FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2019

2年半に及んだ世界旅を終えてからの日常や料理のこと。


訪問者
プロフィール

たんたん&オカナ

Author:たんたん&オカナ
コックの二人が仕事を辞めて2年半の世界一周旅行へ。無事に帰国し結婚。再びコックの世界に戻り、日々奮闘。料理漬けの毎日を送る。

最新トラックバック
帰国から!
タイムカウンター
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08

Category: イタリア

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

「ローマの休日」駆け巡り!

オカナです。
ちょこっと間があいてしまいました。すんまへん

文章は書けていたのだけど、写真のアップにかなり手こずりまして(しかも今回はローマなだけに数がめっちゃ多い)今日にいたってしまいました。写真ほやほやだよ~ん。

(5日のお話よ)

昨日は忙しかったな~。
本当あれだけ一日をフルに使って動き回ったのは久々かな。もう、夜にはへとへと。歩き過ぎてお尻が擦れて痛いっス(涙)久々のフェルミーナ軟膏の登場。

おほほ~♪



はい、昨日は8時半頃から観光を開始。まず最初に向った先は「コロッセオ」

033_convert_20110807140239.jpg


なんでもここはローマでの超有名所のひとつ。毎日沢山の観光客で溢れかえっているとなんで、開園時間を狙って行ったのですが、既に沢山の人で一杯。うぬ~!
チケット売り場に並ぶこと数十分。チケットをゲットし、いざコロッセオ内部へ。

002_convert_20110807132324.jpg


内部にはミュージアムも。

004_convert_20110807132635.jpg

013_convert_20110807133009.jpg

014_convert_20110807133845.jpg



そして現れました。

ドーン!!収容人員5万人以上と言われているだけあってスケールが半端ない!
かっこいいな~。

021_convert_20110807135000.jpg

ここで猛獣VS人間、剣闘同士の殺し合いの血生臭い戦いが行われていたのですね
まさしくグラディエーターですな

029_convert_20110807135709.jpg

031_convert_20110807135928.jpg



さて、次の目的地へ小走りでGO!



歩いて15分位かな。人々の列発見。

ありました、「真実の口」
写真撮影に並ぶ沢山の人待ち。特にアジア人がなぜかめっちゃ多い。
西洋人が東洋人の長い写真撮影に「はやくしろ!」と野次を飛ばす。でも、癇に障るのが全てのアジア人を日本人と思い込んで、「おい、ジャポネイズ!」と叫んでくるウザイ西洋人(おっさん)
彼らには区別がつけづらいだろうが、ここにいたアジア人のほとんどは韓国人と中国人。そんでもって自己中なもの達は当然中国人ばかりであって、日本人では決してない。なのに、アジア人、写真=日本人なんて思いこんでいるこのけしからんオヤジ。これじゃあ、まるでマナーがなっていない日本人とみんなに勘違いされてしまうではないか!くっそ~、胸糞気分が悪いわい!
よっぽどこのおっちゃんに突っ込んでやろうかと思ったけど、そうするとまた、たんたんが疲れてしまうので(オカナの行動に)今回は睨みつけるまでに踏みとどまりました。

腹ただしい気持ちを必死に隠し、笑顔を作る二人

036_convert_20110807140745.jpg





ローマの町は美味しそうなジェラート屋さんが所狭しとあるよ~

YHV02.jpg



その中でこの日、二人がお邪魔したのは数々の賞を総なめにしたジェラート屋さん。

039_convert_20110807141000.jpg

オカナ達が一番乗り。
ジェラートが用意されるまでの間、何人か地元のお客さんが来店。「チャオ!」と店員さんと挨拶を交わすとエスプレッソを注文し、くいッと飲んで去って行きます。ここの国の人たちの習慣的なもので一日に何回か、こうやって飲みに来るみたいです。砂糖を入れるのがイタリア流。


ようやくジェラートの準備が整いました。
物凄い種類で、30種類ぐらいはあったよ。迷う~!

で、オーダーしたのがこれ!

052_convert_20110807141159.jpg


左がバナナ&蜂蜜
右がラム酒&バニラ、フローズンストロベリー

美味いね~。特にバナナが良かった。なんか、嘘くさい味(人工的な)じゃなくって、本当のバナナの味を感じられるんです。
でも結構お腹に溜まるのね~



偶然見つけた市場には食材が沢山売られていて、どれも綺麗に並べられていて素敵なんです

068_convert_20110807142351.jpg

057_convert_20110807141531.jpg

060_convert_20110807141910.jpg




創業200年の老舗のパン屋さん

075_convert_20110807143336.jpg

076_convert_20110807142656.jpg

087_convert_20110807144248.jpg



茄子のピッッァ
生地がパリパリ、揚げ茄子のジュワーっと感とトマトソースが最高!

083_convert_20110807144026.jpg





やってきました。「ヴァティカン」ローマの中にある小さな国


TVRpR.jpg



サン・ピエトロ広場

カトリックの総本山、そしてイタリア・ルネッサンスを代表するサン・ピエトロ寺院へ。猛暑のなか、照り付ける日差しを耐え抜き、ようやくチケットを購入。これで終わりかと思ったらこの列、待ち時間は室内でもまだまだ続くのであった。
もうね、待ち時間に相当疲れましたよ(涙)

106_convert_20110807162903.jpg


YiIDl.jpg

140_convert_20110807165042.jpg

4Iv8g.jpg


しっかし、物凄いデカサでした。そして美しい芸術的現物。圧巻



クーポラの屋上では2ユーロをケチったばかりに最上のバルコニーまではエレベーターではなく、階段を。

117_convert_20110807163606.jpg


ぴえ~(涙)

最上に近づくにつれ、狭く、複雑な形になっていく。

122_convert_20110807163928.jpg


ようやく到着~
汗びっちょびちょだけど見晴らし最高です!!

129_convert_20110807165444.jpg




ヴァティカンを後にし、向ったのは「真実の口」に続いて映画「ローマの休日」のワンシーンで有名な「スペイン広場」
相変わらずの人、人です(苦笑)

156_convert_20110807171111.jpg


ちょっと、雰囲気出してみたりして

153_convert_20110807170617.jpg





そしてこの日最後の締めくくりは「トレヴィの泉」
そのスケールにも驚いたけど、それを追い越す驚きだったのは「人」ですな。
暑さと人ごみとであまりじっくり見る気もせず、写真撮ったら、さっさと撤退しちゃいました(笑)

gBJQK.jpg

158_convert_20110807172746.jpg


沢山観光して、大満足。時間は夕方の17時になり、フェレンッェ行きのチケットを駅で購入し、徒歩で宿まで帰ることに。40分近く歩いてようやく到着。
もうへとへと。ローマ最後の夕食は帰り道で適当に見つけたレストランでと思っていたのですが、今まで沢山あった飲食店が宿に近づくにつれて減っていき・・
でも、そんなに焦りはなかった。なぜなら宿の目の前に確か一軒あったのを覚えていたから。結局見つからずじまいで宿に着いてしまったので、そこにしようと行って見たら、なんと想定外のクローズ。ガーン!!
なんというバットタイミング・・

仕方なく宿付近を歩き回って他のレストランを探すも全然見つからず、もう駄目~ってぐらいに疲労困ぱい。
一度宿に帰り、レセプションの人にお店情報を聞いて、そこに向ったのですが、やっと着いたそこはオープンは1時間半後。ぎゃふんッ!!

なんでこうなるの~!!!

もう一度宿に帰り、一旦シャワーを浴びてさっぱりしてから再度訪れました。

お店はまだ誰も居なく、私達だけ。



ビールを即効注文し、乾杯。ちょー美味い!!
花ズッキーニ、モッツァレラ、ミートボールのフリット。
モッツアレラにはアンチョビが入っていて、
ズッキーニの中にはチーズ
ミートボールはサラミのような味でソフト、大きなオリーブに詰めるような感じになっていました

お酒のつまみにはもってこいの一品でしたね

165_convert_20110807173841.jpg



チーズをふんだんに含んだ卵のスープ
たんたんはこの絶妙な卵の出来具合に興味深々の様子でした

168_convert_20110807174212.jpg


オカナは今日はカルボナーラに再挑戦。
今回のはボーノ!卵の火の入り具合もいい感じ。ベーコンソテーの香ばしさが強く出ていましたね。

176_convert_20110807174504.jpg


そしてたんたんはピッッァ・カプリチョーザ。トッピングにはアーティーチョークのマリネ、マッシュルーム、オリーブ、生ハム、それにゆで卵。
ゆで卵って意外とピッツァに合うんだなって、ちょっとした発見。それマッシュルームの香りがなんとも絶妙で!!

JPFPV.jpg


でもこれ、かなりのボリュームで、めずらしくたんたん、ギブアップ。
と、いうわけでオカナレンジャー出動!!
美味しく頂ました♪

180_convert_20110807175153.jpg


腹一杯、ローマお腹一杯。
その後は宿にて爆睡でした。

本当、食べてばっかしだな、オイラ(苦笑)


本当はもっといろんな所、観光したんだけどとりあえず有名どころだけ書いときました。

見所多すぎ、ローマ!


クリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

05

Category: イタリア

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ローマでたらふく三昧 
オカナです。

ナポリでナポリタン見つけられず、心残りのまま(嘘ぴょん)電車で2時間半、着きましたローマ!

古代のローマ時代から続く古い歴史を反映して「永遠の都」と称されるローマ。なーんて、かっちょよく書いてはみたものの、歴史ちんぷんかんぷんの2人。けど、何となく有名な場所ということは分かっている。

ネットや地球の歩き方で調べるとどんだけ~ってぐらいローマ市内には今も残るローマ帝国時代の遺跡や当時の建造物がうじゃうじゃだと。歴史は分からないけども、映画「ローマの休日」や「グラディエーター」でお馴染みの有名な場所なんかもありますからね~

しかしローマには2泊3日の滞在予定。

これはいかん、ゆっくりなんぞしておれるか!急いでまわるぞ~!!
そんでもってローマ定番のottimo(うんま~い)な料理を食べるのじゃー!!♪



2人がローマに到着したのは午後3時半過ぎ。
宿までは地下鉄に乗って向いました。まんべんなく施されたペイント。一体どうやって、このペイントはされたのだろう・・
地下鉄はなんだか、車内といい、ロンドンの時と雰囲気がそっくりでした。

059_convert_20110805075653.jpg

060_convert_20110805080524.jpg




宿に荷物を置き、早々と路線バスで目的地に向かう。




着いた場所はトラステヴェレ地区

003_convert_20110805082413.jpg



まずは待望の本場イタリアンジェラートを頂きました!

004_convert_20110805055122.jpg


夕飯前とあって今回はお腹に溜まるコーンではなく、カップにしました。いろんな種類の中から迷いに迷って選んだのはチョコレート&ラムにクレームブリュレの2種。

006_convert_20110805055526.jpg


きゃ~、興奮するわ~!!
そしてお味の方は・・・どっちも濃厚でうまッ!!チョコレートのビターさと、クレームブリュレの濃くの甘さがいい具合にマッチしてます!

008_convert_20110805061548.jpg





この地区の周辺を探索。

015_convert_20110805062954.jpg



最初に見つけたのは<パオラの泉>ローマ三大泉のひとつで、堂々たる大理石製です。
ここはちょっとした丘で眺めはなかなかでした

009_convert_20110805062044.jpg


010_convert_20110805062447.jpg






さーて時間は夜の6時をまわり、食事時。お目当てのレストランが賑わい出す前にお邪魔します!

ここは昨夜に調べたお店で、美味しい料理がリーズナブルな値段で頂けるという人気のリストランテ。

025_convert_20110805072049.jpg



まずはビールで乾杯した後、つまみにオーダーしたものがこちら。「サルティンボッカ」子牛の薄切り肉に生ハムを乗せてソテーした、ローマの家庭料理。子牛肉の柔らかさと塩気のある生ハムがマッチしていて噛むほどに旨みがジュワ~っと出てきてボーノです

017_convert_20110805063539.jpg



こちらはローマに来たら逃すべからずと言われている「カルボナーラ」。日本でもお馴染みですが、違いは生クリームを使わないこと。塩漬け肉(豚肉など)と生卵、チーズ、胡椒を合わせるのが本場流。
で、肝心の味なのですが・・
普通でした。なんていうか、卵が残念なことにちょっと火が入り過ぎてしまっているのです。煎り卵でやんすね。本場なだけに辛口でいかせて頂きました。

023_convert_20110805071526.jpg



こちらはこの店自慢の一品で魚介のトマトパスタです。
こ、これは!!自慢の一品だけあって美味し!麺はあまり見慣れない四角い形の麺で、ちょいと固めの強(何だそれ)で、オカナ好み。そして海老のエキスがし~っかりとソースに含まれていて、そう、まるでアメリケーヌソースを味わっているよう。
もう、むっちゃ美味いんです!!昨日ナポリで食べたスパゲッティーも最高だったけど、これは抜いたね!

022_convert_20110805064200.jpg



値段もお手頃でここを選んでよかったです。


お腹が膨れ、眠気が・・・。しかし、ここはローマ。見るものを見てから帰ろうじゃないか!というわけで、夕焼けの町並みをてくてくと歩きました

ナポリと違ってローマは小奇麗な印象。

033_convert_20110805072904.jpg



歩いていると遺跡や建造物が本当あちこちに。

031_convert_20110805081120.jpg


036_convert_20110805081505.jpg

037_convert_20110805081950.jpg

032_convert_20110805073512.jpg



見えてきた!

「グラディエーター」!!
っじゃなくってコロッセオ!! 写真一杯撮ったけど、あえて載せません。明日改めてここを訪れて、中を見学するんで、その時にまた載せます。

049_convert_20110805080041.jpg




とまあ、今日はこんな感じ。明日は早朝からローマの町を巡りに巡りたいと思います!

ほんじゃ、チャオッ!!


057_convert_20110805082841.jpg




04

Category: イタリア

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ナポリでボーノ♪
もう、町が汚かろうが、車のクラクションがうるさかろうが、暑かろうがいいんです。料理が美味しければ!!
料理の良し悪しでその町の印象が良くなってしまうから面白い。

この際、体重増加なんていちいち気にしてられん。

勉強がてら、いろんな料理を味わってみたい! 

やはり、イタリアは食の国と言われているだけあって、レベルが違う!(今までの国、ごめんなさい)
食べる度に感じる感動。
パスタ料理なんて同じものが日本にあっても何かが違う、この味付け。

リゾットのあのもっちもちの食感のお米。けしてべたついてはいなくって、でもしっかりとブイヨンなどの味が効いていて。

あ~、もうボーノ、ボーノですわッ!毎日「次は何食べよう♪」って考えるのが楽しみなの・・



ホステルのお兄ちゃんおススメのお店へ。

ヴォンゴレスパゲッティ
ムール貝、アサリ、プチトマトのオイル系でパスタは太麺でした(きし麺みたいな)魚介の香りと麺に絡みつくオイルがなんとも!!塩、麺の湯で加減と全てばっちグー
熱々のパスタを夢中で頬張ってしまった(笑)

066_convert_20110804004741.jpg



魚介のリゾット
もちもちのリゾットはあっさりめ。魚介のエキスがお米に染み込んでいていくらでもいけちゃう!

068_convert_20110804004907.jpg


魚介のフライ
イカ、タコはぷりっぷり、えびは香ばしかったです。出来立ての熱々にレモンをたーっぷりとかけて頂くのがナポリ流(?)

072_convert_20110804004949.jpg



後からやって来た、がたいのいい(太っちょ)おばちゃん2人がマルゲリータ(ピッツァ)を一枚づつ注文していた。オカナが相当苦しんで、結局3分の1をたんたんに食べてもらったものと同じサイズのものをおばちゃん達は余裕のよっちゃんで完食していた。そして涼しい顔してお店を出て行った。
おみそれいたしやしたー!!



ナポリの観光名所巡りの途中で見つけたフレッシュジュース屋さん。

079_convert_20110804023923.jpg


右下のフレッシュジュースをお願いしました。メロン、パイナップルに、イチゴかな?

077_convert_20110804005318.jpg

この美味さは半端じゃなかった!もう、観光名所なんて目じゃないくらいの感動。暑さと歩き疲れた体に染み渡る~。元気回復!

080_convert_20110804005434.jpg





スーパーにて。
さすがです。この列全てパスタ(奥もだよ)

082_convert_20110804005527.jpg


種類だって豊富

083_convert_20110804005610.jpg

085_convert_20110804005727.jpg

084_convert_20110804005651.jpg




結局ナポリは観光よりも食が私達には楽しめました。でも、この都市ってレストランが簡単に見つからないのは意外だったな。

さて、明日は久々の電車にてローマに移動です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。