ごはんのようです。中には熱々とろとろのバナナが入っていてパンの表面にはたっぷりのバターが染み込んでいます。
ホットサンドで焼き上げたパンの表面はサクッと香ばしく、中のバナナのジュワトロ感の組み合わせがもう最高!
作りかたもシンプルなので日本に帰った時には実践してみようっと♪

P6030002.jpg

このまま甘いもの続きで行っちゃいます。

「Kakiang Bakery」のスイーツとコーヒー

これは甘党たんたん君の希望で行ったお店。美味しいコーヒにケーキが評判のお店だそうです。
ここには2日間通いました。

王道のイチゴショートケーキ。この店一番の人気商品だそうです。
こんなフレッシュな生クリームは久々に食べました。注文したバリ・コーヒーはあっさりと飲みやすい味。

P6010069.jpg


こちらはレアチーズケーキ。

P6020230.jpg

そしてマンゴー・パフェ。熟したマンゴーがゴロゴロと入っていました。

P6020228.jpg

たんたんが洋菓子ならばオカナはアジアン・スイーツです。

「エスチャンプル」
エス=氷(冷たい)チャンプル=混ぜるの意味で氷の中に果物やゼリーなどがぎっしりと入っているデザート。
このお店のはナタデココ、ゼリー、タピオカが入っていました。味付けにはヤシ砂糖を水で薄めたもの、コンデンスミルク、ココナッツミルク。たっぷりの氷が入ってギンギンの冷たさ。
始めのうちはかき氷のように食べて、氷が溶けてきたらスープのようにして飲みます。
見かけほどくどくなくってとってもあっさり。食後のデザートにはぴったり。

P6010025.jpg

これは「エス・チェンドル」
色鮮やかなチェンドル(米粉の団子風のもの)が入ったカキ氷。
屋台でよく売られていて値段も20円とか。
インドネシア暑くってむしむしするから体がこういったものを欲する。

P6030095.jpg

これは中にパパイヤ、パイナップル、そしてドリアンが入っていました。うんめぇーな~

P6030097.jpg

スイーツはこのぐらいにしときまして、お次はいよいよご飯もの!

なんですが・・・

オカナたち、ごはんものはナシ・チャンプルばかり・・というかそれしか食べてこなかったんですよね。
同じもんばかり~?って思うかもしれませんがお店によって味付けは全然違うし、惣菜も本当色々とあるんですよ。
なんで飽きずに毎日頂いていました。


オカナたちがよく利用するのが「ワルン」。庶民の食堂を示します。ワルンで食べれば値段もお手頃です。

「PUTERI MINANG」
偶然見つけたこのお店は西スマトラ州の料理を提供したお店でとにかく惣菜の種類が多彩。
選ぶのにすんげー迷いました。

コチラはベジタブルコーナー

P6020143.jpg

ノンベジコーナー

P6020147.jpg

揚げた魚にはスパイシーなタレがたっぷりと絡まっています

P6020151.jpg

たんたんはエビ天をメインにごはんには魚のココナッツスープをたっぷりとかけてもらいました。
米は通常一杯なんですが何しろおかずが美味しいのでたんたんは一杯じゃもの足りないと、いつも2杯を注文しちゃってます。

P6020139.jpg

オカナセレクトのもの。
手前のイカは卵がたっぷり詰まっていて味もしっかりと染み込んでいてウマウマでした。味の浸みた厚揚げもよし。野菜も獲れてよしよし。

P6020142.jpg


「Mangga Madu」

ここは地球の歩き方にも載っていた評判のお店。
見栄えが綺麗ですね。

P6010019.jpg



「Mama's warung」

こちらも同じく地球の歩き方に乗っていたお店。

P6050029.jpg

2つのお店とも見栄えは良かったのですが、味は至って普通だったかな。そんな印象に残る味でもない。

逆に観光客、地球の歩き方さんも知らないようなちょっとさびれた感じの完全ローカルなワルンのナシ・チャンプルの方が美味かったりするのだ。
ここはレンタルバイクで回っていた時に偶然見つけた名前も無い(それかあったのかもしれないけど気が付かなかった)
家族経営の小っちゃなお店。

P6030082.jpg



でっかいお店やツーリストエリア内のお店は高いだけで味付けも外国人好みのものにしてしまっているから面白くない。今までそんななお店に入ることはなかったんですがこの前偶然目に留まったあるお店のメニューがナシ・チャンプル130円と、このツーリストエリア内ではかなりのリーズナブルなお値段。
写真の料理もなんだか旨そう。(まあ、大抵写真と本物は違って出てくるんだけどね)
とりあえず行ってみることにしました。


「Sucking Duck」

奥まった場所にあるこのお店。店内も広く開放的でワルンとはだいぶかけ離れた感じ。
だけど、お客さんが全然いない。オカナたちオンリーっす。普段からこうなのかな?
徐々に不安になってくる私たち(苦笑)。
まあでも、130円だからね、ハズレでも許せますけど。そんな感じであまり期待もせずにいた、ナシ・チャンプル。

P6030153.jpg

出てきたものは見栄えが良く、味の方もまさかの旨し!野菜の旨味が滲み出たスープは優しく、具材の冬瓜が上手いことマッチしてました。、サテ(鶏のつみれ焼き)、それにフライドチキンの味付けがまた絶妙だったし、あとはなんといってもサンバル(辛み調味料)。これ、うっまー!もうこのソースだけでごはんがパクパクいけちゃいそう。この味は肉、魚、野菜と、なんにでも合いそう。


P6030152.jpg

いや~、偶然入った場所がまさかの穴場でした。総合的に、見た目、味、バランスととても良かったように思います。

と、なれば・・・・・

教わりたい♡

食事を終えてから恐る恐る尋ねてみると、OKOKのサインが!イエ~いっ♪
こういったお店だし今回はちょっと無理かなと思っていたけど。言ってみるもんですね~。

てなわけで、今回はレクチャーだけだったけど教わることが出来ました。
お店のお姉さんも凄く優しい方で、オカナたちが今回のレシピを日本に帰った時に作ってみたいと話すとそれはもう喜んでくれました。
お姉さん、お兄さん、そしてお父さんトゥリマカシです!

P6050075.jpg


P6050077.jpg


オカナたちの料理教室はまだまだ終わらないんだぜ~。
次から本番なんだぜ~。

お楽しみに!!

今日も読んで頂きトゥリマカシ!!一日一回の応援クリックお願いします(*´▽`*)
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。