1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

2年半に及んだ世界旅を終えてからの日常や料理のこと。


訪問者
プロフィール

たんたん&オカナ

Author:たんたん&オカナ
コックの二人が仕事を辞めて2年半の世界一周旅行へ。無事に帰国し結婚。再びコックの世界に戻り、日々奮闘。料理漬けの毎日を送る。

最新トラックバック
帰国から!
タイムカウンター
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

31

Category: 中国

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ニーハオ!中国


ニーハオ!  たんです。


只今、中国です。


あれ?

ブログ更新出来てんじゃん!!


どうやら中国入る前にやっておいた対策が上手くいったようです。
なのでブログ更新しまっす(;^ω^)


え~と?

ラオス最後の町ルアンナムターから中国へはバスで!
町のバスターミナルから国境のボーテンまで2時間ほどです。
バスターミナルで会った同じ宿に泊まっていた欧米人のカップルとたまたま会い、どこ行くのか聞いたら同じく中国との事。なので一緒に行きました。



これがラオスのイミグレ!


こんなに金ピカな国境はお初です(*´з`)
国境をこんなにも金色に染める必要があるのかどうか?
でも外観の割に中身は凄い質素な造りでした。
ラオスいた時はこんなに金のイメージ無かったけどね!

サラッと出国してちょっと歩くと今度は中国の国境。
写真撮り忘れたけど中国のイミグレ建物の方が立派だった。。

欧米人のカップルはここからヒッチハイクで目的地まで行くみたい。
東南アジアの他の国も出来るところはヒッチでやって来たらしいけど、ラオスは全然だめだったって言っとったよ。お元気で!!

とりあえずウチラはここからバスに乗って景洪って所まで行きます。


それにしても中国に入ったらだいぶラオスとは町の雰囲気が違って、ラオスよりもだいぶ発展してました。

町は一気に漢字だらけになったし、そこらじゅうに中華の美味しそうなお店が立ち並んでるしでね。

いや~~中国に来たんだな~~ってしみじみ。


さてとりあえずバスです。

ちょっとドキドキ・・・

と言うのも中国のことを調べ始めたら、中国人はバスの中でもギャーギャー騒いだり、タバコ吸ったり、床に唾吐いたり、などなど、バスに限らず電車の中などでもとてもマナーが悪いって事を知ってしまっていたんです。

だもんで、実際はどうなのかな~~ってね。

はい、そして景洪までのバスは時間どうりに出発、予定では3時間。

乗客はウチラ以外みんな中国人。


結果的にはみんなとってもお利口さんでした。
ウチラ的には良かったんだけど、構えてたぶんちょっと拍子抜け。
特に何もありゃ~せんでした。

そんで景洪についてとりあえず元陽って所に行こうとしたけど、そこからはダイレクトのバスが無かったので、そのまま大理に行くことにしました。

だけど夜行バスは無く朝発のみ。

仕方なくそのチケットを取ってその日は景洪に1泊することに。


だけどこの町の情報も地図も何も持ってなかったから適当にバスターミナルの周辺をウロウロ・・・


とりあえず安宿の目印は「招待所」って単語らしい。

適当に見つけたところはなんかよく分からんところで、下が食堂になってて多分その上が泊まるところなんだろうけど、どこが入口かもわからんし言葉もじぇんじぇん通じんしで、イラッときてパス。

その後見つけたところは外見は汚いけど中の部屋は普通だったところで、まあ値段もまあまあだったからとりあえずそこに決めた。だけど身分証を求められて提示したらちょっと困った感じで奥の方にいる別の家族んところにいって聞きに言ってたわ。

事前調べだと中国の宿ってのは、外国人NGなところがあってあと必ずパスポートとかの提示が必要。

たぶんそこは外国人NGのところだったんだろうけど部屋を案内してくれた人は「まあいいじゃない」みたいな感じだけど、奥にいたオヤジさんは「いや~ダメだやめとけ!」みたいな感じだったけどまあ何とか泊まることが出来ました。外国人止めたのが警察にばれたら宿が罰金を払うことになるらしい。。


さて、まあとりあえず宿も決まったので飯でも行きますか~~!!

もちろん中華でしょ( *´艸`)


飯食う所は探さなくてもそこらじゅうにありまっす。

適当に食堂的な雰囲気のところに入って注文。

P7280012.jpg
とりあえず食器が運ばれてきたと思ったらこんな感じだった。
ラップに包まれた一式。
お~~以外にも清潔感ある。

たぶんこれレンタルなんじゃないかと思たよ!

P7280016.jpg
んで、これ食べた。
空芯菜の炒め物と回鍋肉!

相変わらず旨し( ゚Д゚)

いっぱいあったご飯も全部たいらげますた。。
満足、満足。


いや~それにしても中国。

町は漢字だらけ、なのに全然意味わからん!
多少わかるものはあっても薄っすらこういう意味かなくらい・・・

それでいて英語もほぼ全くと言っていいほど通じないから
とりあえず筆談戦になります。

こっちで何とか漢字を書くけどそれも向こうにはほとんど通じんし、向こうが書いた漢字ももちろん分からん。


ふふふ・・・まあこういうの新鮮な感じがしていいけど疲れるよね~~


でもね、中国人今んところはこっちから何んか聞いても色々と親切な印象だね。

まち歩いててもそんなにみんな「かぁ~~~っっぺっ」って唾はかないし・・・

あ、でもタバコ吸う人はかなり多いいよ!


あ、そういえば2回ほど普通の道端で小学生くらいの女の子がお母さんにウンコスタイルのまま抱えられてビニール袋の中にウンコしてるっていう衝撃的なもん見たし、そのおしっこバージョンも見たわ!
中国じゃあ普通らしいけど、ちょっとね~~堂々とやり過ぎでしょ・・・・・


色々と驚くことも多そうですな!



はい、そして翌日は8時半発のバスで出発。

P7290024.jpg
と、その前に朝食用にかった肉まん
こういうの売ってるお店も朝はいっぱいあります。


そして再びバスターミナル。

P7290027.jpg
今日のバスはコレ。
ってこれ寝台じゃん( ゚Д゚)

普通の座席だと思ってたのにまさかの寝台。

中身はこんな!

P7290029.jpg
2段ベットで横に3列仕様。
ベットはほぼフラットで幅は体にぴったりサイズ。
枕と掛布団が付いてます。
そしてバスには靴を脱いで入ります。これ初めて!


これ意外と楽。

むしろかなり楽。(^^)/~~~

だってお尻が痛くならないんですもん。

ここでも特にマナーの悪い乗客もいなくて快適バス移動。

んで、今回のバス目的地に何時ごろ着くのか全然知らなかったんだけど、たぶん12時間ぐらいかななんておもってて、あと1時間くらいで着く頃かな~って頃に食事休憩に入った。

あれれ?もうすぐで着くんじゃないの?と思ってそこで初めて何時に着くのか聞いたら夜12時とか・・・


なにその中途半端な到着時間設定。
マジ勘弁


結局その時間に到着しても~~た。
「朝までバスの中で寝ててもいい?」って聞いたけどダメだった。

あ~あ、ここ大理のどこら辺?

ここも地図も何も持ってなかったからね。

ウチラが最終的に行きたいのはここから路線バスに乗って40分くらいのところにある旧市街。


あいにくもう路線バスは終わってた。
宿の客引きはいっぱいいたけどたったの数時間だったら朝まで野宿するかって思ってベンチに座ってたけど結局安い所に泊まりました。あはは。


そんな感じの? 中国入ってからの2日間。


中国意外と物価高いね!


どうしましょ!


P7290035.jpg






応援クリックお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。