1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

2年半に及んだ世界旅を終えてからの日常や料理のこと。


訪問者
プロフィール

たんたん&オカナ

Author:たんたん&オカナ
コックの二人が仕事を辞めて2年半の世界一周旅行へ。無事に帰国し結婚。再びコックの世界に戻り、日々奮闘。料理漬けの毎日を送る。

最新トラックバック
帰国から!
タイムカウンター
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

31

Category: 中国 2

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

貴州省に入った。

20070627101836_20130830093606579.jpg

ニーハオ。オカナです。
この前移動中のバスで見たトニー・レオン出演の映画を見ました。
彼の出世作と言われている「ハード・ボイルド 新・男たちの挽歌」ってやつです。タイトルでも解るように、映画自体は大したことなかったです。が、わたくし、すっかりトニー・レオンの魅力に引き込まれてしまいまして、恥ずかしながら、今さらファンになりました。

というわけで、これで香港三大LOVE俳優が整いました。


トニー・レオン
レスリー・チャン
ジャッキー・チェン

で、
決まりです!
ふぅ~ 満足満足(´∀`)♪


はい!では旅のお話にいきましょう。

結構快適だった電車移動を終えて着いたのは貴州省の凱裏(カイリー)という町。
黔東南ミャオ族トン族自治州の州都で、少数民族が7割余りを占めています。
町中では沢山のそれらしい部族さんたちの姿を見かけました。

P8290019.jpg

P8290021.jpg

P8250090.jpg

P8290003.jpg


一番良く見かけたのはこのお相撲さんヘアーのトン族。ラオスのムアンシン村でも見かけました。でも大抵皆さん、頭以外は民族衣装など着ておらず、普通の恰好。

P8250072.jpg



とりあえずは宿探しです。
貴州省では情報を何も持っていなかったので、手探りで探して行きましたが、やっぱりと言うか、今回も安宿はあるんですが、外国人OKな宿がなかなか見つからず手こずりました。
ようやく見つけた場所は一部屋120元。値切って100元にしてもらいましたがそれでも高いなぁ。でも、荷物を持って散々歩き回ってへとへとだったので一刻も早く腰を下ろしたく、この宿に泊まることにしました。
お部屋は申し分ないくらいの素敵なお部屋でした。
凱裏には翌日立つ予定だったので宿に荷物を置いたら早速町観光を始めました。


朝ごはんがてらに頂いたのは手巻き寿司を提供する屋台。

P8250037.jpg


お米はもち米で、具材は味付け昆布、ミョウガ、インゲンの刻み、炒った大豆、唐辛子たっぷりのラー油・・・etc。
四川省とお隣の貴州省もまた、味付けは辛めでした。

P8250034.jpg


出来上がり~
ピリピリの辛みと生姜の効いた大人な手巻き寿司でした。3元(48円)

P8250041.jpg



バスターミナルで次の町へのチケットを購入した後、近辺の栄えた商店街へ。


オヤジ「どいたどいた~!道開けて~~」

24時間やかましい中国人。

P8250046.jpg


ボクを置いて行かないで、ブヒ。

P8250058.jpg


え~っと・・・これがええかのぉ~~

P8250055.jpg


爺ちゃん、かっけぇ

P8250056.jpg


中国人の男たちは年を取ってから良い味が出てきます。

P8290022.jpg


電気屋さんのテレビに釘づけの人々。
放送されていたのは闘牛の映像。スペイン以外にもここ、中国の貴州省には闘牛大会があるようです。主にイ族、トン族、ミャオ族のお祭りで行わられるそうです。

P8250048.jpg


そのうち観覧者が続々と増え出しました。そんなにおもろいんかい?と、拝見してみると、牛同士の戦いなんですが、これがまたもの凄い激闘で。ひょっとしたらスペインの闘牛を超す勢いなんじゃないかってぐらいの激しさでした。どう凄いかっていうと、牛にアタックされた牛がぴゅーーーん!って投げ飛ばされてました。あの牛がですよ(笑)。
あまりの衝撃映像の数々に気付いたらオカナ達も長いこと見入ってしまった。

P8250052.jpg


いかんいかん。観光だ(;´∀`)

道端では麻雀に夢中な人たち。中国人は男女問わず麻雀が本当大好き。

P8280081.jpg


青空床屋さん。

P8250064.jpg

P8250062.jpg


もれなく坊ちゃんはこんな仕上がりになります。

P8250093.jpg

↓ ↓ ↓

P8280036.jpg


歯医者がやたらと多い。
ところでオカナは毎日歯ブラシ前のフロスを欠かしません。歯並びがガタガタだからフロスしないとカスが溜まって虫歯が起こるんです。

別に書かなくってもいいことです。

P8290014.jpg


歯医者同様に商店街内でいくつかの宿を発見。こんな場所にもあったのかと。試しに値段を聞いてみると60元前後だった。
ぬわに~!?全然こっちの方が安いじゃないの( ゚Д゚)
あ~、あんなに探し回ったのに・・まさに灯台下暗し(/ω\)
ま、今の宿、快適だからいいっか。



四川省で虜になった担々麺はありませんでしたが、貴州省にもウマウマな麺類はありました。

大好き、和え麺は5元(80円)
美味し♪

P8290008.jpg


で、毎回汗が噴き出して止まらない。そりゃあ、こんな色したスープだもん(;´∀`)

P8290012.jpg

P8290013.jpg



ゴマ団子、モチモチで美味し♪

P8250067.jpg


お酒の香りがぷんぷん♪どうやらこのデカイ窯の中でお酒を造っている最中でした。

P8250075.jpg


出来上がったお酒はこれまたデカイ壺に移して寝かせます。
この壺がとても中国っぽくっていいね!

P8250076.jpg


市場がいろんな箇所に転々とありました。

P8280068.jpg

P8280033.jpg



豆腐は中国でもメジャーだね。種類も豊富。あとは豆乳ね。みんな大好きね。朝の定番朝ごはんは肉まん+豆乳をよく見かけます。こっちの豆乳は砂糖入りが定番。でも甘さ控えめだから飲みやすいよ。

P8280021.jpg



しばらく歩いているとニワトリやら鴨を売っているゾーンに入りました。
カゴに無理やり押し込められた鳥たちはグワッグワ!と、鳴いていました。



あれ?

犬が

オリの中・・・

P8250083.jpg




ま、まさか・・・・!?(;゚Д゚)





あいや~~~~

P8280052.jpg


1キロ18元(289円)で売られていました( ;∀;)
湯むきされたんでしょうか、毛は無く、豚のようにツルッツルの状態。でも、むき出しの牙が怖い。

肉質は見た感じ牛肉のよう。臭いはどうなんだろう。


もちろん食べませんから。
オカナたちは珍味専門の方じゃないんで。



やっぱ肉類はこっちの方がいいよ。
↓↓↓

カモを専用の窯に入れて焼いていくと・・・

P8280048.jpg


こ~んな美味しそうな仕上がりになりました~♪

P8280022.jpg


コチラは豚肉ですね。こっちも美味しそうな色してます。

P8280039.jpg


好みの部位を選んだら屋台のおっちゃんが適当な大きさにカットし、特製のタレと薬味(真ん中の鍋ね)で和えてくれます。

P8280043.jpg


他にもこんな屋台が。

ホルモン煮込み屋。関係ないけど、奥のトン族の母さんの髪型が立派だね~

P8280028.jpg


トッピングがいっぱいの和え麺屋

P8280029.jpg

P8280031.jpg


移動屋台はあちこち動き回る。

で、時々こういう事態が起こることも・・・
渋滞発生。

P8280046.jpg



またまた電気屋さんにて。で、流れていた映像はやっぱり闘牛でした。みんな好きね~

P8280012.jpg


すぐ隣にもテレビが設置されていて、そちらは映画「グラディエイター」でした。しかし、白熱する闘牛たちの戦いににグラディエーターは完全完敗、誰一人見てくれませんでした。

P8280015.jpg



人相占い屋さんもよく見かけます。でも、とっても暇そうでした。

P8290006.jpg

P8280009.jpg



もしも中国語が理解出来たら是非占ってもらいたかったです。


と、まあ。凱裏はこんな感じ。



最後に、関係ないけど麻婆茄子について。
中国の麻婆茄子ってその土地、場所によって全然違うことが分かりました。



雲南省

P8050057_201308300908324fb.jpg


四川省

IMG_0804.jpg

P8210609_2013083009083043a.jpg


貴州省

P8280053.jpg


味はそれぞれ異なった味ですが、基本どれも美味。中国では隠し味に必ずお酢が使われるということ。料理の味を引き締めるお酢は無くてはならない。
日本の飲食店のテーブルに常に備えつけられているのが塩、コショウならば、中国は100%の確率でお酢なのです。
今日は何となく麻婆茄子のことを書いてみました。


中国に入って一カ月が経ちますが、中華料理、一向に飽きません。美味すぎ、中華!最強だぜ、中華!
ハオツゥ~~~
米の量どんだけ~~~~
P8280055.jpg


読んで頂き謝謝(シェイシェイ)。一日一回の応援クリックお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。