1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  04 ,2017

2年半に及んだ世界旅を終えてからの日常や料理のこと。


訪問者
プロフィール

たんたん&オカナ

Author:たんたん&オカナ
コックの二人が仕事を辞めて2年半の世界一周旅行へ。無事に帰国し結婚。再びコックの世界に戻り、日々奮闘。料理漬けの毎日を送る。

最新トラックバック
帰国から!
タイムカウンター
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20

Category: 帰国後

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

極寒のなかで。


前回の続きですよ。



読んでいない方はまずはこちらをどうぞ。





でわでわ・・・・







いくぞーッ!!


イーチ! ニー!! サン・ドウィッチ!!!


ダァーーーー!!!






77_l.jpg







ついでに



愛しのヒョードルもダァーーーー♡


1055101568.jpg


今年の大晦日は復帰戦となるヒョードルが見れるんダァーー♡ ウヒョヒョヒョ~






はい。

では、続きです。



サンドイッチ160個分の容器は無事に用意ができて、いよいよサンドイッチ作りにかかります。

まずは角食パンをひたすら切っていく作業。これはケータリングの日の2日前から始めました。

量が多いので2人で一斉に片づけてしまおうと、ランチタイムを終えた後に始めるつもりだったのですが、時たまやって来るお客さんの料理を作っては片付けをして、何てことしているとスムーズに作業が進まない。2人っきりの厨房だとこういうことになるから不便です。
結局その日の夕方の予約の弁当を作り終えた後に始めました。

ただただ無心になって黙々と切る切る切る・・・・・




(注)写真に写っているもの以外にも角食パンがわんさか

IMG_4333.jpg

2人で切り続けること約2時間。ようやく688枚のパンを切り終えました。

切り終えたパンを冷蔵庫にしまうのもまた一苦労。整理整頓の得意とするたんたん君にここは任せてと。

「おお~、入った入った~♪」と、ほっとするも、次の日は具を挟んで容器に詰めた状態になるのでかさが増し、どうなることやら。


そう。

山場は次の日なのです。

具を作り、挟んでカットして、箱詰めして。

さらにはこの日の夜は3件分の予約の弁当が控えていました。


たんたん君「これはもう(帰りは)終電決定だな・・・」



おかな「いやんいやんッ!(泣)」



そして迎えた前日。


朝はお店が営業を開始する前までの時間内に全ての具材を作り、さらには7種類のうち2種類までは成形を完成させました。あとは弁当の用意も出来るところまでやっておきました。

この日の弁当は3件中、1件がネックな存在でして、値段がお高い重箱弁当。

店内で頂くもので、2段重の弁当箱には中に仕切り小鉢などがあり、そのせいで洗い物がやたら多く(1つの重箱を解体すると5つもの洗い物が出てくる)、かさばる、時間がえらくかかるという、バカめんどくさい存在なのです。


こんなことに時間を無駄には出来ない!

そうだ。こんな緊急事態にこそ神さまを呼ばなくては゜∀゜!!


ランチタイム(15時オーダーストップ)を終えてようやくサンドイッチ制作スタート。

まず目標は17時までに残りの5種類のサンドイッチ成形を終えること。

今日だけは頼むからこの間にお客さん来るなよ~っと願う。

途中、ピピピ~っと、オーダーの音が鳴る度にビクッ!!Σ(・ω・;|||っとしてしまう。 幸いドリンクのオーダーだけで済んだので良かったのですが。

夕方になり出勤してきた神様も加わわると一人増えたことで作業ペースが早くなり、おかげで目標は達成。

こ、これはひょっとして意外と早く終わるんじゃないの~♪


そんな余裕がこの時にはありました。


結構ギリギリまでサンドイッチを作っていたので弁当作りは若干ドタバタ。17時半出発予定の2件のケータリングを終えると次は18時10分に予定の重箱弁当。


全ての弁当を終えて再びサンドイッチ作り開始。

次の工程は具を挟んだサンドイッチをカットし、そのまま箱詰めしていく作業。


種類が7種類あるもんで、いちいち冷蔵庫を開けては取り出すといったことは時間のロスになるので全て冷蔵庫から取り出し、手に通りやすい位置に固定。そして厨房を出来るだけガンガンに冷やしました。


サンドイッチが机に乗りきらないのでシンクの上、炊飯ジャーなど、置けるところすべてに置いて、オカナはサンドイッチに囲まれるようにしてひたすらカットを担当。たんたん君と神さまはカットしたものをパックに詰める作業を担当。
(見えない場所にまだまだあります↓)

a3zbZzDb94Z2gA11450620302_1450620562.jpg





店内が暖房でぬくぬくの温かさの中、厨房は冷房19℃。



ここからが3人の過酷な戦いでした・・・(涙)




とにかく寒い寒い寒い!((´д`)) ブルブル


ウチの厨房のエアコンはかなりごっつく、効き目は抜群。冷房にするとゴォーーっという音を出してすごい威力で風がなびくのです。
ゴォーーという音と共に3人の鼻水をズーズーとすする音が重なり合う。みんなが寒さに相当応えていた。

60を過ぎた神さまには相当体に応えるだろう・・。

何も文句を言わずに鼻水をズーズーいわせて黙々と手伝ってくれる神さまに申し訳ない気持ちと、感謝の気持ちでした。

せめてコップの中のお茶を電子レンジで熱々にしてどうぞこれで少しでも体を温めて下さいとお出しすることぐらいしかできない。しかし、そんなお茶も気付けばあれよあれよと冷え冷えのお茶に早変わり。何度お茶を電子レンジで温め直したことだろうか。


途中から神さまは空になって戻ってきた重箱弁当の洗い物にとりかかったので、そこからはたんたん君との二人で作業。

たんたんはパック詰めしたサンドイッチがいっぱいになると厨房の冷蔵庫とホールのドリンク用に使っている冷蔵庫にしまいに行く。幸いにもその日と翌日は何の宴会もなかったのでホールの冷蔵庫にスペースが空いていてサンドイッチを入れられました。

オカナはひたすらパンをカットする作業なので殆ど固定の場所から微動だにせず手を動かすだけ。でも、それもまたキツイ。

オカナの位置が最も冷房の風を受けやすい場所なのだから。


寒さと直接当たってくる風で頭がボーっとしてくる。


無心になってしばらく作業していると何だか眠気がやって来た


眠いなぁ・・・(´△`)Zzzz




∑ヾ( ̄0 ̄;ノ オーット! 眠いって、これ、まずいでしょ。ひょっとして凍死寸前!?

いかんいかん。無心になるのはまずいぞ。よし、眠気対策としてお得意の妄想で乗り切るしかない!


楽しい妄想と言ったらやっぱりイケメンを登場させて~♡


と考えてたけど、いかんせん。寒すぎてホッとな妄想が出来ない(焦)

出てくるのはネガティブなことばかり。


ああ、もうすぐ本店でのおせち料理の仕込みが始まるのか・・・。

またかりだされるのか・・。

またあの寒い中で永遠とおせちを盛るのか・・・。憂鬱だなぁ・・。



もやは妄想ではなく、日に迫ってくる現実のことしか考えられなくなってしまった。


結局しんどい状況は変わらずひたすらサンドイッチを制作すること3時間ほど・・・・




ついに~!!!ゴール。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。 オワッタヨォ~♪


予定よりも早く終われてホッとしたけど、疲労感が半端なかったです。

最後の片付けで洗い物をした時に久々に触れたお湯の感動、ありがたさといったらなかった。

手と腕に当てているだけだというのにまるで浴槽に浸かっているかのような気持ち良さだ。


その後、作業を終えたのを見計らって店長がねぎらいのプレゼントをよこしてしてくれました。



「お疲れ様でした」と渡されたのはガンガンに冷えた瓶ビールでした。


何?嫌がらせっすか?笑


今オカナたちが心から求めるものは心身ともに温まる味噌汁よ!!

long_img02e.jpg



はい。

というわけで、翌日は予定時刻の12時に全てのサンドイッチを無事に送り出すことが出来ました。


6Q6lZ6YdN0T5bXS1450598658_1450599072.jpg



毎回そうなんですが、その時どうしようもなくしんどかったことでも、今となっては、ああ、これまた1つの面白い経験が出来たな~と思うわけです。

でも、もうこの数のサンドイッチはごめんですけどね。

あと、おせちはもう何度も経験しているので、これももうごめんなんですけどね!

ああ、おせちの日が刻々と迫ってくるよ~~~(´Д`)



いいんだ、いいんだ。


おせちが終わったらヒョードルが待っているから。


今年も残りわずか。


がんばるのだ~!!


スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。