1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

2年半に及んだ世界旅を終えてからの日常や料理のこと。


訪問者
プロフィール

たんたん&オカナ

Author:たんたん&オカナ
コックの二人が仕事を辞めて2年半の世界一周旅行へ。無事に帰国し結婚。再びコックの世界に戻り、日々奮闘。料理漬けの毎日を送る。

最新トラックバック
帰国から!
タイムカウンター
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

23

Category: マレーシア

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

バットマンの舞台、ゴッサムシティ

またやっちまった・・・

ほぼ書き終えた、新しい記事が跡形もなく消えちまったよ。
何度同じ過ちを繰り返すのでしょう、私!(;´Д`)

スラマッシアン。オカナです。

オカナは文章書くの苦手なんだわ。だからブログも毎回完成するまでに凄く時間がかかるんですよ(そのわりに薄っぺらい内容なんだけどね)。
とにかくそんな時間かけて書いた記事がパッと消えてしまうとショックでしばらく立ち直るのに時間がかかります。

でも今日はさっき美味しいごはんをたらふく食べてきて、美味しもの食べると機嫌もよくなる、単純なオカナなので今は気持ちも少しは落ち着きました。
腹ははち切れそうでヤバいけど。


とにかくこの後ももうひと記事書きあげちゃう予定なので気合いで頑張ります!

シャアアアアアーーーーやってやるぜぇ!!!
眠ーい!!

P6200219.jpg

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

クアラルンプールって本当に都会で全てがよりどり揃っているといった感じです。
そんなクアラルンプールが楽しくって。
普段は都会っていうのは好きじゃないんだけども久しく離れているとやっぱ新鮮に感じるもんですな。
快適すぎるこの環境にありがたみさえ感じてしまいます。
都会の中に交わるローカル色満載の屋台もまた魅力です。早く食べ物紹介したいところなんですが、とりあえず今日は前回の続きということで。

クアラルンプールの魅力その四、「大型ショッピングモールと日本ブランドがてんこ盛り♪」

クアラルンプールには飲食店同様に沢山の洗礼されたハイレベルなモールがあちこちにありました。
インドネシアのジャカルタで見たショッピングモールといい、もう日本のモールと大差がないぐらいに進んでますよ。
恐るべしです。


こちら、クアラルンプールのシンボル的存在のペトロナス・ツイン・タワー。 日本と韓国の建築会社によって建造されたものらしいですよ。これがバカ高くってねえ。完成された1998年から2003年までは世界で最も高いビルだったんですと。


P6210043.jpg



モノレールなんて特別なものでもないんだけど都会の雰囲気にすっかり興奮状態。うっひょ~~~って喜んで撮ってしまいました。

P6200122.jpg


マレーシアあっつい。。。 日陰を求めて。
でも、逆に建物の中はどこも寒い。冷房の設定温度がありえないぐらいに低くって。しばらくエアコンの生活から遠ざかっていたオカナとたんたんには結構応えます。

P6200124.jpg


ただっ広い、ショッピング・モール内の温度は推定20度。さっきまで多量にかいていた汗も速攻消えてなくなります。そして30分後には手足から中心にかけてカチカチに冷えます。


P6200170.jpg



ここはペトロナス・ツイン・タワー内にあるショッピングモール。高級ブランドが立ち並びます。この日はファッションショー のイベントが行われていました。
つーか、ショッピングモールでやるもんなんですか?(笑)これは流石に日本には無いんじゃないかな。

オカナもたんたんもファッションショーを生で見るのは初めてでなかなか面白かったです。

P6210128.jpg


モデルさんがカッコいいんだわ。

P6210122.jpg


当たり前だけど皆さんスタイル抜群で惚れ惚れしてしまいました。

P6210127.jpg


今はオカナは食を楽しみながらの旅をしているのでダイエットは無理ですが、日本に帰ったら再びコアリズム・エクササイズを開始したいと思います。

このままではあかんぜよ!

P6210125.jpg


このショッピングモールには紀伊国屋書店がございました。とても広々としていて(この写真に移るスペースの三倍はありました)小奇麗です。書店内にはクラシック音楽です。オカナは本屋とBGMにクラシックというコラボレーションがたまらなく好きです。(似合わないでしょ?ほっといてくれ。)
ここには日本語コーナーも設備されていて私たち日本人にはたいそう優しい本屋さんです。紀伊国屋書店さん、ありがとう。もうこの空間が好きなので入れるものならずっと居たかったのですが、いかせん、極寒すぎる( ゚Д゚)
てなわけで2回通うもせいぜい30分が限界でした。

P6210072.jpg



その他のショッピングモールも覗いてみましょう。


ブキッ・ビンタン通りには様々なショッピングモールがありまして、オカナ達もハシゴして楽しみました。とあるショッピングモールは日本を明らかにイメージしたようなものもあって。なんか原宿系(?)ファッションとか秋葉系など。
日本が世界に与える影響は大きいのだということが分かりますね。

こんなものありました「東京ストリート」
飲食店、それに日本の食料品がめじろうしでした。が、オカナたちは食料品にはそんなに惹かれず。
日本食は散々ネパールで食べてきたし、オカナたちは今はアジアンフード(スイーツ)に夢中だからね。

P6200181.jpg


東京ストリートの中でも静かににぎわいを見せていたのがダイソーでした。
そう、あの100均のダイソーです。ちなみにこっちでは150均でした。品ぞろえも豊富で現地の人も夢中になって物色してました。
確かにダイソーは時間も忘れて夢中で見てしまいますよね。

この男も今回はそんな一人です。

ターゲットはビーチ・サンダル。
たんたんのサンダルがこれまた酷いんだ。もうぼろっぼろ。
さっさと買えばいいものをケチってなかなか買わないんですよ。でもようやくこのダイソーでおNEWをゲットすることが出来ました。

P6200187.jpg


メキシコのカンクンの宿でリサイクルボックスに収められていた黒のサンダル、インドネシアのギリメノ島のビーチの浜辺で捨てられていた白のサンダル。どちらも今までお世話になりました。
これからはダイソー・サンダルに頑張ってもらうからね、よろしく頼むよ・・・。ってお願いしたのも束の間、三日後にして既に亀裂が入りました。
これは期待できんね。

P6200188.jpg


「お、なんかいい感じにハマってるじゃん」って褒めてあげたら嬉しかったのか眼鏡を購入。150円ファッションの出来上がりです。たんたんの買い物は安上がりでいいわ!

P6200196.jpg


でも、ユニクロに入った時はオカナ、警戒してました。
だって奴らが潜んでいる危険性があったから。

で、結局ONE PIECE Tシャツはここ、マレーシアでも出没していました。
ほ~ら、たんたんにも見つかっちゃったよ(~_~)

P6210089.jpg


で、結局こうなるでしょ。
お~やだやだ(´Д`)
ぜってえ買わさせねえぞ。

P6210090.jpg


トイレ休憩です。

浴衣着て銭湯グッズ一式を抱えて入りたくなりました。

P6200199.jpg


無印良品もあります。
地味子なオカナには無印良品がピッタリで見ていて楽しいです。そのうち買いたい症状が起こりましたがこれは別に日本に帰ってからでも買えるものだと気付き、無事無駄遣い、無意味な、かさばるお土産を防止することが出来ました。


P6200174.jpg


でも、その後に寄った薬局で日本の製品があったのでつい買っちまいました。
やっぱ化粧品は日本製に限ります。

P6200216.jpg

とまあ、こんな感じで見てきたショッピングモール。どこも徒歩で行けてしまえる距離なのでとことん歩きまくりました。朝の朝食を取りに外へ繰り出し、夕方頃までずっと歩いていました。
こんだけ沢山歩いたのはひょっとしたらネパールのトレッキング以来かもしれません。
とにかくここのところだいぶ怠けていたのでいい気分転換になりました。

P6200265_20130622005239.jpg


そして夕食を食べ終えてまた歩きます。向かった先はムルデカ・スクエア(独立広場)。
ここから眺める夜景は綺麗でした。
緑色に輝く建物は旧モスクのマスジット・ジャメ。市内最古のイスラム寺院です。

P6200369.jpg

そしてこちらのタワーは421mの高さを誇るKLタワー(KL=Kuala Lumpur)。
普段ライトアップがされていない日中のKLタワーは大阪の通天閣に似ています(通天閣よく知らないけど)。

P6200372.jpg


しかしそんなKLタワーよりも高いものが先ほども紹介したペトロナス・ツイン・タワーです。高さ452m。だそうです
これが本当高くって、タワー全体と人物全体を一緒に撮ろうものなら一苦労です。

御覧のように体、カメラを極限にまで地面に近づなくてはいけなくなります。

P6200348.jpg


ムスリムの夫婦に頼まれるも、う~~~~・・・・・き、厳しい(*_*;

P6200345.jpg



そんなライトアップされた、ペトロナス・ツイン・タワーがこれです。


なんか、CGみたいですよね?
でもこれ、リアルですから。

かなりカッコイイです。

P6200312.jpg


なんかこれ見てるとバットマンに登場する架空都市のゴッサムシティを連想してしまうのはオカナだけでしょうか?いや、この事書いた時点で解ってくれる人がもう一人いると思います。
オカナの父です。
オカナのおとっつあん、バットマン大好きなんだよ。(特にティム・バートンが手掛けた頃の初期のヤツ)。
車で高速道路走る時なんてバットマンのテーマ曲をデカイ音量にして流すからね。いかしてるでしょ?


この画なんてどうでしょうか。ちょうど顔を出した月とライトアップの光がまるで夜空に照射され、バットマンを呼び出すためのバットシグナルのようです。
かっくいいい~♪

P6200349.jpg


持ってきた三脚で何とか撮れました。いぇ~~~~い

P6200326.jpg



今日はここまで。次回はごはんレポートです♪ うん。眠い、限界だ。今日はもうこのまま眠ります。

読んで頂きトゥリマカシ。応援クリックお願いします(∩´∀`)∩
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。