1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

2年半に及んだ世界旅を終えてからの日常や料理のこと。


訪問者
プロフィール

たんたん&オカナ

Author:たんたん&オカナ
コックの二人が仕事を辞めて2年半の世界一周旅行へ。無事に帰国し結婚。再びコックの世界に戻り、日々奮闘。料理漬けの毎日を送る。

最新トラックバック
帰国から!
タイムカウンター
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10

Category: ミャンマー

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

つかの間のミャンマー

サワディカップ! たんです。



 
日本の皆さん熱中症には気を付けて!!
こっちも毎日暑いけどね(;´∀`)



とりあえずベーシックのマッサージコースが終わりまして、次に受けることになったプロフェッショナルコースを受けに行く前に、一旦タイからミャンマーにビザランしに行くことになりました。

ウチラはマレーシアから陸路のアライバルビザでタイに入ったので、この場合は15日のビザしかもらえないんですよ。。飛行機で入った場合は1カ月もらえますけど。。

なもんで、このままプロフェッショナル5日間を受けてしまうと途中で滞在日数が切れちゃうわけね。

ってことで今日は日帰りでチェンマイからミャンマーに行ってきましたってことでも書きましょうか。


P7050015.jpg
チェンマイにある旅行会社でも日帰りミャンマーとかあったけど、自力の方がちょっと安いってことで今回は自力で行ってきた。
アーケードバスターミナルから朝8時発メーサイ行きのグリーンバスって奴に乗って。
のどかな田園風景が広がっていて空も綺麗だった。


出発して約4時間半でタイ側の国境の街メーサイに到着。
着いたバスターミナルから乗合のソウテンに乗って国境まで向かいました。
今回ウチラが利用した国境はメーサイ(タイ側)&タチレク(ミャンマー側)
ここ以外にもチェンマイから日帰りで行ける国境があるみたい。


P7050101.jpg
ここがタイ側の国境ゲート

ここでタイの出国審査をサラッと済ませてそのまま歩くと


P7050100.jpg
まさに泥色をした川が流れてます。

この川がタイとミャンマーの境い目でした。

汚れ過ぎ(゚Д゚;)

もちろん橋が架かってるのでそこを歩いてミャンマー側へ!


P7050099.jpg
とりあえず橋の中央、タイとミャンマーの国旗の間に挟まって、この暑さでヘタレてるこのブログでおなじみのオカナさん。


そのまま橋を渡るとすぐに今度はミャンマー側のイミグレです。
そこでは手数料1人500バーツ又はUS10ドルを払って入国の手続きをします。
ドルの方がどう見てもお得だったからもちろんドル払い!


P7050054.jpg
こんな感じの一時的なビザをくれます。
このビザで行動できる範囲は5キロ以内までと決められてるとか!
代わりにウチラのパスポートはイミグレに一時的に没収されました。


そしてミャンマーに入国。

やっと53か国目!!


だけど滞在できるのは約2時間ほど。

日帰りだからね。



P7050085.jpg
ミャンマー入ってすぐにマーケットがあります。
だけどここにあるのは殆どがパチ物らしいです。
でも安いからタイ人もココに買いに来るんだとか。。


P7050078.jpg
タバコをしつこく売ってくる方々。
これもパチ物なんだってさ!


そんなところを通過してウチラはお昼食べれる所を探しました。

もちろん、最初で最後のミャンマー料理が食べれる所をね!

ちょっと歩いてもそれっぽい所に行きつかないから、どこにあるか聞きながら。


ってここで気付いた。

ミャンマーの言葉覚えてくるのすっかり忘れてたよ(;´∀`)


でもまあ何とかローカルなお店を見つけられて


P7050023.jpg

オカナさんが頼んだのは


P7050031.jpg
こんな感じの和え麺。

味は・・・・忘れちった。
お母さんが器の中に麺と調味料を入れて混ぜ混ぜしたもの。
きっとミャンマー料理。


P7050032.jpg
そしてたんたんが食べたんがコレ。
よくあるチャンプルタイプのお店で、ご飯をよそってそこに好きな惣菜を乗っけてもらって喰う感じ。

真ん中にあるのは牛のミャンマーカレーだね。

ミャンマー料理は隣にインドと中国に接しているせいで、その2つの国の料理の特徴が出てる料理が多いみたい。


でミャンマーカレーってのはインドみたいにスパイスを使うんだけど、ちょっと違って作る工程で水分を蒸発させて、残った油を具に絡ませるみたいなカレーなんですよ。
だから作ってあったカレーは油が凄い浮いてる状態。
だからもたれるらしいね。。

まあ今回は盛り合わせだからもたれなかったけどね!

でも美味しかったよ。
カレー食べた瞬間、

「あっっインド!!」

って思わず言ってしまった(;^ω^)




そしてその後は、田中さんを探しに歩きました。


P7050036.jpg


P7050042.jpg
御覧の通りミャンマーの女性や子供たちは全員じゃないけどこんな感じ。

ミカン科の木を擦ってそれを水で溶いたものを顔に塗る習慣があります。
その塗ってるモノが「タナカ」っていうヤツらしいです。
日焼け止めとか化粧品みたいな感じらしい。

タイ国境の街でも全然見かけなかったのにミャンマーに来た途端コレですよ。

なんか国境を超えたって言う実感が湧きました!!

若い女性とかもこんな風に顔にらくがきされたみたいな感じなのにそれが普通。
習慣て面白いね。

P7050067.jpg


P7050069.jpg


P7050046.jpg


P7050055.jpg


P7050052.jpg


P7050075.jpg


そうこうしてる間にあっという間に時間になりまたタイへ


ホントにあっという間だったけど、とりあえずミャンマーの雰囲気を感じ取れて?よかった。



そして新たにタイに入国したことになるので、また15日の延長が出来ました。




めでたし めでたし







応援クリックお願いしまっす。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。