1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

2年半に及んだ世界旅を終えてからの日常や料理のこと。


訪問者
プロフィール

たんたん&オカナ

Author:たんたん&オカナ
コックの二人が仕事を辞めて2年半の世界一周旅行へ。無事に帰国し結婚。再びコックの世界に戻り、日々奮闘。料理漬けの毎日を送る。

最新トラックバック
帰国から!
タイムカウンター
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

22

Category: ベトナム

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

柔らかオッパイを堪能
シンチャオ、オカナです。
昨日ブログを書こうと思ったのですが、テレビつけたら「カンフーハッスル」やってるもんでブログそっちのけで見入ってしまいました。どうもすんまへ~ん。



え~今日は食べログ in ホーチミン。

早速いってみましょう!




まずはベトナムのソールフード・・・




Bcwj2xqtOu5fEEI1379851211_1379851588.jpg



で、ございます。


フォーはですね・・・前の国の中国で絶品の麺料理をとことん食べてきてしまったせいですっかりオカナたちの中ではうす~い存在に。
中国のコッテコテの麺料理が大好きでそれに比べてあっさりのベトナムのフォー。
なんか味っ気ないなぁ~と、手を付ける気になりませんでした。

しかしここ、ホーチミンでベトナムも最後。一回ぐらいきちんと食べてみっか!ってことに。
で、訪れた場所はオカナたちが滞在する安宿街にある、長年愛され続ける老舗のお店。以前まではローカル感漂うお店だったらしいのですがここ最近リニューアルオープンされたみたいで外装は今どきのチェーン店。


まずはシンプルなフォー・ボー(牛肉のフォー)を。

P9170049.jpg

え~・・・
美味しかったですよ。
薄切りの牛肉も柔らかくってね。
でも、味のベースがAJINOMOTOのようでした。
うん。至ってフツー


もう一品はフォー・ボー・コー。こちらはベトナム風ビーフシチュー。
かつてフランス植民地であったベトナム。フランスの影響を受けて出来上がったベトナム流のビーフシチューのお味はいかに?

P9170050.jpg

コチラはたんたんが頂いたので本人に感想を書いてもらいましょう。

たんたんです!
日本のビーフシチューを想像してから食べちゃうと「アレ?」ってなっちゃうね。
昔働いてた職場には「荒デミ」っていうデミグラスソースの元になるだし汁があったんですけど、まさにそれその物って感じ!!荒デミ知らない人には伝わりにくいね。。。

この料理はパンにつけて食べるみたいだから、できれば日本みたいなとろみがあったらいいなって思った。
お肉は柔らかくなるまで火が入ってて良かったですね。




は~い。ということでした。
再び化け物オカナがお送りしますよ~


P9170002.jpg


ベトナム各地の名物料理が頂けるというお店でフエ名物料理を頂きました。
それがコレ。→ハマグリのレモングラス蒸し。

土鍋に盛られて登場したハマグリ。蓋を開けると湯気とレモングラスの香りがぶわぁ~~~♪
・・・・って、こなかった(゜o゜)
見た目からして熱々じゃない。
この時点で期待が半分に下がりました。

P9190130.jpg

肝心のお味はやっぱり普通でした。
レモングラスが沢山入ってるわりに香りが薄い。
ハマグリにも味がまるで浸みこんでいませんでした。
ガッカリです。

本当は旅人さんのブログで紹介されていた、路上で提供する屋台に行きたかったんですが、つぶれちゃったのか、移転したのか見つけ出すことが出来ず、やむを得ず地球の歩き方に乗っていたツーリスティックのお店に入ったのですが、残念な結果に(´Д`)



残念シリーズではコチラもでした。

これまたわたくしの大好きなココナッツのアイス。
お店の前を歩いていたら偶然目に留まったこれ。
見た目は最高です。

P9180084.jpg

しかしでした。
ココナッツの味は薄く、更にアイスの底に隠れてたチョコソースがせっかくのココナッツの味を完全に消しちゃうのです。
なんでチョコソース加えるかなー(;゚Д゚)
その他にも無意味な具をトッピングしたりと(この黄色い訳わかんないのがまたココナッツの味を消す)、もう何が主役なのか分からなくなります。
やはりココナッツアイスはシンプルに頂くのが一番だということが分かりました。あ、でも器になっている殻の内側がびっしりと果肉が付いてこれは良かった。

今のところタイの水上マーケットで食べたココナッツアイスがナンバーワンです。

これこれ
↓ ↓ 
P6270015_20130922233130fa5.jpg



さあ、お次はベトナムでハマっちゃったスイーツ、チェでございます。

コチラはもち米とタロイモが入った温かいチェ。
コレを注文したたんたん君、お味はどうでした?

P9170032.jpg

はい、再びたんたんです!
具材がどれも俺の好きなヤツだったから美味しかったです!(*^^)v


だそうです。



オカナはハノイで食べた冷たいチェが忘れられず、ここでも冷たいチェを注文。

このお店では既にグラスに具材が入っていてほぼ出来上がっている状態なんですが、さらにショーケースの中にある十数種類はあるであろうトッピングを追加することができます。オカナは大好きな白玉を追加

P9170034.jpg


やって来ましたよ~♪

P9170028.jpg


パクっと一口。



その時、衝撃が起こりました。




うーまーぃ・・・・・・と、言いたいところでしたが、口から出た言葉はまさかの





ま、マズイ!!('_')




ショックです。
初めてマズいチェに出会いました。
ココナッツミルクだと思われた白い液体はまるでコーヒー・ポーション(コーヒーミルク)のような無味のこってりで、それが口の中全体にまとわりつく感じ。
具も寒天ばかり(オカナはモチモチのタピオカとかが好きなのよ)。極めつけは白玉だと思い込んでいたものは野菜でした。食感がズバリ、ユリ根。
何でも残さず食べるえらいオカナちゃまですが、今回ばかりはギブアップ・・・・(泣)


ホーチミンには他にも沢山のチェ屋さんがあります。きっと美味しいお店もあるんだと思います。しかしこの時のショックからオカナは立ち直れず、以来チェを食べる気がすっかり失せてしまいました。


しかし、実はチェを止めてしまったのにはもう一つの理由があったのです。



たんたんが見つけてくれたミックスジュース屋さん。
安宿エリアにある、細い路地裏にあるこのお店は好きなフルーツを選んだらその場でミキサーにかけて作ってくれます。見てみると甘味付けに使用しているのは砂糖ではなくコンデンスミルク。それに少量の水と氷。
材料を丁寧にミキサーにかけて一旦止めると味見をするおばちゃん。
フルーツジュース屋さんでこんな風に味見をきちんとするのを見たのは初めてのことでした。

オカナたちはミックスジュースを注文。
具材はバナナ&パッションフルーツで。
これ、黄金コンビね。
これは以前、タイのチェンマイのサンデーマーケットで見つけたフレッシュジュース屋さんで飲んだ時に衝撃を食らった飲み物。
こん時の感動は忘れません。以来世界中で飲んできたフルーツジュースの中で断トツのナンバーワンでした。「美味しかったジュース記事(←あ、でもね、フルーツジュース屋さんは複数あってアタリもあれば普通のところもあるんで旨いことアタリのお店を見つけてね)」



ところで気が付きましたか、ナンバーワンの後の文を?
「でした」と書いてありますね~。



そうなんです・・・

超えてしまったんです。


今回のジュース・・・・
堂々の1位に輝きました
いやぁ~旨かった、本当に!
バナナとコンデンスミルクのマイルドさにパッションフルーツのさっぱりとした酸味、それに種のカリカリとした食感。丁寧に撹拌(かくはん)された氷が良い感じのスムージーに変身し、味、食感、のど越しと、すべてがパーフェクトでした。

これがパーフェクトジュースだ!!
↓ ↓ ↓

P9190119.jpg

スプーンですくって食べるも良し!ストローでゴクゴク飲むも良し!!1人でこれ全部飲んだらお腹がタプタプになるであろう位のLサイズ量が100円もしません。イエ~イ♪

これもまた日本に帰ったら忠実に再現したいところですが、問題がパッションフルーツです。
日本で南国フルーツを買うとなると高いからねぇ(*´Д`)

ひょっとするともうこのジュースを味わえることも無くなるのかと思うと悲しすぎて、今しか飲めないこのパーフェクトジュースをホーチミン居る間は欠かさず飲みに通っていました。


飲み物関連でもう一つ。

ベトナムコーヒー。
以前ベトナム入りした時に飲んだのがhotタイプ。コーヒー好きのたんたんですがhotタイプはお口に合わなかったようですが、さて今回はcoldタイプで再度トライです。
お味はいかに??

P9170039.jpg


飲んだ瞬間たんたん君「あまッ!!(;゚Д゚)」
どれどれ。オカナもと、ずずず~~~・・・・「あまッ!!(>_<)」


これは顔がゆがむほどの甘さです。hotタイプの時はコンデンスミルクでしたが今回はおもいっきりガムシロップ。どうやらベトナムコーヒーはノーマルでも基本砂糖は入るようです。
コーヒーに砂糖が入るのが嫌いなたんたん君にはベトナムコーヒーは受け入れられないようでした。


え~・・・
何だか今のところ、紹介しているものの殆どが良い感想を言えてませんね(;^ω^)

いえいえ、ちゃ~んと美味しいものもありましたよ。
というわけで、次からは美味しかったものだけをご紹介!!


オカナたちが滞在していたホテルのエリアはツーリスティックなお店ばかりが立ち並んでいるんですが、ホテルを出てすぐ近くの場所には3,4つほど、お惣菜を提供するローカルな屋台もありまして、ここが安くって料理も本当に美味しかったんです。
お昼時になると地元のお客さんでいっぱいになるこのお店。右側に見えるショーケースの中には十種類ぐらいのおかずがあって、これがどれもそそられるものばかりでした。


P9190114.jpg


コチラはサワラの煮物。
このサワラがものすごく脂がのっていてこれに醬油ベースの甘辛いタレが良く浸みてご飯がススムくん!!
ベトナムの醬油っていうとヌクマムという魚醤のイメージがあると思いますが、日本と同様、大豆から作る醬油もあるんです。だからこの料理もほぼ日本の味に近いものでした。

P9190111.jpg

コチラも甘辛い味付けの魚料理。
でも先ほどのと違うのはこっちはヌクマムを使用しています。それにココナッツです。
ココナッツと聞いた時点でマイルドで甘ったるいのだろうと思われそうですが、いえいえ、コチラはマイルドなココナッツ・ミルクではなく、さっぱりとしたココナッツ・ジュース(果汁)を使用しているので爽やかです。
魚は川魚でしたが、臭みがほとんどありませんでした。味が浸み込んだナスもウマウマです。

P9180063.jpg


小ぶりイカの詰め物。
これまた日本に近い味付けの甘辛醬油煮。詰め物は魚介のすり身かなと思ったんですが、食べてみると豚肉の味でした。イカも肉も大変柔らかい。

P9180065.jpg


これはイカのエスニック風炒め。カレーの香りがしました。
ベトナム料理にもこういった味付けがあるのかと、初めて知りました。

P9190113.jpg


砂肝の炒め煮。
砂肝の他にもレバー、ホルモンとありました。クセは一切なく、砂肝のコリコリとした食感が溜まらない♪
醬油ベースの甘しょっぱいタレになんとレモングラスも加わっていました。これがまた合う。
知らなかった。醬油+レモングラスの組み合わせ。。。
勉強になりました。

P9180066.jpg

というわけで、美味しいお惣菜でした。



でわ。

最後を飾るのはちょっぴりエッチ?なお料理です。
もう記事のタイトルでもお分かりですね。



おっぱいです。







デカさは望まない・・こんなおっぱいが欲しかった・・・




無題





じゃなくって



ヤギさんです!
ヤギのおっぱいです。


ここ最近ベトナムではこのヤギのおっぱいを焼肉、または鍋で頂くのが人気だそうで、このブームを作ったのがホーチミンだそうです。
というわけでブームの先駆けとなった街でヤギのおっぱいを検証です!


一見寂しいそうなお店ですが、日本のテレビでも紹介されたらしいです。
お客さんは全員鍋を注文していましたが、オカナたちは焼き肉を選びました。

P9170023.jpg



左が赤肉、そして右がパイパイです。
生のパイパイは見た目がちょっとグロテスクで気持ち悪かったです(笑)
パイパイの方には甘辛いタレが味付けされていました。

P9170014.jpg



店のお姉さんが七輪を用意し、最初に焼き方を教えてくれます。焼き上がった面をひっくり返すと、おお~なかなか旨さそうな色しとるやんけ~♪
テンションが上がって来ました。

P9170020.jpg


出来上がった熱々のパイパイを早速食べてみると・・・・


柔らかッ!!!

あ!旨~い('Д')♡



これは確かに美味いぞ。
噛むと難なく噛み切れちゃうほどの柔らかさ。味はタンのようなあっさりとした味わいで、臭さみは一切ありません。
赤身肉はまあ普通でしたが、パイパイは本当に美味しい。
これ、日本でも絶対に通用する味です!

もちろん焼肉のお供にはビールです。
最高~~~~!

結果、ホーチミンで一番のヒットはまぎれもなくヤギさんのおっぱいで決定です。

どうぞ、皆さんもホーチミンにお越しの際は是非!!



というわけで食べログ終わり!
ベトナムの旅も終わり!



バイバイ、ベトナムぅ~~~~~

P9180089.jpg


・・・・・・・・・


あ、あんた誰!?(゚Д゚;)


読んで頂きカモン。応援クリックお願いします(*´з`)
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。